ホームページ、印刷物におけるデザインの中には、アンティークな雰囲気を出したいという場合もあるのではないでしょうか。
そんな時、古いヴィンテージ画像があれば大変便利ですが、それが歴史ある名画であったりすると著作権の問題などがあり自由に使えない画像も数多くあります。

今回は、歴史ある画像が使えるサイトをまとめてご紹介します。
古美術作品から古い書籍の写真、地図や挿絵など色々なヴィンテージ画像を利用することが可能です。
(※各サイトの素材数、利用に関する情報などは執筆時点である2016年1月14日の内容です。今後変更となる可能性があります。)

歴史的な画像素材が利用可能なサイト10選

1.NYPL Digital Collections

NYPL Digital Collections
http://digitalcollections.nypl.org/
ニューヨーク公立図書館が運営しているデジタル資料のコレクションサイトです。
67万点以上の膨大なアイテムを無料で利用することができます。(2016年1月14日時点)
使用可能な資料の内容は、歴史的な写真やリトグラフ、地図、原稿、ポスター、イラストレーションなど貴重なものばかりですが、いずれもパブリックドメインの素材となっているため安心して使うことが可能です。

資料検索にはトップページからのキーワード検索、カテゴリからの検索が利用できるため、自分が関心のある資料を素早く見つけることができます。
高解像度の写真が豊富なのも嬉しいポイントです。

2.パブリックドメイン美術館

パブリックドメイン美術館
http://www.bestweb-link.net/PD-Museum-of-Art/
著作権保護期間が終了したパブリックドメインの名画を集めたコレクションサイトです。
大きく分けて「 浮世絵、 錦絵の世界」「世界の名画」の2つのジャンルで公開していて、国内外の有名な美術作品を閲覧、利用することが可能です。
葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」、ヨハネス・フェルメールの「The Milkmaid」など誰もが知る作品が満載です。
作品1つ1つに比較的大きいサムネイルがついているので、気になる作品を探しやすい設計となっています。

また、余分なリンクも無いため、作品をクリックするとすぐに拡大写真を表示してくれダウンロードができます。
国内サイトということもあって、分かりやすく使いやすいのが大きなポイントです。

3.GATAG|フリー絵画・版画素材集

GATAG|フリー絵画・版画素材集
http://free-artworks.gatag.net/
絵画・版画作品素材を多数集めたコレクションサイトです。世界的に著名な素晴らしい名画の素材を、高画質・高解像度で商用利用することができます。
素材は「画家一覧」から画家ごとに探せるほか、制作年での並び替え、ジャンルやカテゴリごとで検索することも可能です。
画家名で探せるのは一般的ですが、例えば「花」「海」「横顔」といった絵のモチーフ、シーンで探せるのは非常にユニークです。

また、作品ごとに「使うね」「美しい」「いいね」といった投票ボタンがついていて、他人が作品から受けた印象を参考にすることもできます。

4. Internet Archive Book Images' Photostream

Flickr: Internet Archive Book Images' Photostream
https://www.flickr.com/photos/internetarchivebookimages
パブリックドメインの電子書籍から画像を抽出し、無料で提供しているコレクションサイトです。
過去500年に発刊された歴史ある書籍200万冊が対象で、1400万枚の画像が利用できます。(2016年1月14日時点)
絵本のような書籍の画像から医療関係、レトロな雰囲気のイラストまで多彩なジャンルの画像が集結しています。
普段にも使えそうなテイストのものが多い雰囲気です。

好きなキーワードを使ってタグ検索ができますので、フォトストリーム内の膨大な資料の中から使いたいものを瞬時に探しだせます。
お洒落な画像、レトロなイラストが必要なときに利用してみてはいかがでしょうか。

5.google.com

google.com
http://images.google.com/hosted/life
Googleが提供している、年代物の写真が利用できるコレクションサイトです。
素材は、写真雑誌「LIFE」から抽出したもので、レトロな雰囲気の写真が多数揃います。特徴的なのは年代ごとに調べることができる点で、1860年代から1970年代まで10年単位で画像を分けています。
この他に、人や場所、イベント、スポーツ、カルチャーといったカテゴリからの検索もできます。

また、Google画像検索機能でキーワードに「source:life」をプラスして探せば、ライブラリ内から写真を探すことが可能です。

6.The British Library

The British Library
https://www.flickr.com/photos/britishlibrary/sets/
イギリスの国立図書館、大英図書館がFlickr上で公開しているコレクションサイトです。当該図書館は1973年に設立された歴史ある施設で、貴重な資料が多数揃う世界でも有名な図書館の一つです。
Flickr上に公開した画像はイラスト、風刺画、地図、壁画など様々です。

