OEM(オーイーエム)」とは、他社ブランドの製品を製造することで、昨今では自動車分野をはじめ、様々な業界において拡大傾向にある業務形態です。

今回は「OEMって何!?」という疑問にお答えすべく、OEMの基礎知識から、そのメリット・デメリットについて詳しく説明します。

OEM(オーイーエム)とは

OEMとは

OEMとは、「オリジナル・エクイップメント・マニュファクチャリング(Original Equipment Manufacturing)」の略語です。直訳すると「自社の製品を製造する会社」となり、日本語では「相手先ブランド製造」などと訳され、わかりやすくいうと 製造メーカーが他社ブランドの製品を製造することを指します。

OEM(オーイーエム)の2つの形態

OEMの形態としては、

  • 高い技術レベルを持つ製造者がそうではない製造者を指導する形態
  • 同レベルの技術を持つ企業間が行う形態

の2つが一般的です。

OEMでは、商品企画やサンプルチェックといった作業を委託者側が行い、製造は受託者に行ってもらいます。自社生産を行わないことにより、コスト削減や生産が追い付かなくなる状況を回避するために有効活用されます。
  

OEM(オーイーエム)のメリット

OEMのメリット

OEMには、委託者(生産を依頼する)側と受託者(生産する)側があり、それぞれメリットが異なります。具体的なメリットとしては、以下のような点を挙げられます。
  

委託者側のメリット

●市場導入期
・ブランドの知名度向上に役立つ
・工場設備を持たなくとも生産が可能となるため、コストを削減できる
・開発、管理に関するコストを削減できる

●市場成長期
・需要に対して生産量を柔軟に調整することができるため、在庫リスク削減につながる
・生産能力不足をカバーできる

●市場成熟期、衰退期
・製品構成を維持しながらも、新商品の開発に時間をかけられる
  

受託者側のメリット

●市場導入期
・生産力を活かすことで、技術力アップが期待できる

●市場成長期
・製造の委託を受けることで、生産量が増えることによる恩恵を受けられる。相手先の販売力によって生産量が向上し、販売が好調であれば特にメリットは大きい

●市場成熟期
・成長期を過ぎて製品販売が落ち着いた状況であっても、生産を見込める

OEM(オーイーエム)のデメリット

OEMのデメリット

委託者、受託者ともに多くのメリットがあるOEMですが、メリットだけとは限りません。

デメリットになる点もありますので、押さえていきましょう。
  

委託者側のデメリット

・受託者に製造を依頼することで、工場設備が不要になったり製品開発に時間をかけられるなどのメリットがあるものの、その分生産での収益を得られない
・委託に頼ってしまうことにより自社の技術、開発力が育たない
・委託者が受託者に技術面で支援するケースも一般的なため、将来的に受託者が競合になってしまうことも考えられる
  

受託者側のデメリット

・持て余している技術を活用することで技術力向上ができるものの、製品の販売を行わないため、自社ブランドが当該市場になかなか浸透しない
・相手側に技術、ノウハウなどが流出し、競合となる類似品を開発されかねない
・価格支配権を失う可能性がある。極力安くするように低価格要請され収益率が下がる恐れがある
・委託者側の生産量により、生産量が左右されてしまう