2019年6月にFacebookが発表したことで話題を呼んだ仮想通貨「リブラ(Libra)」。「金融包摂」(Financial Inclusion)を目的として掲げているLibraは一体どのような仮想通貨なのでしょうか。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

仮想通貨ブームに乗り遅れた方や金融資産に興味がある方でも遅くありません。世界共通の通貨として普及する可能性を秘めているLibraの概要を今のうちに理解して、未来のお金を先取りする準備を整えておきましょう。

Facebookの仮想通貨リブラ(Libra)とは?

Libraとは、世界最大級のSNSサービスを展開しているFacebook社が発行する仮想通貨の名称です。仮想通貨、と聞くとビットコインを思い浮かべる方も少なくないでしょう。2010年に初めて通貨としての価値を持ったビットコインは、その後じわじわと話題を呼び、仮想通貨の代名詞としての座を手に入れました。

ビットコイン価格が暴落してから、仮想通貨のブームは去ったかのように思われましたが、2019年の6月にFacebookを中心とした20数社を創設メンバーとする合弁会社リブラ協会がLibraの全容を発表したことから再熱の兆しを見せています。2020年にはテストネット版からメインネット版へ移行することが発表されているため、Libraの動きに興味を持つ個人や団体は動向に注目しているのです。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

各業界から名だたる企業がLibra協会の創設メンバーに参加していることも話題を呼んでいる理由の1つでしょう。

そんな新しい仮想通貨Libraの特徴は、以下の点にあります。

  • 価格変動が起きにくい
  • シンプルで国境のないグローバルな通貨と金融インフラの構築」を目指している
  • 世界中の人が金融サービスを受けられるようにすることを目的としている

これらを踏まえて、より詳しくLibraの実態に迫っていきましょう。