いずれもパブリックドメインに属しているため、誰でも自由にダウンロードし使うことができます。
先程ご紹介した「Internet Archive Book Images' Photostream」と比べると、より古さを感じさせる画像が多い印象です。

7.Category:CH-NB-Collection Gugelmann

Category:CH-NB-Collection Gugelmann
https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:CH-NB-Collection_Gugelmann
スイス国立図書館がWikimedia Commons内で公開している、絵画作品のコレクションサイトです。
合計2,500点を超える歴史的な絵画作品を見ることができます。(2016年1月14日)
作品は18世紀半ばから19世紀半ばまでのもので、スイスの古い歴史や文化が分かる画像が集結しています。

ページは日本語表示に切り替えることができますので、英語が読めない方でも安心して利用できます。

8.Open Access for Scholarly Content (OASC)

Open Access for Scholarly Content (OASC)
http://www.metmuseum.org/collection/the-collection-online
米国メトロポリタン美術館が運営している、パブリックドメインのコレクションサイトです。
絵画から骨董品まで、様々な美術作品、工芸品の画像を42万点も所蔵しています。(2016年1月14日時点)
館内では展示していない作品を観ることができるのも大きな特徴です。

「OASC」マークのある素材は、多数の貴重な高精細デジタル画像をダウンロードして利用することができます。非商用利用であれば許諾の必要なしで使用可能です。

9.Rijksstudio

Rijksstudio
https://www.rijksmuseum.nl/en/rijksstudio
オランダのアムステルダム国立美術館が公開しているコレクションサイトです。
所蔵作品20万点以上の高精細画像をダウンロードし、利用することができます。(2016年1月14日時点)
気に入った画像はダウンロードできるだけでなく、そのままポスターなどにすることも可能です。

ソーシャルボタンなども充実しています。

10.江戸絵画コレクション商用利用サポート事業

江戸絵画コレクション商用利用サポート事業
http://www.itabashiartmuseum.jp/art-2013/collection-list/index.html
東京都板橋区にある、板橋区立美術館が運営している江戸絵画コレクションサイトです。
板橋区立美術館は、江戸狩野派をはじめとした江戸絵画を多数所蔵している美術館です。
貴重な作品を広めることを目的に著作権切れの古美術作品のデータ等を「エドコレ」として無料貸出ししています。

当初は地元企業の利用を想定していたサービスですが、新聞、日本郵便、生保と幅広い業種の大手企業が活用しています。
カードケースやノート、看板、パンフレットなどの使用例も掲載しています。
作品は作歌別に一覧表示されており、ワンクリックですぐに画像のチェックが可能です。

また、解説や1点1点技法、サイズ、制作年の詳細が掲載してあるのも美術館ならではといえます。

まとめ

以上、歴史ある画像が使えるサイトをまとめてご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

古美術作品などの画像、ヴィンテージ写真は普通のやり方ではなかなか探しても見つかりにくいものですが、コレクションサイトを利用すれば沢山見つかります。
誰もが知る有名な絵画から素敵な雰囲気のヴィンテージ画像まで、貴重な画像が満載です。

著作権切れのパブリックドメインに属するものや、商用利用できるものも多数ありますので、知っておくと便利です。
スムーズな素材探しをするためにも、ぜひお役立てください。

なお、無料で使える素材であっても使用上の条件が定められている可能性があります。
素材を利用する際は、配布元の案内を必ずご確認ください。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

10秒でGoogleにて著作権フリーの画像を検索する方法。意外に知られていない高機能

10秒でGoogleにて著作権フリーの画像を検索する方法。意外に知られていない高機能

頻繁にコンテンツを更新するようなホームページの場合、掲載する画像に困ることは多々あると思います。今回は、Googleで著作権フリーの画像をどうやって探すのか、順を追ってご説明します。画像収集にお困りの方は是非チェックしてみてください。

デザイン不要の高品質無料ベクター素材96選【1月編】

デザイン不要の高品質無料ベクター素材96選【1月編】

忙しい年末年始のデザインは、無料の便利なベクター素材を思いっきり活用してみましょう。 今回は、便利なベクター素材1月編をご紹介します。

【決定版】もはやデザイン不要!Photoshopの高クオリティなブラシ80選

【決定版】もはやデザイン不要!Photoshopの高クオリティなブラシ80選

photoshopでデザインするにあたり大変便利なのがブラシツール。自分では上手く描けない、というデザインもブラシを使えば可能にしてくれます。 今回はそのまま使うだけでお洒落なデザインが出来る、フリーのphotoshopブラシ80個をご紹介します。