成長産業支援事業を推進するフォースタートアップス株式会社が2019年1〜10月の国内スタートアップ資金調達金額ランキングを発表した。2位にPaidy、10位にAIメディカルサービスなど、新規で4社がランクインしている。

Paidyが国内フィンテック関連で過去最大の156億円を調達

image1-min-2.png出典:STARTUP DB

後払い決済サービス「Paidy」を運営するPaidyが、10月に2度資金調達を実施。合計156億円を調達した。この資金調達は国内フィンテック関連スタートアップとして過去最大の金額となった。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

ディープテック領域3社が新規で資金調達

新規で資金調達をし、ランクインしたAIメディアカルサービス、LeapMind、ビットキー。共通点はディープテック領域のスタートアップという点である。

金額は、AIメディカルサービスが46億円、LeapMindが35億円、ビットキーが34億円。

*詳しくはこちらをご覧ください
国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2019年1〜10月)