検索順位は、ホームページを使った販売やプロモーションを行う企業にとって、売上に大きく影響する場合もあり、気になることの一つです。SEO対策に力を入れているWeb担当者の皆さんは、2019年12月にGoogleがアップデートしたBERTアルゴリズムについてどのような対応をお考えでしょうか。

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

Keywordmapは、自社だけではなく競合サイトの検索順位データや対策KWの抽出などにより、オーガニックの面並びにペイドの面での機会損失を防ぐことが可能です。効果的かつ効率的にコンテンツ制作を行いましょう。

自然言語処理技術の一つであるBERTアルゴリズムは、これまでのアルゴリズムアップデートとは違った印象です。ホームページにどのような対応をするべきか、まだ具体的に検討していないWeb担当者も多いでしょう。今回は、BERTアルゴリズムがどのようなものなのか、また、必要とする対策についてわかりやすく解説します。

BERTアルゴリズムとは(文章型の検索クエリが高まった)

BERT(バート)は、Bidirectional Encoder Representations from Transformersの頭文字を取った略称であり、Googleが2019年10月に発表した人工知能を活用した自然言語処理のアルゴリズムです。発表時点では、米国においての英語検索を対象にしていましたが、日本では2019年12月10日にアップデートされました。

このとき、70種類以上の言語に導入され、世界的にBERTアルゴリズムが使われるようになったのです。Googleでは、検索のうちの10%の精度を高められたとしており、BERTアルゴリズムの影響力の強さを感じます。

そもそも自然言語処理とは何か

自然言語処理は人工知能と言語学の一分野です。人間の言葉に含まれる曖昧さを考慮した上で、コンピューターが処理をするものですが、自然言語は人間それぞれの環境によって異なるため、実用は難しいとされていました。自然言語処理は、まず文を単語単位に分解し、それぞれの単語のつながりを解析します。

そして、単語ごとの関連性が高いもの同士を結びつけ文章の意味を解析するのです。このようにすべての文を解析し、さらに文同士のつながりから文脈を解析する仕組みです。自動翻訳やチャットボットなど、自然言語処理は現代社会に必要とされる技術であり、発展が求められています。

BERTの何が優れているのか

従来の自然言語処理は、解析処理にあたり1つの自然言語モデルを使用し、特定のタスクに対応するものでした。しかし、BERTは、インターネット上に存在する大量のデータを利用して事前学習が可能です。さらに、転移学習と呼ばれる、学習データから新たなモデルを作り出すことができるため、限られたデータでも様々なタスクに対応することができます。従来はモデルごとに語彙を学習させる必要がありましたが、BERTはすでに学習しているデータを使えるので、効率的に機能するのです。

文章型の検索クエリこそ関連性が高くなる

GoogleのアルゴリズムにBERTが使われるようになり、今まで以上にユーザーに検索意図に最適化できるようになります。そのため、自然な問いかけのような文章型のクエリこそ、BERT導入の成果を発揮するでしょう。音声検索の普及などの背景もあり、ユーザーによる検索の利便性と、その結果の精度の高さはますます向上すると考えられます。