イノベーションのジレンマ

イノベーションのジレンマ とは「業界でNo1になった企業が既存製品の改良ばかりに注目し、顧客が抱いている新たな ニーズ に気が付かず失敗する」という概念です。
米国のハーバードビジネススクールの教授であるクレイトン・クリステンセン氏が提唱したことで知られています。

クリステンセンは イノベーションのジレンマ が起きるステップとして下記の3つをあげています。

1. 破壊的イノベーションの技術は初期段階では性能が低いことが多いため、先行企業の多くはそのイノベーションに関心を持てない。
2. 先行企業は製品の改良を進めるものの、ある段階で顧客のニーズを上回る。しかし、先行企業は改良を止めず、顧客は性能は低いものの
                  ニーズ
                を満たす破壊的イノベーションの製品に関心を向ける。
3. 破壊的イノベーションの価値が市場で一般的に認知され、先行企業はシェアを失ってしまう。

イノベーションのジレンマ は、破壊的イノベーションに弱い安定的な優良企業に起こりがちです。
破壊的イノベーションが起こる初期の段階では市場はこれまで成功している優良企業にとって魅力的な大きさではないため、軽視しがちです。
また、不明確な市場であることも参入障壁となる一つの要因でしょう。

参考:
顧客ニーズに従うだけではうまくいかない?「イノベーションのジレンマ」を理解しよう

使い方

イノベーションのジレンマ は、大手優良企業にとって起こりがちなことである。」
「経営学を学んでいるなら イノベーションのジレンマ くらいは知っているだろう。」
イノベーションのジレンマ は、まさに現在の当社が陥っている状態を指していると感じる。」