Pinterestは世界で月間ユーザー数が4億3,000万人を超える(2022年4月)ビジュアル検索ツールです。

個人の興味に特化したコンセプトと画像との組合せが、広告としての親和性が高いという面もあり、Pinterestでの広告運用をはじめている企業が増えています。本記事では、Pinterest広告のメリットやはじめ方、効果を出すためのコツ、成功事例などについて解説します。

目次

  1. Pinterest(ピンタレスト)で広告を出稿するメリット
  2. Pinterest広告が向いている商材
  3. Pinterest広告のはじめ方
  4. Pinterest広告の効果を最大化するためのコツ
  5. Pinterest広告の事例
  6. Pinterest広告で売上を伸ばそう

▼Pinterest(ピンタレスト)広告をこれからはじめたい方はこちら

Pinterest広告はじめてガイド

Pinterest広告はじめてガイド

pinterest広告の特性から広告配信設定まで徹底紹介している資料です。

Pinterest(ピンタレスト)で広告を出稿するメリット

Pinterestは、多くの広告媒体としての魅力を併せ持ちます。

ユーザー数が多い

Pinterest日本のユーザー数.png

Pinterestは、世界では4億人超の月間アクティブユーザー数を誇り、日本では870万人以上のアクティブユーザーが存在しています。ユーザーの男女比率を見てみると男性が43%、女性が57%と、女性の利用が14%ほど高くなっています。

購買力のあるユーザーの目に留まりやすい

Pinterestを最も利用している年代は、1980~1995年生まれのミレニアル世代が30%、次いで1996〜2010年生まれのZ世代のユーザーが23%となっています。20代後半から40代という、生活力があり購買力の高い世代、子どものころからネットに親しみ、購買情報をSNSから引き出すZ世代が利用の中心となっていることで、購買力のポテンシャルが高いツールといえるでしょう。

フルファネルに対応した広告を出せる

消費者の商品購買過程を、認知、検討、購入といったプロセスに分けてモデル化したものを「ファネル」と言い、すべてのファネルに対し共通のマーケティング施策を用いて一気通貫でアプローチしていくことを「フルファネル」と言います。Pinterest広告では、商品の認知広告配信から購入の配信施策までできるため、フルファネルに対応した広告施策が可能です。また、画像に外部リンクを貼ることができるため、直接Webサイトへの誘導ができます。

ターゲティングによる効果的な配信ができる

Pinterest広告では、商品情報配信の際に様々なターゲティングを施すことができます。年齢・性別・地域などの属性、興味関心、検索ワードといった、他のSNSと同様のターゲティングのほか、独自の顧客リストに基づくターゲティングや既存顧客の興味・行動に基づくアクトアライクオーディエンスといった、自社オリジナルの顧客情報を使用したターゲティングも可能です。

Pinterestがマーケティングに活用できる5つの理由

Pinterestがマーケティングに活用できる5つの理由

近年注目されている画像系のサービスに「Pinterest」があります。インスタグラムやflicker、pixivといった画像を投稿するサービスとは違い、「画像を収集する」サービスとしての強みを持っています。今回は、「Pinterest」の概要とマーケティングに活用するべき理由を解説します。

Pinterest(ピンタレスト)広告が向いている商材

Pinterestの特徴は、特定の事物に興味関心が強いユーザーが、自身で画像を探索・収集、発信ができることです。興味ある画像を収集(ピン)することで、未来の自分へのアイデアへと昇華します。こうした潜在意識に着目した特徴は、ビジュアルが購買に影響する下記のような商材に向いています。

  • ファッション、化粧品
  • 見た目が特徴的な日用品など
  • 家具、インテリア
  • 住宅、不動産

すぐには購買へと結び付きにくい住宅、不動産、家具といった、検討が必要な商材にもPinterestは相性がよい、稀有なツールといえます。画像をピン(収集)することは、探索した情報の中でもかなり興味が強いことを示します。ピンをしたユーザーに特化してアプローチすることで、意識を顕在化させ、エンゲージメントへと成功する可能性があるのです。

