「コピーライティング」は、単に商品を売るための言葉を並べるのではなく、人間の心理を深く理解することも必要なため、誰でも簡単にできるものではありません。そこで本記事では、コピーライティングとは何か、という基礎からコピーライティングの押さえておくべき2つのポイントを紹介します。

コピーライティングとは?

コピーライティングとは、言葉で読者をある行動(購買意欲など)に駆りたてる広告文または、その技術のことを指します。その本質は、人間の心理的な部分に語りかけ、知らないうちに購入ボタンを押している、という状況を作り出すことです。

「この記事、広告っぽいな」と思われてしまっては、コピーライティングの本来の力を発揮することはできません。ターゲットのニーズや人間心理を理解し、文章でうまく導線を作り、広告の目的を達成するためのコピーを作る必要があるのです。

では、どうすればコピーライティングのスキルが上達するのでしょうか。読者はロボットではないので、心理学を学んで得た知識をコピーに当てはめるだけでは、読者に深く刺さりません。必要なのは、一言で相手が振り向くような言葉を考える力です。

例えば、「今眠る者は夢を見る。今勉強する者は夢を叶える」というコピーをご存知でしょうか。

この言葉は、アメリカのハーバード大学の図書館に書かれた落書きとして有名です。「眠たくても頑張って勉強した者は夢が叶う」という意味で、「夢を叶えたい人が、睡魔に襲われて眠ってしまいそうな時に踏ん張らせてくれる言葉」でもあります。

このようにコピーライティングとは、人間の心理に語りかけ、自発的に行動したいという気持ちを沸き起こすものなのです。

コピーライティングで押さえるべき2つのポイント

ターゲットを明確にする

ターゲットとは読者のことで、「この記事はどんな人が読んでくれるのか、どんな人に読んで欲しいか」を明確にする必要があります。

ここを明確にしておかないと、誰に向けて書かれたコピーか理解されず、誰の心にも響かないものが出来上がってしまいます。

そうならないためにも、まずはリサーチを入念に行い、ターゲットを明確にするところから始めましょう。

キャッチコピーで読者を惹きつける

キャッチコピーは言わば、「お店の玄関口」。草木が生え、どこから入るのか分かりづらい玄関口よりも、どこが入り口なのかがはっきり分かりやすく整備されていれば、お客様は入店しやすいです。

コピーライティングも同様に、キャッチコピーを入念に作り込んでおかなければ、読者が読み進めてくれることはありません。

まずはキャッチコピーで読者を惹きつける一文を作りましょう。時間を気にせず、いいものを作ることに集中してみましょう。

コピーライティングの注意点とは?

コピーライティングの注意点は、過剰に煽る文章または、ただ過剰なだけで内容のない文章を書かないことです。

コンバージョンのために、読者をいたずらに煽ることは、結果的に読者離れに繋がります。過剰に煽る文章ではなく、問題点を提示した上で解決策を提案しましょう。ポイントは読者に寄り添うことです。

コピーライティングの事例

たった一文でも人の心を動かすことのできるコピーライティング。以下に、有名なキャッチコピーをまとめました。

「カラダにピース」byカルピス

「ひとの、ときを、想う。」by日本たばこ産業株式会社

「ココロも満タンに、コスモ石油」byコスモ石油

「すべては、お客様の「うまい」のために」byアサヒビール

「お口の恋人」byロッテ

「ピッカピッカの一年生」by小学館

「I'm lovin' it.」byマクドナルド

「目のつけどころがシャープでしょ」byシャープ

「お、ねだん以上。ニトリ」byニトリ

「生きろ」byもののけ姫

「お正月を写そう」by富士フィルム

「100人乗っても大丈夫」byイナバ物置

「駅前留学」byNOVA

「インテル、入ってる?」byインテル

「水と生きる」byサントリー