近年Pinterestは急成長を遂げており、トラフィックのシェアではFacebookに次ぐ結果を出しています。Yahoo! JAPANやWEARなど、ほかの企業との連携もスタートするなど、企業で活用される例も増えてきています。

興味関心を掘り下げていくことができるインターフェースと、気に入ったら購買までできる導線が、特にECサイトを運営している方にとって非常に効果的なプロモーションになることは間違いありません。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

新しいプロモーション施策を検討しているのであれば、Pinterestを活用を検討してみてもよいのではないでしょうか。

今回は、すでにPinterestを活用している企業事例5つを紹介します。

参考:
検索エンジンがSNSを逆転、2017年のパブリッシャーへのトラフィック | BUSINESS INSIDER JAPAN

Pinterestと企業のコラボ

Yahoo! JAPANでは、Pinterestとの親和性の高いキーワードが検索されると、検索結果にPinterestのコンテンツが表示されます。

また、ファッションコーディネート共有サービス「WEAR」では、WEARアカウントとPinterestのアカウントを認証機能で連携しておくと、WEARアプリで「いいね!」をつけたお気に入りのコーデ画像が、Pinterstのボードにもピンされます。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

料理ブログポータルサイト「レシピブログ」とも連携しており、レシピブログの中から興味を持ったレシピをPinterestのボードにピンしてもらうというコラボキャンペーンを実施されています。