内部対策

Profile

Webサイト制作会社、SEOコンサルタント、ferret編集部を経て2016年9月に福島県にUターン。
現在はフリーランスとして、メディアを運営しつつ企業のメディア運用支援やWeb制作事業などを行う。
  
「分かり易くて、今日から活用できる情報発信を目指します!」
  
>> 執筆記事一覧はこちら

内部対策とは、ホームページのページ構成、ページの内容などを、検索エンジンがしっかりと理解できるように内部に行う施策のことを指します。

端的には「このホームページが何について書かれているものなのか」を検索エンジンに正確に伝えるための対策のことです。

Curriculum pt1

内部対策の概要

内部対策とはSEO対策の一つで、検索エンジンにホームページのコンテンツや構成を正しく認識させるために、ホームページ内で行なう施策のことです。具体的には以下のような手法があります。

1.キーワードを適切に使う

ページを作成するときには、適切なキーワードを選定し、適切な箇所に含めることが必要です。その結果、検索エンジンに情報を収集してもらいやすくなると言われています。

2.コンテンツの質向上

ホームページのコンテンツの質は、SEO対策としてもっとも重要な部分です。以下のポイントに気をつけてページを作成しましょう。

・内容の独自性、専門性
・訪問者が求めている有益な情報を提供する

3.内部リンクの強化

同じホームページ内の別のページにつなげるリンクを内部リンクと言います。ページの本文中に自然な形で内部リンクを挿入することが内部対策になります。

4.更新頻度を高める

どんなに質の高いコンテンツでも、更新頻度が少ない場合、ユーザーにとって有益とは言えません。反面、質の低いコンテンツを大量につくることも意味がありません。
質の高いコンテンツを、更新し続けることが内部対策として重要なポイントになります。

これらの対策を行なえば劇的に検索順位が上がる、ということではなく、継続的に行なうことで、徐々に検索結果への順位をあげていくことができるでしょう。

会話例

内部対策が不十分だ」

「時間はかかったが、内部対策は効果をあげている」