日本国内のメッセージングアプリ市場において圧倒的なシェアを獲得している「LINE(ライン)」。実はライブ配信もできることをご存知でしょうか。

このライブ配信機能のリリース当初はLINE運営事務局から認められた一部の芸能関係者のみ使用可能でしたが、2016年8月10日以降、一般ユーザーの利用も可能になっています。

この記事では、LINEのライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」の概要や特徴、利用手順を解説します。

特にLINE@のアカウントや公式アカウントなどを運用している方は、いち早く取り入れて他社との差別化を図ってみてはいかがでしょうか。

LINE LIVE(ラインライブ)とは

「LINE(ライン)」が提供するライブ配信プラットフォーム

LINE LIVE 2.jpg
出典:LINE LIVE

「LINE LIVE(ラインライブ)」とは、多くの人が日常的に利用するメッセージングアプリ*「LINE(ライン)」が提供するライブ配信プラットフォーム*です。

国内のモバイルアプリユーザー数分析ツールを提供する「フラー株式会社」の分析によれば、「LINE LIVE(ラインライブ)」のユーザー数はコロナ禍以降、急増傾向にあると言います。

在宅時間が増えた今、「LINE LIVE(ラインライブ)」を通して誰かのライブ配信を視聴すること、あるいは、自分自身が配信者になることは、特に若い世代にとって身近な娯楽になりつつあります。

日頃から生活の中で慣れ親しんでいる「LINE(ライン)」が提供するツールである、という点からも、ユーザーは信頼感を持ちやすく、追加でアプリをインストールすることにもそれほど抵抗が無いと言えるでしょう。

参考:
App Store
Google play

「LINE LIVE(ラインライブ)」で動画配信をするメリット

誰でも手軽にライブ配信ができる

「LINE LIVE(ラインライブ)」を利用する最大のメリットは、誰でも手軽に始められる点です。

専用のスマホアプリをインストールし、「LINE(ライン)」のID・パスワードを入力すれば配信を始めることができます。

また、PCからの配信も可能です。スマホと同じく、「LINE(ライン)」のID・パスワードが必要です。

「コメント」や「ハート(いいね)」機能で視聴者と交流できる

視聴者は、配信者に対して「コメント」や「ハート(いいね)」「コイン(有料デジタルギフト)」を送ることができ、ファンと双方向のリアルタイムコミュニケーションが可能です。

これら「コメント」「ハート」「コイン」の獲得数や視聴者数などから、「配信スコア」が算出され、スコアに応じて「LINE(ライン)」から「LINEポイント」が贈られます。

「LINEポイント」は「1ポイント=1円」でLINEスタンプを購入したり、Amazonギフト券に交換できます。また、LINE Payにチャージして現金として利用可能です。

ファンからのエンゲージメントを高め、配信スコアを上げてプラットフォーム上で目立つためには、日頃から「LIVE LIVE(ラインライブ)」を通じた動画配信を数多く行っていくことがカギとなります。

配信した動画はアーカイブで後追い再生も可能

配信動画はリアルタイム視聴に限らず、そのままの内容をアーカイブ収録して後追い再生することも可能です。

スマホアプリに限らず、PCの大画面でも再生でき、企業によるウェビナー配信やそのアーカイブにも活用できます。

ただし後追い再生の場合には、「コメント」「ハート」「コイン」機能は利用できません。