マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回その中からご紹介するのは、完全定額制のリスティング広告運用代行サービス「ジャックアンドビーンズ」です。

【ここがポイント】
ポイント1:料金は提供するサービス内容によって決定
ポイント2:完全定額制で広告費が変動しても料金は一律
ポイント3:全員が有資格者なので、費用対効果の高い運用を実施可能

ジャックアンドビーンズとは?

株式会社ジャックアンドビーンズが提供するリスティング広告運用代行サービスは、顧客が納得する、費用対効果の高い運用をゴールとした完全定額制の施策です。

毎月の費用は大きく、3万円、6万円、10万円、30万円などと決められており、料金によって提供するサービス内容は明確に決められています。
リスティング広告の運用を外部の企業に任せる場合、ほとんどが広告費をベースに手数料を支払う必要があります。
しかし毎月運用をしてもらっている会社が、実際にどんな業務をしているのか、手数料に見合った仕事をしてくれているのか、把握できていない企業も散見されます。

ジャックアンドビーンズの定額制サービスでは「打ち合わせの回数」「コンバージョンの種類や数」「出稿する広告媒体の数」「バナーなどの制作実施有無」などの様々な作業量をもとに価格が決定されます。
そのため顧客は「どのような施策をどれだけやってもらっているのか」を明確に把握できます。

なおかつ、運用を担当するスタッフは全員Yahoo!、Googleの認定資格を保持しているので、
確かな知識に基づいた運用を実施。広告費を最大限活用するための施策を提案します。

JandB

株式会社ジャックアンドビーンズが提供するリスティング広告運用代行サービスは広告費ではなく施策内容によって料金が決まります。
広告費は◯◯円なので、運用手数料としてその20%をいただきます」ではなく、「◯◯と〇〇の施策を行うので、その分の費用として◯◯円をいただきます」という施策ベースの料金体系なので、依頼を受ける際の広告費の下限はありません。

月額3万円のプランから用意しており、少額から始めたい場合も対応できます。

Google、Yahoo!の認定資格保持者が専属で運用実施し、管理画面の共有をはじめ施策内容は全て共有。
顧客と伴走しながら本当に効果のある施策を実行します。

ジャックアンドビーンズ担当者のメッセージ

JandB

株式会社ジャックアンドビーンズ  マーケティングプランナー div マネージャー 谷田脩一郎氏

リスティング広告代理店に運用代行を依頼する場合、一般的には広告費の20%を運用手数料とする料金体系が一般的です。
ただ、その料金体系の場合、無駄なコストカットをしたり、予算を全て使い切らなかったりすると、代理店が受け取れる手数料が減ってしまいます。

そうなると、中には手数料を確保するために、広告費をただ消化することをゴールにしている代理店もあります。

顧客にとって有益なサービスを提供しようとすると代理店側が受け取れる報酬が減ってしまうというビジネスモデルに疑問を抱いた弊社は、その料金体系から脱却し、広告費ではなく施策内容によって料金が決定するビジネスモデルを導入しました。

また、リスティング広告運用の実際の管理画面を開示していない代理店もありますが、
運用部分をブラックボックス化してしまうのは顧客にとっては不安でしかありません。

弊社は管理画面をはじめどのような施策を行なっているのかを全て顧客に開示します。
最終的にはマーケティング全般をサポートさせていただくことを目的にしているので、
信頼を獲得するために高い透明性を維持しつつ、費用対効果の高いサービスを提供していきたいですね。

マケスト編集部より一言

予算の大小に関わらず、広告の費用対効果はシビアに見るべきです。
広告代理店側が運用内容を開示しなければ、広告主側では効果検証もできません。
リスティング広告は適切に運用すれば非常に効果が高い広告媒体です。

裏を返せば運用の質が決め手となるので、リスティング広告運用をしっかり行いたい場合は運用内容を開示する企業を選択しましょう。

リスティング広告に限らず、運用型広告は専門性が高く何をやっているかが見えなくなりがちです。
自分は専門外だから全て代理店におまかせする、という考えは捨てて、代理店と協力して自社にとって有益な運用を行いましょう。

費用対効果を突き詰めて考えたい場合は、ぜひ一度ジャックアンドビーンズに相談してみてください。

続きは、