この記事は、2016年9月18日に公開された記事を再編集しています。

Pinterest(ピンタレスト)」をご存知ですか?

Pinterest(ピンタレスト)とは、Webサイト上にある画像を集めてブックマークできるWebサービス。2008年にアメリカで生まれ、日本では2014年に電通が「Pinterest(ピンタレスト)」を展開するピンタレスト・ジャパンとの業務提携を発表しました。

最近では、商品の認知拡大やブランディングなど、企業にも幅広く利用されています。

今回は、日本でのビジネスにも役立つPinterest(ピンタレスト)の基本的な使い方と、ビジネスでの活用法を事例とともにまとめました

目次

  1. Pinterest(ピンタレスト)とは
  2. Pinterest(ピンタレスト)とInstagram(インスタグラム)との違いは?
    1. Pinterestではインターネット上の写真を集めるのがメイン
    2. Pinterestは未来を投稿するサービス
    3. 画像に外部リンクをつけられる
    4. 拡散効果がある
  3. Pinterest(ピンタレスト)の登録方法
    1. Pinterestへアクセスする
    2. アカウントの登録方法を選択する
    3. アカウント登録
    4. 5つの興味関心を選択する
    5. 登録完了
  4. Pinterest(ピンタレスト)の基本的な使い方は4つ
    1. Web上の画像や動画をPin(ピン)する
    2. Piterest内の他ユーザーの投稿画像・動画をRepin(リピン)する
    3. 気になった画像・動画にLike(いいね)する
    4. Board(ボード)を作って、気になった画像や動画を保存する
  5. 追加されたメッセージ機能
  6. 参考にしたい企業の活用事例まとめ
    1. H.I.S. Japan
    2. Sony Electronics
    3. UNIQLO
    4. Sony Music
    5. Honda
    6. Sanrio
    7. Nissan
    8. Subaru
    9. ネスレ 日本
    10. Toyota USA
    11. Shiseido USA
    12. Gap JPN
    13. Le Creuset Japon
    14. ローソン(Lawson, Inc.)
    15. Gulliver international
    16. カメラのキタムラ
    17. Hivelocity
    18. コカ・コーラ
    19. Panasonic Corporation
  7. まとめ:Pinterestをビジネス活用してみよう

Pinterest(ピンタレスト)とは

pinterest_login.png
Pinterest(ピンタレスト)とは、自分の好きな写真や画像を自分専用のコルクボードにピン止めして、それをシェアできるサービスです。ボードは「好きな服」「行きたいところ」「景色」など、カテゴリー分けすることができます。

例えば、インターネットを閲覧している最中に好きな画像や動画をお思い通りにピン(ピンタレストのボードに集めること)する、友人や、著名人など、気に入った人やボードを共有することもできます。

おしゃれな人や、流行に敏感な人のボードを見ることも出来るので、じわじわと人気が出ている注目のWebサービスです。

Pinterest(ピンタレスト)とInstagram(インスタグラム)との違いは?

Pinterestと同じように、画像を共有するサービスとして有名なのが「Instagram」。それではPinterestとInstagramの違いはどこにあるのでしょうか。

大きな違いとして、以下の3つが挙げられます。

1.Pinterestではインターネット上の写真を集めるのがメイン

Instagramでは、自分で撮影、加工した写真を投稿するのがメインなのと比べ、Pinterestはインターネット上で見つけた画像をピンするのがメインです。

自分の作品や日常を公開するというよりは、自分の好きな世界観やブランドの画像を周囲の人に知ってもらえるサービスになっています。

2.Pinterestは未来を投稿するサービス

Instagramは自身が食べた食事や購入した服、行った場所など過去の行動を投稿するのに対し、Pinterestは憧れているブランドの画像や作ってみたい料理の写真などをピンするサービスです。「写真を投稿する」の意味では同じですが、過去を投稿するのか、これから体験する未来を投稿するのか、の部分で大きく異なっていると言えるでしょう。

参考:
Pinterestがユーザー増加で再注目、Instagramとのポジションの違いは?

