まとめ

以上、公共施設のAPIをまとめてご紹介しました。

APIを利用すれば、個人では通常手に入らないデータや自力で探すのは困難な情報も、手軽に使えるようになります。
ホームページに取り入れたり、新しいサービスやアプリケーションを作るなど、色々な方法で活用が可能です。
気になるものや使えそうなものがあれば、ぜひ実際に使ってみてください。

各APIはそれぞれ使用条件が異なりますので、必ず配布元を確認の上でご利用ください。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

意外と面倒なtableがコピペで簡単に実装できるサンプルコード19選

意外と面倒なtableがコピペで簡単に実装できるサンプルコード19選

今回は、tableを簡単に実装することができるサンプルコードをまとめてご紹介します。 コピーペーストで手軽に使うことができますので、ぜひホームページのデザインに取り入れてみてください。

印刷OKで商用無料の人気フリーフォント34選

印刷OKで商用無料の人気フリーフォント34選

商用無料をうたったフォントでも書影の画像をWebで使ってはいけない、というものもあります。本記事では印刷物までOKなフリーで使えるフォントを厳選し、さらにオススメ書体もピックアップ。

Photoshop初心者必見!Photoshopを使いこなすために知っておくべき情報まとめ

Photoshop初心者必見!Photoshopを使いこなすために知っておくべき情報まとめ

Webデザイナーの方であればほとんどの方が利用するPhotoshop。1人でホームページの管理をされているようなWeb担当者の方でも、サイトデザインの修正等、Photoshopを利用する機会があるのではないでしょうか。今回は、デザイン専業ではない初心者でもPhotoshopある程度使いこなすために知っておくべき情報をまとめました。