特定電子メール法

Profile

マーケティングディレクター
ferret立ち上げ・企画・制作ディレクション・集客施策・アクセス解析など、サイトの裏側全般を担当しています。机にいないときは半蔵門のエクセルシオールを探してください。

Facebook : https://www.facebook.com/tetsuro.aoki
Twitter : https://twitter.com/te26_kun

執筆記事一覧はこちら

720 thumb
  動画を読み込んでいます。

特定電子メール法 とは、営利目的で多数宛に配信する迷惑メールを規制する法律です。正式には「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」という名称です。

企業などが宣伝 広告 のために配信する電子メールにおいて、電子メールの受診者が事前に配信を許可している場合(オプトイン方式)のみに送信してよいとしています。なお、電子メールを配信する企業などは、送信者に関する情報を明確に表示し、送信停止の連絡先の公表しなければいけません。受信者の意思を優先し、送信停止を希望する人には勝手に送信を続けてはならないとしています。

ただし、下記に送付先があてはまる場合は同意なしにメールを送信することが出来るとされています。

  • すでに取引関係にある場合
  • 名刺交換などをしている場合
  • メールアドレスをネット上で公表している場合

参考:
特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(特定電子メール法)|消費者庁

インターネット の普及とともに迷惑メールに関する問題は目に余るものがあり、 特定電子メール法 において違反行為に関しては厳しい罰則が定められています。罰則の引き上げがあるなど、迷惑メール問題の背景には強い問題視があると伺えます。

悪質なメールのみならず、一般的な企業の メルマガ においても 特定電子メール法 が関係します。 メルマガ 配信を行っている事業者は法規制の内容をよく理解し注意する必要があります。

Curriculum pt1

使い方

「君の会社は 特定電子メール法 に準拠して メルマガ を配信しているのかい?」
メルマガ を配信しているなら、 特定電子メール法 をよく理解しておかないといけないよ」
特定電子メール法 に違反した場合の罰則が厳しくなった話を聞いたよ」

Webマーケティングのノウハウ集をプレゼント!

ferretマーケティングメソッド(無料)

創業より10年以上、Webマーケティングの最前線で弊社が得てきた効果をあげるためのノウハウを1つの資料にまとめました。(全83ページ)

限定版の資料をダウンロードする(全83ページ)

Original