新型コロナウイルスにより、今までオフラインで経営していたスモールビジネスは、とても厳しい状況に置かれています。とはいえ予算や知識不足の関係で、スモールビジネスの経営者がすぐにオンラインを活用するのは難しいのが現状です。

そこでFacebookは、2020年6月16日に日本国内で「Facebookショップ」を提供開始しました。本記事ではFacebookの概要や既存ECサイトとの違いを紹介します。

Facebook(フェイスブック)ショップとは

Facebookショップは、無料でオンラインショップを作成できるサービスです。

自社の商品からコレクション(カタログ)を作成したり、ショップの色を変更して自社のブランドイメージを表現したりなど、Facebook上に魅力的なショップを作成できます。(※Facebook社による審査があります)

消費者はFacebookページの他にInstagramのビジネスプロフィール、ストーリーズ、広告などからFacebookショップにアクセス可能です。欲しい商品があった場合、企業の外部サイト(ECサイトやホームページ等)にアクセスし、商品を購入できます。

参考:
Facebookショップを国内で提供開始、中小ビジネスのオンライン事業をサポート

Facebook(フェイスブック)ショップの特徴

image1.jpg
画像引用元:Facebookショップを国内で提供開始、中小ビジネスのオンライン事業をサポート - Facebookについて

Facebookショップはただ商品を並べて紹介するだけのサービスではありません。大手のFacebookだからこそ実現できる“顧客とのつながり方”があるのです。

Facebookショップの特徴を紹介します。

参考:
Facebookショップ(Facebook Shops)の日本国内提供開始~Facebook上にオンラインストアを無料開設

ショップ作成から販売まで手数料無料

Facebookショップでは大企業からスモールビジネス、スタートアップまで、どんな規模・形のビジネスでも利用できるよう、ショップ作成から販売まですべての手数料が
無料です。(2020年7月現在)

Facebookショップで商品のコレクションを作成したり、利用者はお気に入りの商品を保存したりできますが、現在はFacebookに決済機能がないため注文と決済は企業の外部サイトで行います。そのため出品手数料・販売手数料といったものはかかりません。

Instagram(インスタグラム)などのファミリーアプリとの連携

Facebookショップは、Facebookアプリはもちろん、InstagramやMessengerなどのファミリーアプリと連携して利用できます。

従来のFacebookページショップやInstagramショッピング機能を利用していたビジネスは、自動的にFacebookショップへ移行。バラバラになっていたショップサービスをまとめられるようになりました。Facebookショップを作成後、Instagramのビジネスプロフィールからリンクしたり、広告を運用したりすることで、連携のメリットを享受できます。

さらに2020年夏には、米国からInstagramの発見タブに「Instagramショップ」という機能を導入予定。さらにFacebook・Instagramの両方でライブショッピング機能も実装予定で、シームレスなショッピングサービスが展開されていきます。

企業と消費者が直接コミュニケーションをとれる

Facebookショップの最大の魅力とも言えるのが、WhatsAppやMessenger、Instagramダイレクトを活用して、企業と消費者が直接コミュニケーションをとれる点です。

消費者は商品に対して疑問点があればMessenger等から質問したり、配達を追跡したりなどのサポートを受けられます。実店舗で店員に声をかけるのと同様ですが、対面や電話とは違いメッセージでのやり取りになるため、店員と話すのが苦手な消費者も気軽にメッセージを送れるでしょう。

現代は対面での接客が控えられる中、オンラインで対面と同等かそれ以上のサービスを提供できるというのはビジネスの強みになります。

将来的にはチャットからショップを見て商品を購入できるような機能の実装も予定されています。