ホームページやECサイトなどを運営している方にとって、無料でアクセス解析ができる「Google アナリティクス」は必須のツールです。ホームページのボトルネック発見と改善のため、毎日チェックしている方も多いのではないでしょうか。

デフォルトでも非常に便利なGoogle アナリティクスですが、同じくGoogleが提供しているサービス「Google スプレッドシート」と連携するとより便利に効率よく使用できます。

そこで今回は、Google スプレッドシートとGoogle アナリティクスを連携して効率よく解析するため、Google スプレッドシートのアドオン「Google Analytics」の基本的な使用方法を紹介します。

アドオン「Google Analytics」とは

1.png
Google Analytics - Google スプレッドシート アドオン

アドオン「Google Analytics」を使用すると、Google スプレッドシート上にGoogle アナリティクスのデータを収集してグラフ化したり、定期的にデータを収集して記録させたりできます。

日本語対応はしていないため英語での利用となりますが、Google アナリティクスの基本的な知識があれば問題なく使用できるでしょう。

Google アナリティクスに関する基礎知識は、ferretの以下のWebマーケティング講座で学習できます。ぜひ、活用してください。

参考:
Webマーケティング講座 Google Analyticsコース

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

Google Analyticsを導入する

2.png
アドオンをインストールし「続行」をクリックします。

3.png
使用するアカウントを選択してください。

4.png
アクセス権限についての確認画面が表示されますので「許可」をクリックしてください。これで導入完了です。

レポートを作成する

5.png
アドオンからGoogle Analyticsにカーソルを合わせ、「Create new report」をクリックします。

6.png
画面右側にレポート作成の設定画面が表示されます。

「1 Name youe report」では、レポートの名前を設定します。

「2 Select a view」では、レポートを作成する参照元(ホームページやECサイトなど)を選択します。Google アナリティクスのアクセス権がある参照元が、サジェストとして自動表示されます。複数ホームページGoogle アナリティクスのアクセス権がある場合は、クリックすると候補が表示されますので、その中から選択してください。

「3 Choose configuration options」では、レポートを作る際の指標を選択します。一度作成して後から追加もできますので、空欄のまま作成しても構いません。軸や指標の種類については後のステップで説明します。

項目の設定が完了したら「Create Report」をクリックしてください。

7.png
設定を元に、データを抽出します。アドオンをクリックして「Google Analytics」にカーソルを合わせ「Run reports」をクリックしてください。

8.png
データの抽出が完了します。

データ収集する際に利用する指標は、候補から選択、またはデータの抽出完了後に直接入力します。軸の項目には日付、参照元/メディア、ページなど、指標の項目には、平均セッション時間やページビューなどの設定がおすすめです。

ECサイトでチェックしたい指標

企業によってどの指標をチェックするかは異なりますが、例えばECサイトを運営しているのであれば「eコマースレポート」で売れている商品の分析などができます。

eコマースレポートにおける主要指標は、以下の6つです。

・eコマースのコンバージョン率
購入まで至ったセッションの割合を示します。

・トランザクション数
購入数を示します。
例えば、複数の商品が一度に購入された場合も「トランザクションは1回」とカウントされます。

・収益
売上の合計金額を示します。

・平均値
トランザクションあたりの平均収益額を示します。

・固有の購入数
購入まで至った商品の種類を示します。
例えば、商品Aが1点、商品Bが3点、商品Cが2点購入されている場合は「3」とカウントされます。

・数量
購入まで至った商品点数を示します。
例えば、商品Aが1点、商品Bが3点、商品Cが2点購入されている場合は「6」とカウントされます。

自動レポーティングの設定

Google Analyticsでは、定期的に自動でデータ収集ができます。

毎度データを抽出する手間が省けますので、ぜひ設定しておきましょう。

9.png
「Report Configuration」のシートで、画面上部に表示されている「アドオン」をクリックします。
表示されたプルダウンメニューから「Google Analytics」→「Schedule reports」の順にクリックしてください。

10.png
「Enable reports to run automatically」にチェックを入れます。

11.png
データ収集をする日時の設定に移ります。任意の間隔を設定してください。
設定が完了したら「Save」をクリックしてください。

これで設定した日時になると、自動でスプレッドシート上にデータが集計されるようになります。

まとめ:アドオン導入でレポート作成の効率化を

Google スプレッドシート上に自動でレポーティングされるようになると、目視での入力作業よりも格段に効率よく、ミスなく管理できます。また、これまで入力・入力確認にかけていた時間を、数値分析、施策や改善案の検討などにあてられます。

数字管理業務を効率化して、分析に時間を使えるようにしましょう。