マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回その中からご紹介するのは、記事作成に特化した「受託型」のクラウドソーシング「サグーワークス」です。

【ここがポイント】
ポイント1:依頼主とライターの間にディレクターが介在する「受託型」
ポイント2:SEOコンサルティング企業ならではのSEOノウハウを提供
ポイント3:さまざまなニーズに対応できる多様なライターが在籍

サグーワークスとは

Sagoo_thumb.JPG

記事作成に特化したクラウドソーシング「サグーワークス」は、SEOコンサルティングを提供する株式会社ウィルゲートが運営するサービスです。

クライアントからの依頼は、SEOの知見を有したサグーワークスのコンサルタントと、コンテンツ制作に特化したディレクターが、ニーズをヒアリングした上で記事内容に適した能力を持つライターを選定、アサインします。そして、ライターが書いたすべての記事に対してシステム&目視チェックを行った上で納品しています。

また、「サグーワークス」ではSEOコンサルティング企業ならではのノウハウを活かした記事作成フローを構築しており、単なる記事の生産ではなく、サイトのアクセス数やコンバージョン率の向上が期待できるコンテンツ作りをサポートします。

サグーワークス担当者より

WG_member.jpeg

株式会社ウィルゲート 専務取締役 吉岡 諒氏

弊社は、「一人ひとりの『will』を実現する」というミッションを掲げています。

そのミッションのもと、サグーワークスでは、以下のような価値を提供していきたいと考えております。

・対顧客:お客様の商品を、コンテンツマーケティングを通じてユーザーに届ける
・対ライター:ライターが好きなこと、得意なことで収入を得られる場を提供する
・対ユーザー:探し求めていた情報を得て、課題が解決される
・対社員:新しい事業を創り上げることを通じて成長し、自己実現をする

サグーワークスに登録いただいているライターの方々のお話を聞いていると、「好きなことで稼ぎたい」というニーズが多いんですよね。好きなジャンルについて記事を書くことは楽しく感じるから、お金ももらえるならこんなにいいことはないと。

ライターさんの得意分野を活かした記事の方が品質は高くなるので、企業にとっても自社に適したライターさんに依頼したいというのはありますよね。「知見を持つ人が記事を書く」ことで、品質の良いコンテンツがweb上に増えていくのは、ユーザーにとっても良い話ですよね。

弊社は、「いかなるときも『三方よし』を追求する」を意識しています。いわゆる「売り手よし買い手よし世間よし」の状態を、サグーワークスを通して体現していきたいですね。

マケスト編集部から一言コメント

数年前からコンテンツマーケティングに注目が集まり、今や多くの企業がオウンドメディアを立ち上げました。しかし、立ち上げたはいいものの記事制作のリソースが足りず、または成果が見えずらくて更新が止まっているオウンドメディアも多く見受けられます。

オウンドメディアを成功させるためには、「短期間での成果を期待しないこと」「安定して記事更新を行うこと」は最低限おさえておくべきです。また、SEO流入に注力するのであれば、コンテンツSEOを意識して設計しなければいけません。

その手前でやめてしまっているオウンドメディアは少なくないはずです。自社で出すべきコンテンツの方針を決めてから、テーマに沿った記事を一定期間更新して初めて成功か失敗か検証可能な状態になります。

リソースがないという理由でオウンドメディアの運用を諦めている方は、ぜひ外部の力を利用してみてください。サグーワークスであれば、手間がかからず高品質な記事を作成してもらえます。

続きは、