SNSマーケティングという言葉がWebマーケティングの分野に流通し始めてしばらく経ち、多くの企業がSNSマーケティングに乗り出しています。

しかし、ノウハウが蓄積されていない企業では、突発的に広報担当の方が「SNSでマーケティングしよう」と思っても難しいのが現状です。SNSの解析ツールを用いて効果測定を行い、細かくPDCAを回していくことでSNSマーケティングの効果が高まるので、この記事を通してSNSの解析ツールについて詳しく理解しておきましょう。

Instagramでフォロワーが毎日1000越えし月間3万増やす方法を論理的に解説

Instagramでフォロワーが毎日1000越えし月間3万増やす方法を論理的に解説

1週間以内に明らかな効果を実感できる目から鱗の施策を論理的かつ事例、データを用いて徹底解説いたします。

SNS分析はなぜ重要?

SNSでは企業とユーザーの距離が近いため、商品やサービスに対するユーザーの反応がわかりやすくなっています。しかし、ただ運用するだけでは十分なマーケティング効果を得ることができません。

SNSを運用する際は、ユーザーの反応を数値として把握し、施策の実施や効果検証を行うことが大切です。SNS分析を行うと、ユーザーから良い反応を得られた投稿や、成果に繋がったやり取りが分かります。

運用状況を定量的に把握し、より良い施策を行うためにSNS分析が重要です。

SNS分析ツールでわかること

SNS分析ツールを導入することで、通常は分からないコンバージョン率やクリック率、閲覧数などが可視化できます。イメージとしてはGoogleサーチコンソールやGoogleアナリティクスのSNS版、と考えておきましょう。

SNS運用を闇雲に行っても、本当に顧客が求めている発信ができているかどうかはわかりません。また、時間帯や発信内容によっても顧客の興味が惹けるか否かは異なってきますので、細かく状況を把握できれば効率的に運用スタイルを改善していけます。

例えば、「毎日お昼の12時にツイートを投稿しているけど、夕方にツイートした内容のほうが多く見られている」というような情報がわかれば、情報を発信する時間を夕方にスライドしてより効率的にSNSが運用できるでしょう。

リアルタイムでの動き

SNS分析によって、ユーザーの動きがリアルタイムで確認できます。例えば、新しい商品を発売開始したときの反響をすぐにチェックすることが可能です。

アンケートなどでもユーザーの動きは確認できますが、データが得られるまでにタイムラグがあります。一方、SNS分析ではより早いタイミングでユーザーの動きを知り、マーケティング施策に活かせる点が特徴です。

広告の測定

自社が出した広告に対するユーザーの反応も、SNSで分析できます。広告への反響が高ければ、SNSのユーザーからも言及されやすくなる傾向です。そのため、テレビコマーシャルや新聞・雑誌広告など、直接的な効果測定が難しい広告に対する反応も高い精度で見極められます。

ユーザーの声

SNSでは、自社の商品やサービスを利用したユーザーの声を分析することが可能です。ユーザーから喜ばれている点や、不満に思われている点について率直な意見が得られます。

競合アカウント

競合他社が運営するSNSアカウントを分析することも、マーケティングや商品開発に有益です。競合アカウントの投稿内容やユーザーからの反響を分析すると、自社のアカウントを運用するヒントが得られます。

また、SNSで競合他社の商品を使用したユーザーからの反応をチェックし、自社の参考にすることも可能です。