ビジネスパーソンが使うSNSはさまざまですが、なかでもFacebook利用者は多いと言えます。Facebookメッセンジャーを使うことで、1対1のやりとりを円滑に行うことが可能です。しかし対応する数が増えてきてしまうと、特に企業アカウントなどは非常に手間がかかってしまいます。

そこで導入してほしいのが、「チャットボット」です。自動返信ツールを使うことで、効率的なやり取りを進められます。手作業で行っていた返信を、自動化することによって得られる生産性は計り知れません。本記事ではFacebookのチャットボットについて、導入事例も交えながら紹介していきます。

Facebook(フェイスブック)チャットボットとは

Facebookチャットボットは、Facebookメッセンジャーを自動化できるツールです。通常メッセンジャーアプリは1対1のやり取りに特化した機能であるため、返信は全て手作業で行わなければなりません。しかし、企業アカウントの問い合わせ先として利用する場合、1つ1つ手作業で返信をするのは非効率的。そこで役立つのがチャットボットです。

チャットボットを上手に活用することによって、自動的にユーザーからの問い合わせに対応したり、広告を自動的に拡散したりなどのマーケティングを効率化できます。不要な手間を省くことが可能となり、ユーザーは欲しい情報を入手できるツールなのです。

Facebook(フェイスブック)チャットボットを利用するメリット

では、チャットボットを利用するメリットはどこにあるのでしょうか。便利で効率的であるといっても、具体的にどのような部分でマーケティングを円滑に進めてくれるのかはわかりにくいもの。本項ではより詳しくチャットボットについて理解してもらうため、メリットを3つ紹介します。

自動化によって円滑にコミュニケーションがとれる

チャットボットを使うことで、大幅にコミュニケーションコストを下げることができます。自動返信がプログラミングされていることから、自動で求められた情報を引き出す仕組みができているのです。問い合わせの大部分を占めていた内容を自動で対応できるので、生産性は確実に上がります。

これまで手作業や電話対応で追われていた時間は、別の業務に当てることができ、業績アップにも繋がります。煩わしい作業を削減してくれるチャットボットは、業務の効率化に大きく貢献してくれるツールです。

サービスを活用して効率的にマーケティング可能

チャットボットは目的に合ったサービスを選択することで、効果的なマーケティングを可能にします。ユーザーの登録情報を素早く入手できる機能や、マーケティングに必要なさまざまな要素についても考慮されているサービスばかりです。
参考:ChatBook

集客を目的として最適化されているので、Facebook広告からシームレスに成約まで誘導できます。見込み客を効率的に取り込みつつ、これまでに広告にかけていた費用を削減することも可能です。導入する際は目的に合ったサービスを探してみてください。

ユーザーが気軽に問い合わせできる

チャットボットを導入しないで対応すると、1つのメッセージに対して手作業での応答が求められていました。問い合わせ件数が増えれば増えるほど業務の労力は大きくなり、次第に返信するスピードが、問い合わせが入るスピードに抜かされてしまいます。また電話での問い合わせをするとなっても、繋がらないなどの障壁がユーザーの心を成約から遠ざけていくのです。

チャットボットを利用すれば、自動での応答が可能。手に入れたい情報を迅速に手に入れることができます。これはユーザーが企業のサービスに対して、興味を持っている状態を持続させる効果を見込めます。自動化によってより顧客ファーストな集客を実現できるのです。