LINEが「日常をちょっと豊かに」していくために独自のスコアリングサービス「LINE Score(ラインスコア)」を開始しました。SNSなどで話題になりましたが、LINE Scoreについて詳しく理解している方は多くないのではないでしょうか?

様々なチャネルで獲得した顧客データを活用したい方はこちらもチェック

様々なチャネルで獲得した顧客データを活用したい方はこちらもチェック

EC、飲食、金融など、あらゆる業種・業態のリーディングカンパニー 150社のマーケターから聞いた、「マーケティングオートメーション(MA)導入後にやるべき、成果に繋がる10の施策」をご紹介します。

今回は、LINE Scoreとはどんなサービスなのか、他のスコアリングサービスと比べた際のメリットやデメリット、スコアの上げ方などを紹介していきます。注目の集まっているスコアリングサービスのLINE Scoreについてしっかりと理解しておきましょう!

LINE Scoreを簡単にまとめますと「LINEオリジナルで勝手にスコア化されることはなく、スコアによって利益をもたらすことのできるサービス」が LINE Scoreの特徴となります。

引用元:LINE、「日常をちょっと豊かに」していく、独自のスコアリングサービス「LINE Score」を開始

LINE Score(ラインスコア)とは

LINE Scoreとはの利用自身の年収や職業情報、家族構成、その他さまざまな項目によって100~1000までのスコアを算出し、ユーザーの信頼度をスコア可するためのスコアリングサービスです。

LINE@運用のコツがこれ1冊に。

LINE@運用のコツがこれ1冊に。

LINEマーケティング入門資料をダウンロード!

そもそもスコアリングサービスって何?

これまで個人の信用度は、クレジットカードやローンを組んだ際に登録される信用情報機関に保管されていたためブラックボックス状態だったのですが、スコアリングサービスを提供することで個人単位で信頼度を確認できるようにするためのサービスです。

LINE Score(ラインスコア)は金融機関の審査に影響する?

2019年9月現在、スコアリングサービスのスコアによってサービスの提供の審査を行っている会社・機関は日本においてほぼありません。

しかし、スコアリングサービスをいち早く導入した中国では、スコアが低いと航空券や鉄道のチケットの購入を拒否されることや、NPO法人の立ち上げを禁止されるなど、社会全体で個人の信用スコアが重要視されています。

日本でそこまで浸透・運用するかは未知数ですが、これからサービスが拡大していく可能性は十分考えられます。