3.画像に外部リンクをつけられる

Instagramでは、画像のテキスト部分にURLを入力して投稿しても、外部リンクとしては機能しません。しかしPinterestでは、ピンした画像に対して外部リンクをつけられます。

Instagramよりも外部サイトへの誘導に向いているサービスだと言えるでしょう。

4.拡散効果がある

Instagramでは、公式アプリ内で他者の投稿をシェアする機能がありません。しかし、Pinterestには「リピン」と言って、他者の投稿を拡散する機能があります。

企業やブランドの情報を拡散したい場合は、Pinterestを活用すると良いでしょう。

Pinterest(ピンタレスト)の登録方法

Pinterestへの登録方法は、以下で可能です。早速やってみましょう。

  1. Pinterestへアクセスする
  2. アカウントの登録方法を選択する
  3. アカウント登録
  4. 5つの興味関心を選択する
  5. 登録完了

1.Pinterestへアクセスする

Pinterest(ピンタレスト)
Pinterest(ピンタレスト)

Pinterestを使うためには、まずサービスサイトへアクセスしなければいけません。下記URLへアクセスしましょう。

2.アカウントの登録方法を選択する

真ん中のエリアからFacebookアカウントもしくはメールアドレスで登録ができます。すでにアカウントを持っている人は、右上のログインを押してください。

今回はメールアドレスで登録を進めます。

3.アカウント登録

Pinterestに登録する
メールアドレスとパスワードを入力して進めると、ユーザー名と年齢、性別を求められます。
性別と年齢は入力しないでも登録が可能です。入力を終えたら「登録」ボタンを押します。

Pinterestに登録するg
登録ボタンを押すと、アプリの紹介ページになります。

ここでは「あとで」を選択します。

4.5つの興味関心を選択する

Pinterestのキャプチャ
5つの興味関心を選ぶと、その情報を元にホームのフィードがカスタマイズされます。

5.登録完了

Pinterestのキャプチャ
ここまで進めると登録は完了です。自分のアカウント名が右上に表示されているはずです。

Pinterestのキャプチャ
ちなみに、画面右下にある「+」ボタンを押すと、プラグインのインストールが促されます。プラグインを使うと簡単にPinすることができるようになります。

Pinterest(ピンタレスト)の基本的な使い方は4つ

登録が完了したら、具体的な使い方を覚えましょう。Pinterestは以下の使い方が基本です。

1. Web上の画像や動画をPin(ピン)する
1. Piterest内の他ユーザーの投稿画像・動画をRepin(リピン)する
1. 気になった画像・動画にLike(いいね)する
1. Board(ボード)を作って、気になった画像や動画を保存する

1.Web上の画像や動画をPin(ピン)する

ピンタレストは、まずPinすることが最初の一歩になります。基本的な動作は「Pin(ピン)」することです。ホームページを閲覧中に気に入った画像や動画を見つけたときに、それを切り抜いて(Pinして)集めるイメージです。

Pinterestの基本的な使い方
Pinterestボタンをブラウザにインストールしている場合は、気になる画像があるページでボタンを押すだけでPinすることが可能です。

Pinterestの基本的な使い方

2.Piterest内の他ユーザーの投稿画像・動画をRepin(リピン)する

Pinと似たようなアクションとして「Repin(リピン)」という動作があります。
FacebookのシェアTwitterのリツイートに近く、他の人(フォロワーなど)がPinした画像を自分のBoard(ボード)に張り付けることができる動作です。

Pinterestの基本的な使い方

赤枠の中に保存ボタンがありますが、これを押すことで他ユーザーのPinでも自分のBoardにRepinすることが可能になります。

3. 気になった画像・動画にLike(いいね)する

PinやRepinが選択したBoardに保存されるのと違い、LikeはLikeページに全て保存されます。便利なお気に入りフォルダのようにイメージすると良いです。
よって、良さそうな画像や動画があればまずはLikeし、Likeページ選んでRepinするような使われ方が多いです。

Pinterestの基本的な使い方
右上にあるハートマークを押すとLikeすることが可能です。

Pinterestの基本的な使い方
Likeした画像や動画はマイページのLikeページに保存されます。ここからRepinすることも可能です。

4.Board(ボード)を作って、気になった画像や動画を保存する

Board(ボード)というのは、お気に入りフォルダをイメージするとわかりやすいです。
例えば、財布というフォルダを作り、そこにお気に入りの財布の画像を放り込んでいくという感じです。

また、Boardは公開・非公開を設定できます。公開されているBoardはフォローもできます。

Boardの作り方は2種類です。

Pinterest17.png
1つ目はPinした画像を保存するときに新しいBoardを作成する方法。

Pinterest18.png
2つ目はマイページから作成する方法。

追加されたメッセージ機能

Pinterestはユーザビリティを損なわない形で、よりユーザー(ピナー)が利用しやすい機能を追加しています。その一つに2014年8月に「メッセージ機能」が追加になりました。

この機能は、ピンした画像をメッセージ付きで同じピナーに送信することができる機能です。気に入った画像を共有する機能は以前からあったのですが、そこに双方の会話を追加できるようになりました。