Pinterest(ピンタレスト)広告のはじめ方

Pinterest広告のはじめ方を説明します。Pinterest広告ではPinterestのホームフィードと検索結果、関連するピンに広告を表示させることができます。他のSNS広告などと同じように、キャンペーン広告グループ、広告の設定を行います。

ビジネスアカウントを作成

Pinterest広告を行うには、まずビジネスアカウントを作成します。ビジネスアカウントは新規登録のほか、個人アカウントからビジネスアカウントに切り替える2つの方法があります。具体的なアカウント作成方法やビジネスアカウントの特徴は、「Pinterest(ピンタレスト)とは?使い方と活用法完全マニュアル」を参照してください。

Pinterest(ピンタレスト)とは?使い方と活用法完全マニュアル

Pinterest(ピンタレスト)とは?使い方と活用法完全マニュアル

Pinterest(ピンタレスト)とは、Webサイト上にある画像を集めてブックマークできるWebサービス。商品の認知拡大やブランディングなど、企業にも幅広く利用されています。記事では、ビジネスにも役立つPinterestの基本的な使い方と活用法を事例とともにまとめました。

キャンペーンの設定

Pinterest広告の第一歩は、キャンペーンの設定です。キャンペーンではタイトルと目的を設定する必要があります。目的には、コンバージョン増加や比較検討のフォロワー獲得など、ビジネスのゴールを設定します。目的を設定すると落札価格や広告フォーマットの選択方法などが見えてくるため、成功への方向性が明確になるというメリットがあります。

アドグループの設定

キャンペーンは複数のアドグループから構成されます。広告キャンペーンごとに複数のアドグループを作成し、キャンペーンを成功に結び付けるための施策を設定します。各広告グループには入札価格や予算、ターゲットになるオーディエンスを設定し、具体的な広告内容を決めていきます。

広告の設定

広告の設定は、ターゲットの関心を惹く重要な施策です。特に目立たせたい画像や商品のピンを選択することが重要です。広告には複数のピンを作成し、同じ商品を紹介することもできます。さまざまなピンをテストして、ターゲットにアピールでき、効果的な素材は何か比較してみましょう。

広告配信が開始されると、設定したピンはターゲットのホームフィードや、関連性の高い検索結果に表示されます。定期的に流入状況を確認しましょう。

●クリエイティブの要件

表示されるクリエイティブは、デバイスによって適切なサイズに調整する必要があります。画像ピン、動画ピンそれぞれに要件が違うため、画像や動画を用意する場合は必ずクリエイティブ要件を確認しておきましょう。

クリエイティブ要件について詳しくは、次の資料を参照してください。画像サイズ・画質、効果やワンポイントアドバイスを確認することができます。

▼Pinterest(ピンタレスト)広告のもっと詳しい解説はこちら

Pinterest広告はじめてガイド

Pinterest広告はじめてガイド

pinterest広告の特性から広告配信設定まで徹底紹介している資料です。

Pinterest(ピンタレスト)広告の効果を最大化するためのコツ

マーケティング施策に大きな親和性のあるPinterest広告。その効果を最大限生かすためのコツを紹介します。

ターゲティングの範囲を絞りすぎない

Pinterest 広告では、複数のターゲティング手法があります。一般的には「インタレストとキーワード」、中でも「インタレストでターゲティングを浅めに設定するのがおすすめです。あまり深く項目を設定すると、広告の露出機会を失います。広く浅く広告の露出を図ってから、Pinterestから流入経験のない新規ユーザーへのアプローチを行い、獲得につなげていきましょう。

また、他の広告媒体で行ってきた、細かいターゲティングに終始する必要はありません。重要なことは、ターゲティングの範囲を絞りすぎたりターゲティングの検討に時間を多く割いたりすることより、ターゲットに響くクリエイティブの改善に重点を置きましょう

アナリティクスによる分析・改善を行う

広告配信を行ったら、必ず分析・効果を確認し、PDCAを回していきます。Pinterest 広告の配信結果は、Googleアナリティクスでチェックすることができます。インプレッション数、クリック数、コンバージョン数をはじめ、ピンの保存数などPinterestにおけるクリエイティブの反響を確認することができます。

