ホームページを閲覧している時にページ上部に表示されている「http:/(https://)」で始まる英数字が「URL」という名称なのは、Webに触れたことがあれば誰でも知るところでしょう。

では「URI」という言葉はご存知でしょうか。
Web担当者やWebディレクターであれば、URLとURIの違いを知っておいた方が様々な面で助けられるかもしれません。

今回は、「URL」と「URI」の違いを解説します。

URLとURIの違い①URLはWeb上での住所

先に、URLについて理解しておきましょう。

URLは「Uniform Resource Locator」の略で、Web上にあるあらゆるファイルがWeb上のどの位置にあるのかを表したものです。
URL=住所と捉えると良いでしょう。

例えば、「ferret」という家(ホームページ)があり、そこにアクセスするために必要な情報が住所=URLhttps://ferret-plus.com/ )となります。

URLとURIの違い②URNはWeb上での名前

住所ではなくWeb上での「名前」を指すURN(Uniform Resource Name)も存在します。

名前とは言っても、対象の名前そのものではなく、Web上で対象を特定するための固有のシリアルナンバーのようなイメージです。

例えば、Amazon等のネットショップで書籍を検索すると、「ISBN」から始まる英数字の羅列という表記を見かけると思います。

あの英数字の羅列が、その書籍に割り振られたWeb上での識別番号であり、意味合い的にはURNとほぼ同じです。

ただ、URNは一般ユーザーの目に触れることはほとんどありません。
とりあえず、URL=Web上の住所、URN=Web側で認識されている名前
と理解しておきましょう。

URLとURIの違い③URIはURLとURNの総称

Untitled(3)_(3).png

URIは「Uniform Resource Identifier」の略で、Web上にあるあらゆるファイルを認識するための識別子の総称で、URNとURLで構成されています。

1つのファイルの「住所」を示すのがURL、「名前」を示すのがURNで、それらの総称がURIです。
URLとURNはURIの枠組みの中にあるため、URL=URIで、URN=URIと考えても問題ないでしょう。

URIについて、もっと知る

さらに踏み込んだ内容として、URIを構成するパーツの名称と意味を紹介します。

http://yamada:pass@www.example.com:1234/news/index.htm?page=4&msg=yes#message

http:

スキーム(scheme)。この場合はhttpプロトコルを使うことを示します。他にもhttps:、ftp:などがあります。

//yamada:pass@www.example.com:1234

オーソリティ(authority)。「//」で始まるアドレスの根本部分で、さらに以下のように分解できます。

yamada:pass@

ユーザー情報(userinfo)。アクセスに使うユーザー名とパスワードです。

www.example.com

ホスト(host)。アクセス先のサーバー名です。

:1234

ポート(port)。アクセス先サーバーのポート番号です。

/news/index.htm

パス(path)。オーソリティの中でのアクセス先を指定します。

?page=4&msg=yes

クエリ(query)。アクセス内容をさらに細かく識別します。httpでは、サーバー上で動作するプログラムへの指示が書かれることが多いです。

#message

フラグメント(fragment)。アンカーとも呼ばれ、部分や代替表現を指定します。httpでは、サーバーから送られた情報を処理する際に使います。