日本国内のメッセージングアプリ市場において圧倒的なシェアを獲得している「LINE」。
実はライブ配信もできることはご存知でしょうか。

これまでLINE運営事務局から認められた一部の芸能関係者のみ使用可能でしたが、2016年8月10日より一般ユーザーの利用も可能になりました。

今回は、LINEのライブ配信サービス「LINE LIVE」の利用手順を解説します。

誰でも配信できるようになってまだ日が浅いため、利用している企業もそれほど多くありません。
特にLINE@のアカウントや公式アカウントなどを運用している方は、いち早く取り入れて他者との差別化を図ってみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにオススメ

LINE@をビジネスに活かすためには
こんなにあるの!?LINEが展開する25のサービスまとめ+1
LINE@を企業プロモーションに利用する時に知っておきたいこと

LINE LIVEとは

1.png
https://live.line.me/landing

App Store
Google play

LINE LIVEは、撮影中の動画をライン上でリアルタイムに配信することができる無料アプリです。
LINEのアカウントを利用して配信されます。
配信できる時間は、最大で30分です。
LINE LIVE専用のアプリをダウンロードすると、映像の配信や他ユーザーのライブ映像に対してコメントをつけることなどが可能になります。
視聴のみの場合はLINEアプリのみでも構いませんが、配信する際はもちろん、よりLINE LIVEを楽しみたい場合は専用のアプリをダウンロードしましょう。

LINE LIVEチャンネル開設方法

step1.

2.png
上のURLよりLINE LIVE専用のアプリをダウンロードして起動します。
画面下部に表示されているメニューのうち人型のアイコンをタップして、LINE LIVEにログインしてください。
ログインのためには、あらかじめLINEアカウントを開設しておく必要があります。

step2.

3.png
ログインしてマイページを開いたら、LIVE配信のためのチャンネルを開設します。
画面中央の「チャンネル開設」をタップしてください。

step3.

4.png
チャンネル名やステータスメッセージ(視聴者に対して常時表示されるメッセージです)、プロフィールなどを入力し、画面右上の「保存」をタップします。
なお、入力内容はチャンネルを開設した後でも設定画面から編集することができます。

step4.

5.png
自動的にマイページへ遷移しますので、画面中央の「マイチャンネル」にstep2で設定したチャンネル名等が表示されていればチャンネル開設は完了です。

LINE LIVEの配信方法

step1.

6.png
マイページを開き、あらかじめ作成したマイチャンネルをタップします。
複数のチャンネルを開設している場合は、LIVE配信を行いたいチャンネルをタップしてください。

step2.

7.png
配信画面が表示されますので、画面中央に表示されている「ライブ配信」をタップします。
初めて利用する場合は、カメラ・マイクへのアクセスを許可するか問われますので、問題なければ「OK」をタップしてください。
なお、いずれもここで許可しない場合はライブ配信を行うことはできません。

step3.

8.png
ライブ配信をスタートさせる画面が表示されます。
ライブのタイトルやハッシュタグを入力したら「配信スタート」をタップしてください。

step4.

9.jpg
配信映像が表示されます。
まだこの時点では、ライブ配信は開始されていません。

step5.

10.png
画面下に5つのメニューアイコンが表示されています。
それぞれ、画面向かって左から以下を意味するアイコンです。

  • 画面の縦・横の切り替え
  • 配信映像にかけるフィルター
  • スタンプ
  • イン・アウトカメラの切り替え
  • フラッシュ(アウトカメラモード時のみ使用可能)

step6.

11.png
配信準備が整ったら、赤い丸の録画ボタンをタップして配信を開始してください。
配信を開始すると、この録画ボタンが赤い四角のボタンに変化します。
配信時間は、画面左上に表示されています。

step7.

12.png
配信を終了する際は、赤い四角のボタンをタップします。
タップすると配信を終了するか確認する画面が表示されますので、問題なければ「終了する」をタップしてください。

step8.

13.jpg
最後に、配信を終了したことを伝えるメッセージが表示されます。
配信を終了する場合は「閉じる」を、再度配信する場合は「もう一度配信する」をタップしてください。

step9.

14.png
ライブ配信後は、マイページより配信履歴を確認することができます。
また、動画情報を後から編集することも可能です。
配信履歴に配信したライブが表示されていますので、左横のアイコン(画像赤枠部分)をタップしてください。

step10.

15.png
動画情報を編集する画面が表示されますので、カバー画像やタイトル、ハッシュタグなどを入力してください。

まとめ

LINEのユーザー数は飛ぶ鳥を落とす勢いで増加しています。
2016年7月20日にLINEが発表したデータによると、月間アクティブユーザー数が4,100万人を突破しています。

参考:
【LINE NEWS】月間アクティブユーザー数が4,100万人を突破 | LINE Corporation

国内では圧倒的なユーザー数を誇るLINEプラットフォームを活用してライブ配信を行うことで、これまで以上ファンとのコミュニケーションを活発化させることができると考えられます。

既存のファンとのエンゲージメント向上のためにはもちろん、新規ファン獲得にためにも使用してみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにオススメ

LINE@をビジネスに活かすためには
こんなにあるの!?LINEが展開する25のサービスまとめ+1
LINE@を企業プロモーションに利用する時に知っておきたいこと

このニュースに関連するカリキュラム

LINE@をビジネスに活かすためには

LINE@をビジネスに活かすためには

地域、世代を問わず利用されているコミュニケーションツール「LINE」。多くの企業がビジネス活用しております。 現在では実店舗を持たない企業やブランドも利用できるようになり、開設アカウント数は24万にのぼります。 今回の記事では「LINE@」の活用メリットについて説明していきます。