コロナ禍の影響もあり、あらゆる業界でオンライン化が加速しました。オンラインミーティングやオンライン展示会、オンラインレッスン、オンライン接客などのコミュニケーションが浸透し、新しい時代の接客・営業方法として注目されています。

特に高単価の商材を販売する住宅、ブライダル、教育、Webサービス、車、保険などの企業では、対面接客と同様にしっかり商品の魅力を説明できるオンライン接客を導入する企業が急速に増えています。

今回はオンライン接客を検討・実施している企業に向けて、オンライン接客のメリットと成約率を上げる方法を解説します。

オンライン接客のメリット

オンライン接客とはオンライン上でビデオツールを使って接客することで、「リモート接客」「Web接客」とも呼ばれます。そんなオンライン接客には様々なメリットがあります。

001.png

1. いつでもどこでも営業できる

オンライン接客なら場所や時間に縛られず、在宅勤務でも接客をおこなうことができます。東京にいながら北海道や沖縄、さらには海外のお客様に接客することも可能です。同様にお客様にとっても利便性があがり商談へのハードルが下がります。

また、いつでもどこでも営業できる点は営業担当者の業務効率化にもつながります。移動時間が短縮できますし、画面共有でさまざまな資料を見せながら説明できるので資料を持ち運ぶ必要がなく、出先で該当の資料がなく説明できないといったリスクもありません。効率的な営業活動が可能になるでしょう。

2. 関心の高いお客様にすぐアプローチできる

ホームページではお客様にサービス・商品の情報ページをみてもらい、関心をもった方にまず資料請求やお問い合わせを促すという方法が一般的ですが、そこからアポイント設定までのやり取りに数日かかってしまう場合もあります。オンライン接客の場合、お客様がホットな状態のままオンライン接客をおこなうことで高い成約率が見込めます。

お客様にとっても、興味のある商品・サービスに対して、すぐに担当者から詳しい説明をしてもらったり、不明点の解決ができるのはとてもメリットがあります。

3. 商品の魅力をしっかり伝えることができる

ホームページだけではなかなか伝わりづらい商品・サービス、またお客様によって多様なカスタマイズができる商品・サービスでも、オンライン接客の場合は、お客様にヒアリングしながら商品・サービスの説明をしっかりおこなうことができます。また人を介して提案をおこなうため、信頼性を醸成できる効果も見込めます。

オンライン接客のデメリット

ホームページからオンライン接客を受付する上でデメリットとなるのは、お客様と対応メンバーの日程調整やZoomなどのオンラインツールなどの準備に時間がかかり、肝心のオンライン接客に注力できないことです。

vl2.png

日程調整や担当者のアサインに時間がかかる

例えば、ホームページからオンライン接客を受付する上で、対応するメンバーが数名いるとします。その際、フォーム経由でお客様から申し込んで頂くとすると、対応メンバーのスケジュールの空き時間を考慮して日時の選択肢をお客様に提示したり、もしくはお客様に希望日をいくつか提示してもらってその中から都合の良いメンバーを決めてアサインするなど、お客様側と社内メンバーの時間調整に多くの時間と手間がかかります。

Zoomなどオンラインツールの設定に手間がかかる

Zoom等のオンラインツールの設定を行う手間もかかります。日程調整が完了したら、Zoomなどオンラインツールで実施日時のミーティング設定を行い、ミーティングURLをお客様に送らなければなりません。

1~2件ではそんなに手間はかかりませんが、お客様の数が増え、担当者も複数人いると大きな手間になります。また送付するURLを間違えると大きなトラブルになることもあるため慎重におこなう必要があります。

オンライン接客の成約率を上げるツール

こうしたデメリットを解消するには、ツールをうまく活用するのがおすすめです。オンライン接客管理システム「VIVIT LINK(ビビットリンク)」であれば、オンライン接客のデメリットを解消して成約率を高めることができます。VIVIT LINKが成約率を高める理由を解説します。

vl3.png

ホームページで興味をもってくれたお客様を「すぐに」オンライン接客

オンライン接客はスピードが大事です。お客様の興味関心が一番高まっているタイミングはお問い合わせした瞬間ですから、問い合わせ直後にオンライン接客ができれば高い成約率が期待できます。

vl4.png

VIVIT LINKはスケジュール管理ツールやオンラインビデオツールと連携しており、オンライン商談の設定を自動化できます。それによって即時対応できるようになり、問い合わせしてすぐにオンライン接客を行うことも可能です。お客様は「今すぐ受付」を選んでわずか3クリックでオンライン接客を開始できます。

接客用のURLも自動発行されるため、担当者の手間もかかりません。お客様にとっても担当者にとってもストレスフリーで効率的なオンライン商談が実現するのです。

お客様にカレンダーから日時を選択してもらうだけで「すべて完了」

日程調整がうまくいかないと何度もやり取りが発生するため、お客様にとっても担当者にとっても負担が大きく、機会損失につながるリスクもあります。VIVIT LINKであればGoogleカレンダーなどスケジュール管理ツールと連携させることにより、スケジュールの空き枠を自動で管理できるため無駄な時間や手間を省けます。

vl5.png

予約カレンダーからお客様に空いている日時を選択してもらうだけで日程調整は完了します。担当者は自動調整されるため選定の必要はなく、ダブルブッキングの心配もありません。ZoomなどオンラインミーティングのURLだけでなく、担当者プロフィールまで自動送付されるのでお客様が安心してオンライン接客を受けられ、信頼性の担保にもつながります。

取引先とのオンライン会議の日程調整を「大幅に効率化」

取引先とのオンラインミーティングの日程調整や新規営業の際の日程提案に利用することで、日程調整の手間を大幅に削減できます。

vl6.png

「いつものツール」で運用できるから学習コストがかからない

新しくツールを活用するとなると導入の手間もかかりますし、メンバーが上手く活用できるか、社内でスムーズに運用できるかといった懸念が生まれますが、VIVIT LINK はGoogleカレンダーやZoomなどの一般的なツールと連携して運用できるので、導入のハードルがとても低いです。

担当者にレクチャーする必要がなく、導入したらすぐに運用開始できるのは企業側にとって大きなメリット。お客様にとっても馴染みのあるツールなので、ダウンロードの手間や心理的な抵抗を減らしてオンライン接客を受けられます。

VIVIT LINKで効果的なオンライン接客をはじめよう

VIVIT LINKの導入によって、オンライン接客のスピードと質を高め、お客様の意欲が高まったタイミングでスムーズに営業できるようになります。業務効率化にも貢献し、営業活動の課題を解決するツールとしても活躍するでしょう。無料サポートもついているので、気になる方はぜひチェックしてください。