最近よく耳にする「OEM(オーイーエム)」という言葉。
皆さん、正しく意味を理解していますか?

OEMとは他社ブランドの製品を製造することで、昨今では自動車分野をはじめ、様々な業界において拡大傾向にある業務形態です。実際、"聞いたことはあるものの、よくわかっていない"という方も多いはずです。

そこで今回は「OEMって何!?」という疑問にお答えすべく、OEMの基礎知識から、そのメリット・デメリットについて詳しくご説明します。

▼合わせてチェック▼
オリジナルスマホケースが作れるサイトまとめ

OEMとは

OEMとは

OEMとは、オリジナル・エクイップメント・マニュファクチャリング(Original Equipment Manufacturing)の略語です。直訳すると「自社の製品を製造する会社」となり、日本語では「相手先ブランド製造」などと訳され、わかりやすくいうと "製造メーカーが他社ブランドの製品を製造する" ということを指します。

形態としては、"高い技術レベルを持つ製造者がそうではない製造者を指導する形態"と、"同レベルの技術を持つ企業間が行う形態"の2つが一般的です。

OEMでは、商品企画やサンプルチェックといった作業を委託者側が行い、製造は受託者に行ってもらいます。自社生産を行わないことにより、コスト削減や生産が追い付かなくなる状況を回避するために有効活用されます。
  

ODM(オーディーエム)、PBとの違い

ODM、PBとの違い
経営を学ぶ~経営学・MBA・起業~

OEMと似たような用語として「PB」「ODM(オーディーエム)」などいくつかありますが、これらはOEMとは異なる手法です。

各々についてご説明しますので、その違いを正しく理解しましょう。
  

ODM

ODMとは、オリジナル・デザイン・マニュファクチャリング(Original Design Manufacturing)の略です。委託者のブランドで製品設計・生産を行う手法で、主に中国、台湾の企業、携帯電話業界・パソコン業界を中心に見られます。

基本的なところはOEMと似ていますが、OEMでは受託者側に製造のみ委託するのに対し、ODMの場合は商品企画までも受託者側に任せます。サンプルができ上がるまでの作業を任せることになるため、委託者側は大幅に作業負担が減るというメリットがあります。また、商品開発を行うためのデザイナーなどの担当者を雇う必要がないため、人件費も削減が可能です。
  

PB

PBとは、プライベートブランド(private brand)の略で、小売店・卸売業者が企画販売するブランドのことを指します。この形態では、メーカーは基本的に製造のみを担当します。

PBは独自で企画・開発を行うことから同業他社との差別化がしやすいという利点があり、商品に人気が集まれば小売店・卸売業者のイメージアップにもなります。また、自社で商品の価格を決定できることから、コスト面にもメリットがあります。

その一方で、自社開発であることから知名度の点では優位ではなく、マーケティングも難しいというデメリットがあります。
  

OEMの活用例

OEMの活用例
【MAZDA】グレード&スペック|フレア

OEMは広く採用されており、有名企業や身近な商品の多くもOEMで生産しています。

実際にOEMを採用している活用例を一部ご紹介します。

  

自動車

自動車業界ではOEMの車種が多数存在しており、中でも軽自動車業界では特にOEMが盛んです。

例えば、スズキの人気車種に「ワゴンR」がありますが、ほぼ同一の商品で外観を変えたものをマツダが「フレア」という名前で販売しています。

OEMモデルの自動車を生産することで、軽自動車を生産・開発する費用の削減ができたり、販売ルートが増え販売台数が向上したり、ロイヤリティが得られるなど双方にメリットがあります。
  

携帯電話

iPhone、iPadといった人気商品で知られているAppleですが、製品はAppleが製造しているわけではなく、他社メーカーに委託しています。

Appleの商品製造業者として有名なのが、台湾に本社を置く大手エレクトロニクスメーカーFoxconn(フォックスコン)です。Foxconnは、電子機器受託生産において世界最大の企業グループであり、Apple以外にも様々な有名企業との取引があります。
  

化粧品

化粧品業界にも多くのOEMメーカーがありますが、化粧品大手の中にもOEM事業に着手しているメーカーがあります。

例えば、有名企業カネボウは「カネボウコスミリオン株式会社」、ポーラは「株式会社エクスプレステージ 」という社名でOEM事業を展開しています。

参考:
カネボウコスミリオン株式会社
ポーラ化成工業株式会社
  

コンビニエンスストア

身近なコンビニエンスストア(以下、コンビニ)の商品ですが、パッケージをじっくり見てみると販売メーカーと製造メーカーが異なることが多々あります。コンビニ商品を手がける製造メーカーの例が「わらべや日洋ホールディングス株式会社」です。

