Photoshopでできる便利な機能の一つに「マスク」がありますが、作成方法やメリットがよく分からず使っていない方も多いのではないでしょうか。

マスクとは、画像を直接修正・編集することなく余分な箇所を覆い隠す機能のことです。直接いじらなくとも表示、非表示ができるので後からの修正が非常に簡単です。
また、いくつかの作成方法があり特徴、作成手順が異なります。

今回は、Photoshopでおこなえる「クリッピングマスク」「レイヤーマスク」「ベクトルマスク」の3種類のマスクの基礎的な使い方をご紹介します。
あらゆるシーンで活躍するマスクは重宝する機能ですので、ぜひ身につけてこれからの作業にお役立てください。

1.クリッピングマスク

クリッピングマスクとは

クリッピングマスクとは、2枚以上のレイヤーを使っておこなうマスクのことです。
下にあるレイヤーのオブジェクトの形に沿って切り抜く機能を言い、上にあるレイヤーの画像を切り抜いたように見せることができます。

マスクの中でも一番簡単な方法ですので手軽におこなうことが可能です。メリットとして、シェイプだけでなくテキストでもマスクができます。
また、マスクと画像が別々となっているため移動や整列が容易ですが、その分仕組みが分かりづらくなってしまうのがデメリットです。

レイヤーも1枚でないため管理の手間があります。

STEP1:切り抜く形のオブジェクトを準備する

まず始めに、切り抜きたい形のオブジェクトを用意します。
ここでは、後に切り抜く花の形に沿って描画したオブジェクトを使います。

フリーハンドでも問題ありません。
mask1.png

STEP2:オブジェクト上にレイヤーを配置

準備したオブジェクトの上に、切り抜きたい画像のレイヤーを配置します。
mask2.png

STEP3:マスクをかける

切り抜くレイヤーとオブジェクトのレイヤーの間の部分で「Alt+クリック」をします。
mask3.png

すると、先程作成したオブジェクトで画像を切り抜くことができました。
mask4.png

調整レイヤーも同様に切り抜きが可能です。

2.レイヤーマスク

レイヤーマスクとは

レイヤーマスクは、選択範囲などから作成できるビットマップ画像のマスクです。
ペイントツールなどを使うことで、レイヤー上の画像を残したままいらない部分を消すことができる機能を指します。
この機能は白、黒の2色でできていて、選択範囲で囲むことで不要な箇所を透明に表示してくれます。

画像を直接消したり削除することがないため、間違ってしまった時にもマスクを消すことでやり直しが可能です。
メリットは、グラデーションなどを利用した複雑な形状のマスクができる点です。簡単なものから複雑なものまで、あらゆる形に対応できる万能な機能と言えます。

デメリットとしては、ビットマップのため修正の手間が若干かかること、ファイル容量が重くなる点が挙げられます。

STEP1:選択範囲を作成する

好きな箇所で選択範囲を作成します。

mask5.png

STEP2:マスクボタンをクリック

レイヤーウィンドウ下部にあるマスクボタン(四角の中央に丸がデザインされたもの)を押します。
レイヤーにロックがかかっているとマスクが作成できませんので、注意してください。
mask6.png

STEP3:マスクが完成

マスクが完成しました。今回はレイヤー単位でしたが、フォルダごとマスクをかけることも可能です。
mask7.png

なお、作成したマスクはペイントツールを使って形を変更することが可能です。
mask9.png

レイヤーウィンドウの鎖型のマークをクリックし、リンクを外したあとマスクのサムネイル画像をクリックします。
mask10.png

マスクを消したいところを黒で、追加したいところを白で塗ることでマスクの範囲を変更できます。

また、グラデーションもかけることもできます。
mask11.png

マスクのサムネイル部分画像を選択後「Ctrl+クリック」、黒〜白のグラデーションを設定するとぼかしのかかったマスクが完成します。

3.ベクトルマスク

ベクトルマスクとは

ベクトルマスクとは、その名のとおりベクトル画像のマスクを言います。
先程のレイヤーマスクがペイントツールなどを使うのに対し、ベクトルマスクはペンツール、シェイプツールを使用して作成します。
マスクで塗りを適用した部分だけに画像を表示するという機能です。解像度に依存しないという特徴を持っています。

メリットは、パスでマスクをかけるためアンカーポイント、ハンドルを編集することで簡単にマスクを修正できる点です。
レイヤーが1枚だけなので、管理も容易です。また、拡大しても荒れない点、単純な形であればファイル容量が軽いのもポイントとなります。

デメリットとしては、半透明やグラデーションが出来ない点です。複雑な仕上がりのマスクを作りたいときには不向きな方法となります。

STEP1:パスを描画する

切り抜きたい形のパスを描画しコピーしたら、マスクをかけるレイヤーにペーストします。
mask12.png

STEP2:マスクを作成

「レイヤー→ベクトルマスク→現在のパス」と進めるとマスクをかけることが可能です。
mask13.png
mask14.png

STEP3:その他の作成方法

切り抜きたい形のパスを描画します。パスを切り抜くレイヤーにドラッグ&ドロップすると、マスクを作成することができます。
mask15.png
mask16.png
mask17.png

作成したマスクは、パスを修正することで編集が可能です。

まとめ

以上、Photoshopのマスクの使い方を種類ごとにご紹介しました。いかがでしたでしょうか。
このように、マスクを使えば画像を直接編集することなく、必要のない箇所を隠すことができます。

今までマスクを使わずに画像修正をしていたという方には、特にオススメしたい機能です。
初めのうちはどれを使ったらいいか悩んでしまうこともあるかと思いますが、それぞれの特徴やメリット・デメリットを覚えれば、いずれ最適なマスクを選択できるようになります。

どれも"不要な箇所を隠す"という意味では同じですが、修正方法や作成できるマスク、管理の手間といった部分も異なりますので、ぜひ日頃から使って慣れていきましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

ブックマーク必須!Photoshop基礎チュートリアル60まとめ
便利すぎるPhotoshopのプラグイン30選
【決定版】もはやデザイン不要!Photoshopの高クオリティなブラシ80選

このニュースに関連するカリキュラム

LPOに関するカリキュラム

LPOに関するカリキュラム

LPOに関して、カリキュラム形式で学びましょう