ユーザー購入している美容商材や美容・身だしなみに関する価値観からは、自社商品・サービスの購入意欲を高める要素が見えてきます。

しかし、美容・身だしなみの意識は人それぞれのため、単なるアンケート調査では本当に知りたい情報を入手できません。

そこで活用したいのが、アンケートの調査結果から女性を複数のクラスターに分類し、美容・身だしなみの意識や購入している美容商材、情報収集の方法などを分析した調査です。

ここでは、PDF資料「美容クラスター調査結果レポート(女性編)」のうち一部を抜粋し、ご紹介します。

女性向け美容に関するクラスター調査結果レポート

女性向け美容に関するクラスター調査結果レポート

VALUESが自主調査した美容クラスター調査(女性編)の結果についてご紹介致します。美容・身だしなみに関するインサイト把握や商材購入傾向の把握に役立つ資料となっています。

目次

  1. クラスター分析とは
  2. クラスター分析の必要性
  3. 女性の美容クラスター分析
  4. 年齢と美容投資意識における情報収集媒体の違い
  5. 年齢と美容意識の相関
  6. 美容クラスター分析でターゲットを的確に定めよう

クラスター分析とは

クラスター分析とは、母集団から似た性質のものを集めてグループに分け、それぞれの意識や特性、行動などを分析する方法です。マーケティングにおいては、ターゲット戦略を立案する際に用います。

クラスター分析の必要性

クラスター分析は、ターゲットが本当に求めていることを分析するための手法です。例えば、今回のクラスター調査では、女性の美容や身だしなみへの意識のアンケート調査を実施し、共通要素としての因子を抽出しています。

その因子を用いてアンケートの対象者を分類することで、各クラスターの位置関係を全体的な視点から見渡せるようになります。

各クラスターの美容や身だしなみへの意識、購入している商材・サービス、オンライン行動、閲覧メディアなどもわかるため、競合を意識した商品・サービス開発に役立ちます。

女性の美容クラスター分析

image1.jpg

国内外の市場分析サービスを提供する「株式会社ヴァリューズ」は、全国の9,024人を対象に美容商材の購入や美容・身だしなみに関する価値観を調査し、クラスター分析を行いました。その調査結果の中から、クラスターの種類とその美容意識や購入商品などを抜粋し、ご紹介します。

各クラスターの美容意識や商品選び、閲覧メディアなどのより詳しい分析結果を今すぐに確認したい方は、以下のリンクからPDF資料をダウンロードしてください。

【無料配布中】各女性クラスターの詳しい分析結果はこちら

【無料配布中】各女性クラスターの詳しい分析結果はこちら

VALUESが自主調査した美容クラスター調査(女性編)の結果についてご紹介致します。美容・身だしなみに関するインサイト把握や商材購入傾向の把握に役立つ資料となっています。

自然体クールクラスター

VALUES_螂ウ諤ァ鄒主ョケ繧ッ繝ゥ繧ケ繧ソ繝シ隱ソ譟サ_page-0007.jpg
自然体クールクラスターは、コスパ志向でクールな魅力づくりを追求する最小年クラスターです。美容意識は全体的に低めでありつつも、ボディメイクには興味があります。

メイクアップ用品の購入率が低く、ドラッグストアで購入する人が多いことが特徴です。また、店頭またはWeb検索で美容商品を選んでおり、それほど時間をかけません。

日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイトである@cosmeを見るときは、プチプラブランド中心にチェックし、ボディケアアイテムも重点的に閲覧します。美容アイテムの1年以内の購入率は次のとおりです。

購入品 1年以内購入率
ベースメイク用品 51.5%
アイメイク用品 38.8%
リップメイク用品 23.9%
スキンケア用品 72.9%
ボディケア用品 50.0%
体臭・汗ケア用品 39.1%
ヘアケア用品 75.4%
ヘアスタイリング用品 34.9%
オーラルケア用品 54.9%
ホワイトニング用品 17.2%
美容家電 3.4%
ダイエット用品 13.8%

あざとモテクラスター

VALUES_螂ウ諤ァ鄒主ョケ繧ッ繝ゥ繧ケ繧ソ繝シ隱ソ譟サ_page-0012.jpg
あざとモテクラスターは、他人からどう見られるのかを強く意識しており、モテ志向が強い特徴があります。

アイメイクなどのメイクアップ商品を重点的に購入し、自分に合うかどうかを重視しています。主な情報収集の方法は、美容誌やファッション誌、Instagramなどです。また、婚活サービスを利用している傾向もあります。

@cosmeでは、デパコスブランドを閲覧する人が多く、コフレ・キットを閲覧している人もやや多いことが特徴です。美容アイテムの1年以内の購入率は次のとおりです。

購入品 1年以内購入率
ベースメイク用品 63.3%
アイメイク用品 50.3%
リップメイク用品 32.3%
スキンケア用品 72.4%
ボディケア用品 53.9%
体臭・汗ケア用品 36.5%
ヘアケア用品 74.8%
ヘアスタイリング用品 38.2%
オーラルケア用品 47.8%
ホワイトニング用品 20.7%
美容家電 5.8%
ダイエット用品 17.1%

