ホームページを閲覧している時にページ上部に表示されている「http:/(https://)」で始まる英数字が「URL」という名称なのは、Webに触れたことがあれば誰でも知るところでしょう。

では「URI」という言葉はご存知でしょうか。
Web担当者やWebディレクターであれば、URLとURIの違いを知っておいた方が様々な面で助けられるかもしれません。

今回は、「URL」と「URI」の違いを解説します。

URLとは:Web上での住所

先に、URLについて理解しておきましょう。

URLは「Uniform Resource Locator」の略で、Web上にあるあらゆるファイルがWeb上のどの位置にあるのかを表したものです。
URL=住所と捉えると良いでしょう。

例えば、「ferret」という家(ホームページ)があり、そこにアクセスするために必要な情報が住所=URLhttps://ferret-plus.com/ )となります。

URNとは:Web上での名前

ちなみに、住所ではなくWeb上での「名前」を指すURN(Uniform Resource Name)も存在します。

名前とは言っても、対象の名前そのものではなく、Web上で対象を特定するための固有のシリアルナンバーのようなイメージです。

例えば、Amazon等のネットショップで書籍を検索すると、「ISBN」から始まる英数字の羅列という表記を見かけると思います。

あの英数字の羅列が、その書籍に割り振られたWeb上での識別番号であり、意味合い的にはURNとほぼ同じです。

ただ、URNは一般ユーザーの目に触れることはほとんどありません。
とりあえず、URL=Web上の住所、URN=Web側で認識されている名前
と理解しておきましょう。

URIとは:URLとURNの総称

Untitled(3)_(3).png

URIは「Uniform Resource Identifier」の略で、Web上にあるあらゆるファイルを認識するための識別子の総称で、URNとURLで構成されています。

1つのファイルの「住所」を示すのがURL、「名前」を示すのがURNで、それらの総称がURIです。
URLとURNはURIの枠組みの中にあるため、URL=URIで、URN=URIと考えても問題ないでしょう。

まとめ

URL」は住所を示すものだとお伝えしてきましたが、普段目にするURLは、正確には「URI」です。

「http:(もしくはhttps:)」はURI側のパーツで、URLには含まれません。
なので、「 https://ferret-plus.com/ 」は、正確には「URI」と呼ばれます。エンジニアの方など、正確性を要する会話をする場合は「URI」という名称を使う場合が多いようです。

ただ、一般的には圧倒的に「URL」という呼び名の方が流通しているため、無理に「URI」を使う必要もありません。
エンジニアとURL関連の話をする際には気をつけるようしましょう。「URI」と「URL」の違いを知っておくだけでも、エンジニアとの共通認識を持ちやすくなるはずです。

この記事を読んだ方へおすすめ

3ステップで始める、CVアップを自動サポートしてくれるチャットボット運用法

3ステップで始める、CVアップを自動サポートしてくれるチャットボット運用法

マーケターや営業担当者が日々意識するコンバージョン(CV)。CVを上げるはじめの一歩として、リード、つまり見込み客への迅速なフォローアップや最初のヒアリングはとても重要になります。 せっかく興味を持ってくれたリードに対して、人手が足りずに後追いできなくて売上につながるチャンスを逃してしまうことも珍しくありません。 そこでオススメするのが、前回紹介した「問い合わせ対応を自動化するチャットボット」を、インサイドセールスの一部として使う方法です。

世界でシェアを誇る有名CMSを比較!それぞれのメリット・デメリット

世界でシェアを誇る有名CMSを比較!それぞれのメリット・デメリット

Webサイトを制作する際によく利用されるCMS。いざ利用しようと思っても、たくさん種類があるためどれを利用すべきか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。この記事では、世界シェア上位5位までのCMSを、メリット・デメリットを挙げながら比較してみました。CMS選びの際に、ぜひ参考にしてみてください。