SNSマーケティングという言葉がWebマーケティングの分野に流通し始めてしばらく経ち、多くの企業がSNSマーケティングに乗り出しています。

しかし、ノウハウが蓄積されていない企業では、突発的に広報担当の方が「SNSでマーケティングしよう」と思っても難しいのが現状です。SNSの解析ツールを用いて効果測定を行い、細かくPDCAを回していくことでSNSマーケティングの効果が高まるので、この記事を通してSNSの解析ツールについて詳しく理解しておきましょう。

SNS分析が注目される理由

SNS分析が注目されている背景には、現代の「広告が抱えている課題」があります。それはつまり広告に対して顧客が抱く不信感にほかなりません。

誇大広告を打ち出すことで収益を上げられた時代は終わり、本当に顧客が「欲しい」と思うような商品を、適切に宣伝する手法を取らなければモノやサービスが売れない時代になっているのです。

ステルスマーケティングという言葉を聞かなくなったのもその影響で、「宣伝していないように見せかけて宣伝している」ような手法ですら顧客には受け入れられなくなってきています。ステマがバレたときのリスクを恐れて、ステマを行う企業もどんどん減少しているように思えます。

こうした顧客の広告離れを受けて、新たに広告業界を牽引しているのが「SNSマーケティング」です。もともと個人が個人とつながるために存在していたSNSツールに企業が参入し、集客やマーケティングのツールとして活用し始めました。パイオニアとして例を挙げるなら、家電メーカーのSHARPでしょう。Twitterのフォロワーは63万人を突破し、擬人化された「シャープさん」が漫画になるほどの人気を誇っています。

また、Twitterのようなテキスト主流のSNSだけでなく、InstagramやTikTokのような画像・動画がメインのSNSも存在します。それぞれのユーザー層や媒体の特徴に合わせて活用するSNSを選び、マーケティングを行うことで顧客との関係性を構築したり、ブランディングにつなげたりといった使い方ができるのです。

SNSマーケティングで重要なのは「顧客と同じ目線でSNSを活用する」こと。マーケティングツールとして活用したい、という企業側の狙いが見えてしまうと、顧客は見るのをやめてしまったり、フォローを外してしまったりします。冒頭で述べた「広告離れ」を繰り返さないためにも、顧客が面白い、と思うような発信を心がけつつ、自然に自社のブランディングや集客につながる運用ができれば、SNSマーケティングは非常に有効なマーケティング手法となるでしょう。