2016年にリリースされ、全世界で1億5000万人のアクティブユーザーを記録しているTikTok。SNSでの動画広告やテレビCMで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。最近では徐々に企業とコラボレーションした施策も増えてきています。

今回はそういったコラボレーション施策の事例と人気の理由に迫ります。

J:COMのTikTok×渋谷の街頭ビジョンキャンペーン

J:COMは、自社のキャラクターである「ざっくぅ」と一緒に踊り「#もののけついてんね」というハッシュタグを付けて動画を投稿するというキャンペーンを実施しました。TikTok上に掲載されている「もののけついてんね」の楽曲を選択し、ARスタンプの「ざっくぅ」と共演するというものです。

投稿された作品の中から人気作品に選ばれると、渋谷の街頭ビジョンで投稿動画が放映されるという特典付きで行ったこのキャンペーンは、10日間と短期間ではありましたが約900投稿集まる結果となりました。

J:COMは10代、20代の若年層とのコミュニケーションのきっかけ作りとして本プロモーションを仕掛けました。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

サントリーの推しTikTokerキャンペーン

サントリーは、新製品「南アルプス PEAKER」のプローモーションにTikTokを活用しました。アイドルグループや人気のTikTokerとコラボし、「#ピーカーダンス」というハッシュタグをつけて動画を投稿するというキャンペーンです。

こちらも、キャンペーンを通じて審査員から「推しTikToker」に選ばれるとPEAKER公式アカウントで自分の動画を紹介してもらえるという特典付きで、多数の投稿が見られました。

TikTokのユーザー層から見る、人気の理由

ここで、改めてTikTokのユーザー層を見ていきます。

TikTokのユーザー層から見る、人気の理由.jpg

参考:
1日平均起動43回!「あごのせ」10代を中心にハマるユーザー続出の「TikTok」

男女ともに10代のユーザーが最も多く、意外にも女性より男性が多い結果となっています。

TikTokをはじめとする口パクで音楽に合わせて動画を撮るリップシンク動画は2017年頃から人気となりましたが、その中でもTikTokはカップルや友達同士でなく1人でも投稿できるため、現在も右肩上がりでユーザーが増加しています。

また、あらかじめ用意されているお題があったり、既に投稿している人の動画を見本にできたりと、新しくオリジナルの内容を考える必要がなく動画を投稿する作業自体もとても簡単という点も人気の理由の一つだと考えられます。

キャンペーンは気軽に参加できるもの×拡散型が人気

従来、広告は基本的に受動型であり、ユーザーに購入や拡散などのアクションを起こさせることが難しいと言われていました。しかしTikTokは、先述のように視聴するだけでなく自らも動画を投稿するのが当たり前になっています。

YouTubeなどの動画メディアと比較しても、投稿に対するハードルは圧倒的に低いといえるでしょう。そのため、こういったユーザー参加型のキャンペーンを打つことで、ユーザーの能動的なアクションを促し、今まで以上に高いエンゲージメントをあげることが可能です。

また、J:COMは渋谷の街頭ビジョンでの放映、サントリーは公式アカウントでの動画の再生と、両社ともTikTokでの投稿から他メディアへも露出することをキャンペーン施策に組み込んでいます。

TikTokでは「#広告で有名になりたい」というハッシュタグが流行しており、自分の動画が拡散されることに対しメリットを感じキャンペーンに参加するというユーザーも多くいるのです。

まとめ:企業プロモーションはユーザーに近いものに

これまでテレビ番組やネット番組には芸能人が出演するのが当たり前でしたが、今はTikTokから有名になった人がTikTokerとして出演することも多く、TikTok内で有名になることでこういった活躍の場が広がる可能性があるということも背景として考えられます。

TikTokの特徴と若年層のインサイトの共通部分を活用することで、今後の企業プロモーションはますますユーザーと近いものになっていくでしょう。