お手軽コンサバクラスター

VALUES_螂ウ諤ァ鄒主ョケ繧ッ繝ゥ繧ケ繧ソ繝シ隱ソ譟サ_page-0017.jpg

お手軽コンサバクラスターは、美容意識が低く時短志向です。「優しい・かわいい」イメージを目指しつつ、スキンケアやヘアケアのベーシックなアイテムを使用しています。

また、スーパーでの購入者が多く、店頭・Web検索ともに商品選びに時間をかけません。ママ率が高いことも特徴です。

@cosmeではデパコスブランドの他、衛生用品やドリンクなども閲覧しています。美容アイテムの1年以内の購入率は次のとおりです。

購入品 1年以内購入率
ベースメイク用品 60.7%
アイメイク用品 42.5%
リップメイク用品 26.2%
スキンケア用品 76.1%
ボディケア用品 55.1%
体臭・汗ケア用品 37.7%
ヘアケア用品 76.8%
ヘアスタイリング用品 35.7%
オーラルケア用品 57.6%
ホワイトニング用品 18.4%
美容家電 3.4%
ダイエット用品 12.5%

美容エキスパートクラスター

VALUES_螂ウ諤ァ鄒主ョケ繧ッ繝ゥ繧ケ繧ソ繝シ隱ソ譟サ_page-0022.jpg

美容エキスパートクラスターは、美容や身だしなみを自己表現の方法と捉え、美容に十分な金額をかけて楽しみます。購入商品はアイメイク用品が多く、仕上がりや質感を重視しています。

情報収集先はメーカー公式サイトが多く、アパレル公式サービスの利用者数が多いことも特徴です。

@cosmeでは、リップケア、アイケア、頭皮ケアといったポイントケアを中心に閲覧しています。美容アイテムの1年以内の購入率は次のとおりです。

購入品 1年以内購入率
ベースメイク用品 69.7%
アイメイク用品 56.3%
リップメイク用品 35.9%
スキンケア用品 79.2%
ボディケア用品 59.8%
体臭・汗ケア用品 40.6%
ヘアケア用品 81.2%
ヘアスタイリング用品 44.3%
オーラルケア用品 59.6%
ホワイトニング用品 22.6%
美容家電 7.5%
ダイエット用品 17.8%

すっぴんクラスター

VALUES_螂ウ諤ァ鄒主ョケ繧ッ繝ゥ繧ケ繧ソ繝シ隱ソ譟サ_page-0027.jpg

すっぴんクラスターは、全体的に美容意識が低く、最低限の身だしなみが整っていれば良いとの考え方の人が中心です。過半数がヘアケア・スキンケア用品のみ使用しており、主な購入先はドラッグストアです。

また、商品の認知から購入までが店頭で完結しており、Web検索は使用していないと推測されています。

@cosmeでは、メイクアップ・スキンケア共にプチプラの閲覧が多めです。美容アイテムの1年以内の購入率は次のとおりです。

購入品 1年以内購入率
ベースメイク用品 36.2%
アイメイク用品 19.6%
リップメイク用品 13.1%
スキンケア用品 51.8%
ボディケア用品 31.3%
体臭・汗ケア用品 26.7%
ヘアケア用品 58.9%
ヘアスタイリング用品 18.0%
オーラルケア用品 37.6%
ホワイトニング用品 11.4%
美容家電 1.2%
ダイエット用品 5.4%

年齢と美容投資意識における情報収集媒体の違い

image3.jpg

これは、年齢や美容にかけている金額を軸に、情報収集媒体の違いを調べた図です。美容費月1万円以上を占める割合が30%前後、20代・30代の比率が40%前後の群は、インターネット検索結果やAmazon、楽天市場、メーカー公式サイト、周囲の口コミなどが主な情報収集媒体です。

一方、同程度の美容投資率で、20代・30代の比率が60%前後の群は、@cosmeやYouTubeなどで情報収集をしている傾向にあります。

年齢と美容意識の相関

image2.jpg

美容意識は年齢と相関があります。「クール・かっこいい」志向は27歳までがピーク、モテ意識は28歳頃がピークです。このように、どの美容意識にも年齢別の曲がり角があることがわかります。

また、「好きな見た目の自分になりたい」意識は、28歳前後でピークを迎え、40歳頃から下降し始めます。

美容クラスター分析でターゲットを的確に定めよう

激戦の美容業界では、競合の商品・サービスにはない魅力的な要素を取り入れるために、ターゲットをより詳細に分析することが求められています。

購入意欲を高める方法や競合商品などを把握することで、ターゲットにとって魅力的な商品・サービスの開発に繋がるでしょう。

今回、紹介した各クラスターの特徴だけではなく、美容意識や購入商品、閲覧メディア、オンライン行動の詳しい回答内容までチェックし、自社商品・サービスの開発に役立てたい方は、ぜひ以下のPDF資料をダウンロードして確認してみてください。

美容意識や購入商品、閲覧メディア、オンライン行動の詳しい回答内容をチェック!

美容意識や購入商品、閲覧メディア、オンライン行動の詳しい回答内容をチェック!

VALUESが自主調査した美容クラスター調査(女性編)の結果についてご紹介致します。美容・身だしなみに関するインサイト把握や商材購入傾向の把握に役立つ資料となっています。