YoutubeのPinterest公式チャンネルがわかりやすいので、確認してみましょう。

参考にしたい企業の活用事例まとめ

1. H.I.S. Japan

Pinterest_H.I.S. Japan
H.I.S. JapanのPinterest
旅行会社、株式会社エイチ・アイ・エスのアカウントです。
香港、台湾といった国別や、世界の祭り、という風に旅行に関連する写真を様々な分類でボード分けし、掲載しています。

また、旅行関連として世界中のお洒落なトラベルグッズ、可愛いスナップ写真も多数あり、見ているだけで楽しくなるページです。

2.Sony Electronics

Pinterest_Sony Electronics
Sony ElectronicsのPinterest
米国ソニーのアカウントです。
素敵なお部屋にソニー製品を合わせたもの、可愛いカラーで統一した製品写真、ヒップスターな写真ほか、とにかくお洒落な写真が満載です。

一部新商品を紹介するなど広告に近い写真もありますが、全体的にお洒落な雰囲気の写真を集めたページとなっています。

3.UNIQLO

Pinterest_UNIQLO
UNIQLOのPinterest
衣料品メーカー、株式会社ユニクロのアカウントです。
ヒートテック、ウルトラライトダウンといった自社の主力商品を中心にページを作っています。
商品の写真を色・柄ごとに多数掲載しているのが特徴的で、まるでカタログのような見た目です。

4.Sony Music

Pinterest_Sony Music
Sony MusicのPinterest
音楽関連事業を行う、株式会社ソニーミュージックエンターテイメントのアカウントです。
著名なアーティストの写真や、パフォーマンス中の姿を捉えた写真が豊富です。
写真以外に、ミュージックビデオを多数ピンしているのが音楽系企業ならではと言えます。

5.Honda

Pinterest_Honda
hHondaのPinterest
本田技研工業株式会社のアカウントです。
フィット、アコード、オデッセイといった自社製品の画像を中心としたページとなっています。
車種ごとにボードを分け、様々なシーンや風景の中の車を見ることができます。

6.Sanrio

Pinterest_Sanrio
SanrioのPinterest
ハローキティをはじめとした人気キャラクターを多数有する、株式会社サンリオのアカウントです。
自社キャラクターの画像を多数集めたページ構成となっています。
自社の画像がほとんどですが、コレクションのボードではファンのコレクショングッズをピンしています。

7.Nissan

Pinterest_-_7.jpg
NissanのPinterest
自動車メーカー日産USAのアカウントです。
製品ごとのボードは無く、オートショー、カーコレクション、車の細部のクローズアップという風にシーンやジャンルでボードを作っている印象です。

父親向けのギフトアイデアを掲載しているボードでは、Nissanの数々のメンズ向けアイテムを見ることができます。

8.Subaru

Pinterest_-Subaru
SubaruのPinterest
富士重工業の自動車製造部門、Subaruのアカウントです。
ヴィンテージカー、動きのある車の写真をはじめとする魅力的な画像が多いページとなっています。

また、Fan Photosではユーザーの写真を掲載しており、ファンとしてはたまらないコンテンツです。

9.ネスレ 日本

Pinterest_ネスレ 日本
ネスレ 日本のPinterest
ネスカフェ、キットカットといったブランドを展開する、ネスレ日本株式会社のアカウントです。

ブライト、ミロ、ネスカフェといった各ブランドごとのボードがメインで、商品を使ったアイデアレシピ、イメージ写真を沢山見ることができます。
季節とブランドを組み合わせた写真も数多くピンしてあります。

10.Toyota USA

Pinterest_Toyota USA
Toyota USAのPinterest
Toyota USA のアカウントです。
インフォグラフィックやレースシーン、自社が開催しているコンテストの風景ほか多彩な画像が並びます。

製品よりも、企業に関連することを中心に画像を掲載したページとなっています。

11.Shiseido USA

Pinterest_Shiseido USA
Shiseido USAのPinterest
化粧品メーカー資生堂USAのアカウントです。

ボードの作り方が特徴的で、トレンドカラーを集めたボード、ホリデーギフトガイドのボードという風に、ひとつひとつが読み応えのあるコンテンツとなっています。

12.Gap JPN

Pinterest_Gap JPN
Gap JPNのPinterest
衣料品小売店を営むGAP Japanのアカウントです。
自社商品をシーズンごとに分けてボード展開しており、カタログ感覚で写真を見ることができます。

お揃いファッションを集めた「Gapロゴでオソロ!」といったユニークなボードもあります。

13.Le Creuset Japon

Pinterest_Le Creuset Japon
Le Creuset JaponのPinterest
フランス生まれのキッチンウェアブランド、Le Creuset Japonのアカウントです。
シーン別のレシピ、シーズンコレクションを中心に掲載しているほか、製品の使い方を説明した動画も見ることができます。

14.ローソン(Lawson, Inc.)

