記事を執筆する際に、どうしても工数がかかってしまう部分がテーマだし、タイトル案、記事チェックです。例えば、制作部分であれば、ツールを使ってエラーが発生している箇所を発見することができますが、記事に関しては、難しい部分もあります。

ツールを使っても完全にチェックすることが難しいため、必ず人の目を通す必要があります。そういった記事執筆に掛かる工数を最大限減らすことのできる無料ツールをまとめました。

テーマだしに最適なツール

こちらは、状況にもよりますので、適宜利用するといいでしょう。
例えば、書くテーマが決まってない場合、「なにを書けばいいのだろう」といったリサーチに意外と時間を使うものです。どこにニーズのあるテーマがあるのかを調べる以下のツールを使うことで、テーマが見つけやすくなります。

1.Googleトレンド

Googleトレンド

http://www.google.co.jp/trends/

Googleの提供するツールで、どんなキーワードが人気で検索されているかが分かります。急上昇ランキングや、日別・月間で人気なキーワードが一目で分かります。また、過去からの人気度もグラフで分かるのは非常に便利です。

2.Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

Yahoo!の提供する有名FAQサービスです。質問内容を見て、どんなことに困っているか?=「ニーズ」であることが分かるので、上記のGoogleトレンドでは分からない隠れたニーズを発掘することができます。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

執筆後の記事チェックツール

記事執筆後、誤字脱字だけでなく言葉の使い方や表現方法に間違いがないかといったチェックには必ず人の目が必要です。
恐らく、ここのチェックに工数がかかってしまうことが多いです。

そのため、2重チェック方式として、1度目はツールチェックを行い、目視しなくても省けるミスを見つける。次に、ツールでは、確認できなかった「言葉の使い方や表現方法」を目視チェックする方法が理想的です。
以下は、1度目に使うべきツールの紹介です。

※ツールといっても100%の精度ではないため、過信は禁物です。

3.Enno

Enno

http://enno.jp/

タイポ、スペースのエラー、誤字脱字、変換ミス、入力後の編集ミス、文字化けといった分かりやすいミスを自動でチェックしてくれるツールです。使い方は至って簡単で、原文をペーストしてチェックボタンを押すだけです。

4.日本語文章校正ツール

日本語文章校正ツール

https://www.japaneseproofreader.com/#res

文章表現の部分で、間違った表現や不適切な表現を自動で抽出してくれるツールです。
チェックフィルターも設定することができ、どのレベルまで抽出するかを決める事が出来ます。これは、抽出される項目の中に重要性の低い項目も含まれる場合があるため、レベル分けで調整するために使用します。

その他のチェックツール

5.こぴらん

こぴらん

http://copyrun.net/

SEOの御法度である、コピーコンテンツをチェックするツールです。
主に外部で納品された記事がコピーされていないか等、納品前チェックツールとしておすすめです。

6.漢字使用率チェッカー

漢字使用率チェッカー

http://akind.dee.cc/kanjiritsuchk-input.html

文中で漢字が使われている割合のチェックができるツールです。
想定している読者にもよりますが、漢字の多い文章に抵抗の多いユーザーが読者であれば、漢字の使用率もチェックすることをおすすめします。

まとめ

今回、ご紹介したツールを使えば、これまで目視でチェックしていた工数を可能な限り削減することができます。
特に、外部のライターに依頼している担当者の場合、数が多ければ多いほどチェックの工数が莫大になりますので、工数管理は非常に重要なポイントです。
いっぽうで、ツールを使えば100%問題ないという保証はありませんので、必ず最終チェックは、目視で確認を行いましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

メールマーケティングカリキュラム
メルマガ(メールマガジン)とは
メルマガ作成の基本構成を覚えよう

このニュースに関連するカリキュラム

メールマーケティングカリキュラム

メールマーケティングカリキュラム

ユーザーの獲得に効果的なメルマガ(メールマガジン)を活用したメールマーケティングは、以前から多くの企業が取り入れている手法です。メルマガ発行に必要な、配信システムの説明やメルマガを作る際のお作法といった基礎から購読者を増やすための方法についてご説明します。