誰でも気軽にLIVE配信ができるようになった現在、多くのプラットフォームが誕生しています。この記事では、これからLIVE配信を始めたいという方に向けて、LINE LIVEを使ったLIVE配信の方法を解説します。

LINE LIVEとは

そもそもLINE LIVEが何かと言うと、人を集めて行うイベントをLINE配信する場です。ただし、現地に人が集まるのではなく、LINE LIVEというプラットフォーム上に人が集まるようになっています。

LINE LIVEの主な特徴として、以下のポイントが挙げられます。

  • コメントやハート(無料)で配信者と交流できる
  • アーカイブがある
  • 誰でも配信できる
  • インフルエンサーや芸能人の配信を見られる

ここからLINE LIVEの特徴について解説していくので、LINE LIVEを始める際のきっかけにしてみてください。

コメントやハート(無料)で配信者と交流できる

LINE LIVEでは、コメントやハート(無料)を配信者に送ることで、配信者と交流することができます。

リアルタイムで配信者と交流ができるので、まるで本人を目の前にしたような臨場感をたのしむことが可能です。また、配信者側にもコメントやハートを送った人のアカウント名が出るため、応援している配信者に自分の存在を認知してもらえます。

応援しているアーティストや芸能人に認知してもらえる機会はなかなかありません。そのため、多くのファンがコメントやハートを送っています。

自分が配信する側の場合、コメントやハートで視聴者の反応をリアルタイムで見られるというのは、とてもうれしいものではないでしょうか。

アーカイブがある

LINE LIVEでは、リアルタイムではなくとも配信を視聴することができます。

「好きなアーティストのLINE LIVEを見逃しちゃった」
「どうしても時間に間に合わない」

といった際に、アーカイブで配信を視聴できるため、自分の時間に合わせて楽しむことができるでしょう。

ただ、アーカイブを設定している配信者に限ります。もし、配信者側がアーカイブを残す設定をオンにしていない場合はアーカイブを見ることはできないので、注意してください。

誰でも配信できる

芸能人やアーティスト、著名人に限らず、誰でもLINE LIVEを行えます。

自分がゲームをやっている姿やセミナーの姿を配信している人は少なくありません。LINE LIVEを発端に有名な配信者になった方もいるので、まさにLINE LIVEは「誰でも(素人でも)できる」といった表現がぴったりのLIVE配信プラットフォームだといえるでしょう。

インフルエンサーや芸能人の配信を見られる

これまでアーティストや芸能人と接する機会というのは、多くの場合、リアルでの場しか設けられていませんでした。

しかし、新型コロナウイルスの流行を機に、LINE LIVEをはじめとするLIVE配信が盛り上がりを見せ、外に出向かなくても自分の応援している芸能人などと交流できるようになりました。

もちろん、直接出向いて臨場感をたのしむことはとても大切なことです。しかし、LIVE配信では芸能人の顔をすごく近くで見られたり、コメントを読んでもらえたりと、LIVE配信にしかないメリットもあります。

思いがけず自分の好みの配信者を見つけることもあるLINE LIVEは、新時代のファンミーティングとも呼べるでしょう。