Pinterest_-_14.jpg
ローソン(Lawson, Inc.)のPinterest
大手コンビニエンスストア、株式会社ローソンのアカウントです。
公式キャラクターのあきこちゃんを通して、様々なショップの商品を紹介しています。

人気商品・ジャンルごとにボードを作り、各写真の説明文でキャンペーンや新商品もさりげなく紹介しています。

15.Gulliver international

Pinterest_-Gulliver international
Gulliver internationalのPinterest
車の販売、買取を行うガリバーのアカウントです。
車専門とは思えないような、海外のお洒落な写真ばかりを集めています。
ファッションコーディネートと車を合わせた様子、カーデコレーション、ドライブ向けのサングラスやシューズの写真が豊富です。

16.カメラのキタムラ

Pinterest_-カメラのキタムラ
カメラのキタムラのPinterest
デジカメ・フォトブック専門店、カメラのキタムラのアカウントです。
公式ブログ内の投稿、新製品、フォトレッスン、カメラ修理の様子、店舗紹介といった充実した内容となっています。
ボードも分かりやすく、まるで1つのホームページのような作りです。

17.Hivelocity

Pinterest_-Hivelocity
HivelocityのPinterest
インバウンドマーケティングアプリ開発を行う、株式会社ハイベロシティのアカウントです。
マネジメントチームの写真がピンしてあったり、オフィス風景を見ることができるユニークなページとなっています。

18.コカ・コーラ

Pinterest cocacola
コカ・コーラのPinterest
飲料メーカー、日本コカ・コーラ株式会社のアカウントです。
コカ・コーラスタイルの様々なアイテム、ポスターを掲載しており、製品そのものの投稿は少ない印象があります。

19.Panasonic Corporation

Pinterest_-Panasonic Corporation
Panasonic CorporationのPinterest
総合電機メーカー、パナソニックのアカウントです。
国際家具見本市「ミラノサローネ」、最新技術が集まる「CES」でのシーンを年度・イベントごとにボードを作ってピンしています。

製品そのものの写真が一切無いのが特徴的です。写真・動画の投稿があり、一つ一つに詳細な説明がついています。

まとめ:Pinterestをビジネス活用してみよう

2014年にはアメリカでTwitterを抜き、SNSからのホームページのアクセスでFacebookに次ぐ第2位にまで流行しています。
日本ではまだまだなイメージがありますが、使いやすい画面構成に直感的にわかる操作性でじわじわとユーザーを増やしているようです。

記事にもあるよう日本企業が利用するケースも増えてきており、使いやすい操作性と明確なコンセプトを打ちだすことで、今後もユーザーの拡大を狙っています。
日本でのユーザーが最大化したとき、「Pinterestってなんですか?」とならないよう、今のうちから準備しマーケティングやビジネスに活用できるよう備えておきましょう。

参考:
メディア・パブ: ピンタレストがツイッターを上回る、Webサイトにもたらすトラフィック
Pinterest、日本のユーザー数が5カ月で1.5倍に 「日本の文化はユニーク」とシルバーマンCEO - ITmedia NEWS

Pinterestについて

Pinterestがマーケティングに活用できる5つの理由

Pinterestがマーケティングに活用できる5つの理由

近年注目されている画像系のサービスに「Pinterest」があります。インスタグラムやflicker、pixivといった画像を投稿するサービスとは違い、「画像を収集する」サービスとしての強みを持っています。また、ビジネス面ではマーケティングにも活用できる可能性が秘められています。今回は、「Pinterest」の概要とマーケティングに活用するべき理由を解説します。

Pinterestを活用しよう!参考にしたい国内アカウント5つ

Pinterestを活用しよう!参考にしたい国内アカウント5つ

近年Pinterestは急成長を遂げており、トラフィックのシェアではFacebookに次ぐ結果を出しています。Yahoo! JAPANやWEARなど、ほかの企業との連携もスタートするなど、企業で活用される例も増えてきています。興味関心を掘り下げていくことができるインターフェースと、気に入ったら購買までできる導線が、特にECサイトを運営している方にとって非常に効果的なプロモーションになることは間違いありません。新しいプロモーション施策を検討しているのであれば、Pinterestを活用を検討してみてもよいのではないでしょうか。今回は、すでにPinterestを活用している企業事例5つを紹介します。