SNSキャンペーンはSNSで展開する広告のことで、近年多くの企業が活用している人気の高いマーケティング手法です。スマホ社会になり多くの人がSNSを活用するようになったため、幅広い層にアプローチでき、拡散力が高いことから注目を集めています。

ただ、多くの企業やユーザーがSNSを活用しているからこそ埋もれやすく、広告効果を発揮するにはポイントを押さえて運用する必要があります

初心者でもSNSキャンペーンを効果的に活用できるように、基礎知識から成功事例まで運用のポイントを解説します。

SNSキャンペーンとは

SNSキャンペーンとは、Twitter、Facebook、Instagram、LINE、さらにTikTokなどのSNSプラットフォームを活用した広告キャンペーンのことを意味します。

SNSキャンペーンの内容はさまざまですが、ユーザー参加型のプレゼント付きキャンペーンを展開することが多く、SNSの特性を生かしてリツイートや特定のお題に沿った投稿、あるいはフォローや友だち登録を参加条件とするケースが一般的です。

SNSキャンペーンのメリット

SNSキャンペーンには多くのメリットがあります。代表的な3つのメリットを解説します。

費用対効果が高い

SNSキャンペーンは少額から広告を出せるのがメリットです。テレビや新聞などのマスメディアだと広告費用も比較的高くなり、こまめに広告を出してABテストをしたりPDCAサイクルを回したりして、広告の効果改善していくのが難しいのがデメリットです。

しかし、SNSキャンペーンであれば自社の予算に合わせて無理なく運用していくことが可能です。

拡散力があり認知度が上がる

SNSキャンペーンオンラインでのアプローチであり、多くのアクティブユーザーが日常的に使っているSNSで接点を設けられるので、広く情報伝達することが可能です。

Facebookは約2600万、Twitterは約4500万人、Instagramは約3300万人、LINEに至っては約8000万人が利用していると言われています。

特にSNSはシェア機能がついているため、拡散力が高く広がりやすいのがメリットです。認知度を高めたい場合に適した手法だと言えます。

ユーザー体験型でファン化しやすい

SNSキャンペーンユーザーを巻き込む体験型の広告であり、ファン化しやすいのも大きなメリットです。

ハッシュタグをつけた投稿を参加条件にするなどの取り組みを通して、ユーザーのコミュニティを形成でき、よりエンゲージメントを高めてユーザーの愛着心を醸成できるのです。

未来のロイヤル顧客を作るために、魅力的なキャンペーンを展開してターゲットとの深いコミュニケーションを図り、ユーザーに成功体験を与えてファン化させましょう。

SNSキャンペーンの注意点

ただし、これらのメリットはどのSNSキャンペーンでも確実に得られるわけではありません。押さえるべき注意点を解説します。

適したSNSを選ぶ

一口にSNSキャンペーンと言っても、各SNSによって特性もレギュレーションも異なります。拡散力に優れているのはTwitter、月間アクティブユーザーが多いのはLINE、女性ユーザーが多いのはInstagramです。

どのターゲットに何を目的とした広告を出したいかによって、どのSNSを選べばいいかが変わってくるのです。単純にユーザー数やSNSキャンペーンの金額で選ぶのではなく、ターゲットや目的、出したい広告に合わせて選びましょう。

ブランドの“らしさ”があるキャンペーンにする

SNSキャンペーンだと他社のバズった成功事例に寄せがちですが、大切なのはブランドの“らしさ”です。それがないとブランドの魅力が伝わらず、ただトレンドに乗っただけのSNSキャンペーンになってしまいます。

たとえ多くのユーザーが参加してもCVにつながらなかったり、リピーターにならなかったりして、最終的な費用対効果が低くなりがちです。

あらかじめブランドの世界観を定義して、どんなメッセージを伝えたいかまで考えてから展開しましょう。