配信方法に合ったクリエイティブを作成する

Pinterest 広告では、以下のように7種類の広告配信方法があります。それぞれ、効果的な配信方法とクリエイティブの関係は以下のようになります。

  • 画像ピンと広告
  • スタンダード動画ピンとスタンダード動画アド
  • ワイド動画アド
  • カルーセルピンとカルーセルアド
  • ショッピングアド
  • コレクションピンとコレクションアド
  • アイデアピンとアイデアアド

ビジュアル探索に特化したPinterestでは、どんなクリエイティブがターゲットにささるのかを理解し、適切なクリエイティブを設定することが大変重要です。Pinterestでは、キャンペーンの目的により適したクリエイティブフォーマットを、以下のように示しています。

キャンペーンの目的 クリエイティブフォーマット
ブランド認知度 画像(デフォルト設定)
カルーセル
動画
ワイド動画
コレクション
動画視聴回数 動画
ワイド動画
比較検討 画像(デフォルト設定)
カルーセル
動画
コレクション
コンバージョン 画像(デフォルト設定)
カルーセル
動画
コレクション
カタログ販売 ショッピング
コレクション

Pinterest(ピンタレスト)広告の事例

実際にPinterest広告を運用し、成果を出している企業の例を見てみましょう。

販売実績が9ヶ月で3倍増加した事例(Floor & Decor)

image3.jpg

アメリカのフローリング材料小売ブランド・Floor & Decor は、リフォームを検討中のユーザーとの関係性を構築するため、Pinterest との提携を企画。リフォームを計画中の Pinterest ユーザーにリーチし、売上アップ貢献を計るため 、Pinterest でのキャンペーンを立ち上げました。 ターゲットは、「家のリフォームのアイデアを探すために活用するプラットフォーム」というPinterest に対するイメージを持つユーザーです。テストと検証を重ね、自社ブランドにとって最も効果のある Pinterest 施策は何かを学び、キャンペーンの販売実績を 9 か月で 3 倍アップさせることに成功しました。

参考:Floor & Decor (flooranddecor) | Official Pinterest account成功事例 Floor & Decor | Pinterest Business

商品認知度が5%、購入意向が2.2%向上した事例(Veuve Clicquot)

image4.jpg

1772 年創業のフランスのシャンパンメーカー、Veuve Clicquot(ヴーヴ・クリコ) は伝統と卓越性を体現するブランドとして、世界に名だたる素晴らしいシャンパンを生み出しています。シャンパンの購入が増えるクリスマス直前に、 核となるターゲットオーディエンスの関心を集め、Pinterest で優れた成果を達成しました。施策方法としては、 Pinterestのクリエイティブで ブランド認知度と購入意向を高めるコンテンツを制作し、顧客のアイデアを提案することに成功。購入意向を 2.2% 向上させました。また、キャンペーンの CPM は、競争の激しいホリデーシーズンに展開した Veuve Clicquot の他の広告に比べて、 39% 低くなりました。

参考:Veuve Clicquot official (veuveclicquot) - Profile | Pinterest成功事例 Veuve Clicquot | Pinterest Business

Pinterest(ピンタレスト)広告で売上を伸ばそう

Pinterest広告はユーザー自身が興味ある画像を探索、ボード上で整理し未来の自分の生活にアイデアとして生かしていくことを目的としたツールです。個人の興味に特化するというコンセプトと画像との組合せが広告として親和性が高いことから広告運用をはじめる企業が増えています。

日本国内のユーザーが870万人、購買力の高い層の利用率が高く、広告施策としての運用もしやすいためビジュアル訴求の強いファッション、化粧品、インテリアをはじめ、住宅や不動産にも商機があります。Pinterest広告を成功させるコツはターゲティングを絞り込みすぎないこと、配信方法に沿ったクリエイティブを作り上げることです。クリエイティブ戦略は潜在層へのマーケティング、ビジュアル選定と幅広い知識を擁すことも多く、専門企業にサポート依頼すると効果的です。Pinterest広告を導入して、新しい顧客を取り込み、売上を伸ばしていきましょう。

▼Pinterest(ピンタレスト)広告をこれからはじめたい方はこちら

Pinterest広告はじめてガイド

Pinterest広告はじめてガイド

pinterest広告の特性から広告配信設定まで徹底紹介している資料です。