Facebookは、広告の配信やFacebookページによるファンづくりなど、マーケティングに有効なSNSとして多くの企業に活用されています。組織でFacebookを利用する場合、運用体制の構築が重要になります。Facebookにはビジネスマネージャというツールがあり、複数の広告アカウントや複数の人によるFacebookを使ったマーケティング活動が円滑に進められます。

今回は、Facebookのビジネスマネージャにスポットをあてて、アカウントの作成や使用方法まで幅広く紹介します。Facebookをビジネスに活用したいと考えている企業の方はぜひ参考にしてください。

ビジネスマネージャとは何か?

Facebookのビジネスマネージャとは、Facebook広告の作成や管理をチームで共有しながら進められるツールです。複数の広告アカウントを持っている場合でもビジネスマネージャで一括管理でき、都度ログインをする手間がかかりません。

特に広告代理店では、クライアント各社の広告をビジネスマネージャから操作できることで、効率的な広告運用を実現できるでしょう。また、管理者は、アクセス権限を設定して、人員体制を管理しながら広告展開を進められるので安心です。ビジネスマネージャは、ビジネス規模に関係なく、誰でも使用できるツールですので、積極的に利用しましょう。

ビジネスマネージャのメリット

ビジネスマネージャには広告代理店や大きな組織による運用に役立つ機能が搭載されています。ビジネスマネージャを利用するとどのようなメリットが得られるのか確認しましょう。

広告の管理にかかる時間や手間を軽減できる

ビジネスマネージャを使えば、複数の広告アカウントを一元管理できます。広告アカウントごとにログインしなおす必要がないので、手間がかかりません。Facebookページの作成をビジネスマネージャ上からすぐに実施し、担当スタッフの追加もすぐにできます。支払いに関する情報も簡単に登録できるので、広告スタートから支払いまでの一連の流れの管理が可能です。

セキュアな管理が可能になる

アクセス権を保有する管理者が、しばらくアクティブにならない場合の確認や二段階認証の利用など、アカウントを安全に利用できる機能が搭載されています。セキュリティ上、気をつけなければいけないことがあっても、アラートを表示して知らせてくれるので、見落とさずに済みます。

プライベートとビジネスを明確に分けられる

ビジネスマネージャを利用すれば、個人アカウントをビジネスに使用することがなくなり、完全に個人でのFacebook利用とビジネスを使い分けることが可能になります。個人アカウントと完全に切り離すことで、安心して利用できます。自分の個人アカウントについては、一緒にビジネスマネージャを利用する人に情報を知られることはありません。不要な人と個人アカウントで友達になる必要もないのです。

アクセス権限の設定により作業人員を管理できる

ビジネスマネージャの利用者ごとに、権限を設定できるので、利用者はそれぞれに設定された役割の範囲で利用できます。自社のアカウントを他に渡さずに、必要な権限のみを外部パートナーに与えて操作することが可能です。必要がなくなればアクセス権限をはずすだけの作業で済むので、スムーズに対応できます。

ビジネスマネージャのアカウントを作成する方法

ビジネスマネージャのアカウントを作成してみましょう。アカウントの作成には、Facebookの個人アカウントが必要です。もし、Facebookのアカウントを持っていない場合は事前に作成してください。

(1)ビジネスマネージャにアクセスして、「アカウント作成」をクリックします。

image19.png

(2)アカウントの名前を設定します。自分の名前は姓と名の間に半角スペースを入れてください。仕事用メールアドレスを入力して右下の「次へ」をクリックします。

b.png

(3)ビジネスの詳細を設定します。会社の住所やWebサイトの情報などを設定し「送信」をクリックして完了です。

c.png