同社の主要取引先はセブンイレブンで、全国に27のセブンイレブン専用工場を持ち(2017年6月15日公式ホームページにて確認時点)、セブンイレブン19,422店に対して16,000店舗以上に納品しています。(2017年2月期実績)

参考:
わらべや日洋ホールディングス株式会社
  

OEMのメリット

OEMのメリット

OEMには、委託者(生産を依頼する)側と受託者(生産する)側があり、それぞれメリットが異なります。

具体的なメリットとしては、以下のような点を挙げることができます。
  

委託者側のメリット

●市場導入期
・ブランドの知名度向上に役立つ
・工場設備を持たなくとも生産が可能となるため、コストを削減することができる
・開発、管理に関するコストを削減することができる

●市場成長期
・需要に対して生産量を柔軟に調整することができるため、在庫リスク削減につながる
・生産能力不足をカバーすることができる

●市場成熟期、衰退期
・製品構成を維持しながらも、新商品の開発に時間をかけることができる
  

受託者側のメリット

●市場導入期
・生産力を活かすことで、技術力アップが期待できる

●市場成長期
・製造の委託を受けることで、生産量が増えることによる恩恵を受けることができる。相手先の販売力によって生産量が向上し、販売が好調であれば特にメリットは大きい

●市場成熟期
・成長期を過ぎて製品販売が落ち着いた状況であっても、生産を見込むことができる
  

OEMのデメリット

OEMのデメリット

委託者、受託者ともに多くのメリットがあるOEMですが、メリットだけとは限りません。

デメリットになる点もありますので、押さえていきましょう。
  

委託者側のデメリット

・受託者に製造を依頼することで、工場設備が不要になったり製品開発に時間をかけられるなどのメリットがあるものの、その分生産での収益を得られない
・委託に頼ってしまうことにより自社の技術、開発力が育たない
・委託者が受託者に技術面で支援するケースも一般的なため、将来的に受託者が競合になってしまうことも考えられる
  

受託者側のデメリット

・持て余している技術を活用することで技術力向上ができるものの、製品の販売を行わないため、自社ブランドが当該市場になかなか浸透しない
・相手側に技術、ノウハウなどが流出し、競合となる類似品を開発されかねない
・価格支配権を失う可能性がある。極力安くするように低価格要請され収益率が下がる恐れがある
・委託者側の生産量により、生産量が左右されてしまう 

まとめ

今回は、OEMについて詳しくご紹介しました。
OEMとはどういうものか、メリット・デメリットは何なのか、基本的な部分からご理解いただけたのではないでしょうか。

自動車分野で多く採用例のある業務形態ですが、最近では自動車に限らず化粧品、携帯電話と、様々なジャンルで取り入れられています。今後も拡大することが予想できますので、引き続き、注目しておきましょう。
  

この記事を読んだ方へおすすめ

「ブランディング」を理解しよう!大きなメリット5つと最低限必要な要素5つ

「ブランディング」を理解しよう!大きなメリット5つと最低限必要な要素5つ

今回は、特にこれから起業する、商品やサービスの販売を始める、という方が最低限知っておきたい「ブランディング」についてご紹介します。 ブランディング確立で得られるメリットや、確立のために最低限押さえておきたい要素を理解すれば、自社にはどのような施策が必要なのか検討しやすくなります。 競合他社に負けないブランド力をつけるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

仕事ができる人は息抜き上手!?オフィスで手軽にできるリラックス方法5選

仕事ができる人は息抜き上手!?オフィスで手軽にできるリラックス方法5選

現代社会はストレス社会だと言われています。今回は、一日の大半を過ごすオフィスでも手軽に取り入れられるリラックス方法5選をまとめました。興味あるかたはぜひ取り入れてみてください。

社会人2カ月目、仕事が嫌になった時に救われるモチベーションが上がる記事10選

社会人2カ月目、仕事が嫌になった時に救われるモチベーションが上がる記事10選

2015年も新しい年度が始まり、あちこちで新卒や転職してきた人の歓迎ムードでにぎわいました。 さて、そういった歓迎ムードが一段落してくると次に迎えるのは、例えば予算(目標)を達成するというミッションを課せられたり、会社の一従業員として活躍してもらうための責任を負うなど、これまでの人生で経験してこなかったことが自分の意思ではなく業務として課せられると、その変化についていけずにモチベーションが下がってきてしまう方もいるのではないでしょうか。