ferret編集部:2015年5月27日に公開された記事を再編集しています。

「この商品を売りたい!」
「多くの人に良さを知ってほしい!」

そんな思いを端的に表現し、消費者の購買意欲に訴えるのが、キャッチコピーです。
わずか数文字で人をぐっと引き込むことができる、まさに魔法の言葉でもあります。

しかし、いざコピーを書こうと思っても、印象的かつ効果的なコピーはなかなか思い浮かばないものです。
短い言葉で表現しなければならないからこその難しさがあります。

今回は、どうすればパッと目を引くコピーを作ることができるのか、優れたキャッチコピーの例に学びながら、そのコツを学んでいきましょう。

有名なキャッチコピーが取り入れている5つのコツ

1. 独自感・唯一感をアピールする

競争社会の中で勝ち残っていくためには、類似商品との差別化を図り、いかに自社の商品のほうが優れているか、いかに独自性に溢れたものかとアピールすることが必要です。
その上で、優れたキャッチコピーが大きな成果を発揮することがあります。

「地球上で最大級の品揃え」

これは、amazonのキャッチコピーです。
世界中どこにいても、世界中のものが、いつでも買える。
そのサービスを端的に表現した、思わずうならされるコピーです。

もちろん、いまやネットショップも競争が激化していますが、先駆的存在であるamazonだからこその説得力があります。

他に、逆説的な例として、キューサイさんの青汁のコピーで、

「ん~、マズい! もう一杯!」も、独自性が出ていてすばらしい例です。

2. 対義表現で本質を浮かび上がらせる

「あってはならない、なくてはならぬ。」

これは、某葬儀屋さんのキャッチコピーです。
普段できれば接したくはないサービスをどう知らしめるかにおいて、うまく言葉で表現した例です。

このように、対義的な表現で商品やその魅力を浮かび上がらせることは、キャッチコピーの有効な手段の一つとなります。

かつてハウス食品のククレカレーのCMで使われた「おせちもいいけどカレーもね!」も有名です。
CMを見た日本中の子供がカレーを食べたいと言い出す、とまで言われた名コピーです。

3. 具体的な数字や結果を提示する

直接的に結果を明示してインパクトを持たせるコピーもたくさんあります。
長く使われているものとして有名なのは、

「100人乗っても大丈夫」

というイナバ物置のコピーです。実際に100人乗れるかどうかは別として、数字のインパクトで多くの視聴者の印象に残ったコピーです。

昨年来、「結果にコミットする」というライザップのコピーをよく耳にしますが、直接的に数字や結果を明示しないまでも、この商品を買ったらどうなるのか、あるいは、この商品を買わなかったらどうなってしまうのか、見る人にそう思わせるコピーには、やはり説得力があります。

4. 女性がどう捉えるかを常に頭に置く

女性の財布の紐を緩めることができるコピーには、やはり秀逸なものがゴロゴロしています。
とりわけ昔から多くの素晴らしいコピーを生み出してきたのが、LUMINEです。

「去年の服が似合わなかった。わたしが前進しちゃうからだ。」
「可愛くならなきゃって思うのは、ひとりぼっちじゃないってこと。」
「恋は奇跡。愛は意思。」

などなど、どれも思わずうなってしまうような優れたキャッチコピーばかりで、共通して言えるのは、一瞬考える時間が読み手に与えられていることです。
二度三度と読むうちに、言葉の意味、コピーの真意がじわじわと伝わってくるような印象です。

この“みなまで言うな”精神が、キャッチコピー作りの鉄則です。
そこにこそ、女性の感性に訴えかける秘密があるのではないでしょうか。

5. ゴロやリズムの良さにこだわる

日本人のDNAには七五調のリズムが刻み込まれています。
このリズムに乗った、またはそれに近いキャッチコピーには、インパクトと同時に覚えやすいという効果もあります。

かつてセブンイレブンのキャッチコピーだった「セブンイレブンいい気分」などは、その最たる例でしょう。
しかもこのコピーは韻まで踏んでいるという完璧なコピーです。

また、完全な七五調でなくても、先にも例に出したイナバ物置の「100人乗っても大丈夫」

かつての吉野家の「早い、安い、うまい」
インテルの「インテル入ってる」
タワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE」など

声にしやすいリズミカルなコピーは強く印象に残りやすい傾向にあります。

まとめ

この他に、としまえんや西友のように、広告のビジュアル面のインパクトを駆使しながら、ユニークさでアピールするキャッチコピーも見逃せませんが、こうして優れたキャッチコピーを挙げてみると、見えてくる法則があります。

それは、字余りにならずリズミカルに、かつ語り過ぎないコピーであることです。
どれだけ短い言葉で見る人の興味を引くか、それこそが、コピーライターという仕事の大きな醍醐味です。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

【2014年完全版】売れるキャッチコピーの法則まとめ29選
【全て無料】記事作成からチェックまでが驚くほど捗るツール6選
意外と知らない名前の由来、売れてる商品・企業12選から学ぶネーミングのコツ

このニュースに関連するカリキュラム

メールマーケティングカリキュラム

メールマーケティングカリキュラム

ユーザーの獲得に効果的なメルマガ(メールマガジン)を活用したメールマーケティングは、以前から多くの企業が取り入れている手法です。メルマガ発行に必要な、配信システムの説明やメルマガを作る際のお作法といった基礎から購読者を増やすための方法についてご説明します。