BtoBマーケティングが浸透してきた今、BtoBマーケについて検索すれば、まとめ情報は無数に見つかります。でも、マーケティング担当者が切実に知りたいリアルな体験談や等身大のノウハウは、なかなか見つかりません。

そこで本コラムでは、読者に代わって、『ferret』運営会社である株式会社ベーシック 代表取締役の秋山が、活躍するマーケターや成長企業の経営層に突撃インタビュー。BtoBマーケ成功の秘訣を探ります。

今回のゲストは、創業からたった6年で40億円を調達したSaaS企業、株式会社ヤプリの代表取締役 庵原氏です

プロフィール

庵原 保文(いはら やすぶみ)

yappli-05.JPG

株式会社ヤプリ 代表
出版社でキャリアをスタート。編集長を務めた後、ヤフー株式会社にてメディア系サービスの企画職として従事。その後、シティバンクのマーケティングマネージャーを経て、ファストメディア株式会社(現・株式会社ヤプリ)を3名で創業。

秋山 勝(あきやま まさる)

yappli-04.JPG
株式会社ベーシック 代表取締役社長
高校卒業後、商社に入社。2001年、IT系上場企業に移り、Webマーケティング分野の新規事業企画などを手がける。2004年に「世の中の問題を解決する」をミッションに、株式会社ベーシックを創業。設立以降、50を超えるサービスを生み出し、10件以上のM&Aの実績を持つ。

ビジュアルとコピーが持つ力を信じている

秋山:庵原さんは、アプリ開発サービスの創業社長としてはちょっと珍しいキャリアですよね。出版社に勤めていらしたとか?

庵原氏:学生時代はスノーボードにハマっていたので、そのままスノーボード誌の版元である出版社に就職し、最後の2年間は編集長を務めました。そこでビジュアルやコピーの威力を見てきたので、今もビジュアルやコピーは非常に大切にしています

秋山:それでこのオフィスなんですね! 入った瞬間、「あれ? どこのラウンジ?」と思ったくらい、素敵な空間ですよね。こちらのオフィスに移って、モチベーションも上がりました?

yappli-office.JPG

庵原氏:まず僕自身がめちゃくちゃ上がりましたね(笑)。移転ムービーも作りました。昔の小さかったオフィスから一緒に成長してきたメンバーは、僕と同じくらいモチベーションが上がったと思います。実は、うちにはちょっとオーバースペックのオフィスだったんですが、先行投資として思い切った甲斐がありました。300名くらいまで大丈夫なので。

秋山:3名で始めた企業が、今や160名。飛ぶ鳥を落とす勢いで成長されていますが、アプリ開発のプラットフォーム『Yappli(ヤプリ)』の発想は、どこから?

庵原氏:出版社時代の知り合い何人かが同時期に、ショッピングアプリやカタログアプリが欲しいと話していたことからスタートしました。似たような業界の人が似たような要件でアプリを欲しがっていたので、ドラッグアンドドロップで操作できるアプリCMSを作ったら面白いかもという発想に至って。完全にプロダクトアウトでしたね

ショッピングやカタログ系のアプリは市場がそれなりにあったので、結果的に今もそこがコアビジネスになっています。でも、当初はそこがコア事業になるとは分からなかったので、どの業界のどんな企業にフィットするのか2~3年試行錯誤して、結果的に戻って来た感じです。

秋山:見せることにこだわりがある業界ですし、やりたいこと満載のお客様が多いんじゃないですか?

庵原氏:おっしゃる通りです。お客様と話すと、アプリでやりたいことが無限に出てきますね。おかげで、創業時は10個くらいだった機能が、今は40個くらいあるんですよ。でも、これもあれもやりたいという気持ちも、ビジュアルへのこだわりも、自分自身が共感するところが多いので。

秋山導入検討の際は、コンペになることが多いんですか?

庵原氏:もちろんコンペもありますが、Yappli一択でお声がけいただくことが多いですね。担当者に気に入っていただき、「競合比較等はせず、Yappli一本で検討しています」と言われるケースが多いんです。

それって、やっぱりマーケティングの力だなあと思っています。セールスが行った時点でYappliに好意的で、詳しい説明をする前から、「使ってみたい」というお言葉をいただくことも多くて。直感的に好ましいと感じるような右脳への働きかけは、クリエイティブの力だと思うので、今もクリエイティブの最終チェックには僕が関わっています。