Zoomとの違い

よく知られたビデオ会議システムにZoomがあります。Google MeetとZoomは何が違うのでしょうか?

まずセキュリティについてですが、現状ではZoomのセキュリティに脆弱性問題があるようです。Google MeetはGoogleが所有するサーバーを使用しているため、より安全性の高いビデオ会議が開けるでしょう。

手軽さでいえば、アカウント登録なしでも会議に参加できるZoomの方がお手軽だといえます。バーチャル背景や画面のリモート操作などの機能面においても、Zoomの方が豊富です。

ただ、Google Meetは需要の高まりに合わせてどんどんアップデートされています。以前はなかった参加者のタイル表示やスポットライト機能などもアップデートにより追加されました。

手軽に使うならZoom、セキュリティ重視や今後のアップデートに期待するならGoogle Meetを選ぶといいでしょう。

知っておくと便利な機能

Google Meetにはただビデオ会議を行う機能だけでなく、ビデオ会議中にあると便利な機能も備わっています。ここでは、知っておくと便利な機能をご紹介しましょう。

画面共有機能

あると何かと便利な画面共有機能ですが、Google Meetにも備わっています。自分のPCに映し出されている画面をビデオ会議の参加者に共有できる機能で、画面を見せながらの会議に効果的です。

image11.png

ビデオ会議中の右下に「画面を共有」ボタンがあるので、クリックをして画面共有機能を使いましょう。

字幕表示

Google Meet特有のユニークな機能として、字幕表示機能があります。これはビデオ会議の参加者の声を広い、画面に字幕として表示する機能です。

会議画面の「・・・」をクリックすると、機能一覧が表示されます。「字幕」をタップして、字幕表示をオンにしましょう。

現在、字幕表示機能は英語でしか利用できません。日本語の会議では使えない機能ですが、英語での会議、海外支部との会議などではぜひ利用してみてください。

ホワイトボード

ホワイトボード機能もGoogle Meet特有の機能です。ビデオ会議中にある「Google Jamboard」を開ける機能で、まるでホワイトボードのように文字や図を書いたり、画像を貼り付けたりできます。

使い方はビデオ会議で「・・・」をクリックして開き、「ホワイトボード」をクリックするだけ。

参加者はJamboardを閲覧できるので、会議内容をまとめる、ブレインストーミングに利用するなど、リアルの会議に近い使い方ができます。

Googleカレンダーの添付ファイル表示

さらにGoogle Meetでは、Googleカレンダーに添付したファイルをビデオ会議中に各自確認することができます。

image6.png

ビデオ会議中に「ミーティングの詳細」を開くと、「添付ファイル」のタブがあります。そこをクリックして、Googleカレンダーの添付ファイルを確認しましょう。

例えば会議をGoogleカレンダーで予約したときに、使用する予定の資料も一緒にカレンダーに添付しておきます。Google Meetでこの機能を使えば、必要な資料をフォルダから探す手間も省けて便利です。