この記事は、2014年11月25日に公開された記事を再編集しています。

リスティングの受け皿やキャンペーンの告知用に、Web担当者はランディングページ(LP)を作成する機会があります。その度にどのようなデザインにしたらいいのか、どのような構成にすればいいのか悩まれる方も多いのではないでしょうか?

今回は、ランディングページのデザインや構成の参考になるまとめサイトを紹介します。

ランディングページの基本的な解説に関しては、以下の記事も参考にしてみてください。

参考:
ランディングページとは〜LPOで成果の上がるページを作る方法と使えるテンプレート集まとめ|ferret

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

目次

  1. 国内のランディングページのデザインまとめサイト
    1. Web Design Clip [L]
    2. MUUUUU.ORG(ムーオルグ)
    3. ランディングページ集めました。
    4. LANDINGPAGE BOOKMARK
    5. LANDINGPAGE_DESIGN BOOKMARK_SMARTPHONE
    6. 縦長ページのデザイン 集めました
    7. LPアーカイブ
    8. LP advance
    9. イケてる ランディングページデザインまとめ
    10. ランディングページ(LP)データベース
  2. 海外のランディングページのデザインまとめサイト
    1. Land-book
    2. One Page Love
    3. OnePageMania
  3. まとめ:目的に合ったランディングページのデザインを探そう

国内のランディングページのデザインまとめサイト

Web Design Clip [L]

Web Design Clip [L]
Web Design Clip [L]

Web Design Clip [L]は、業界問わず、参考になるランディングページのデザインがまとめられたWebサイトです。各デザインにカーソルを合わせると、「category(美容・健康・化粧品、家電・PC・玩具など)」「main color」「sub color」の確認ができます。さらに各項目をクリックするとその項目ごとのランディングページのデザイン一覧を表示できます。

自社と同じ業界ではどのようなランディングページを作っているのかやカラーごとにランディングページのデザインを参考にしたい場合に便利なWebサイトです。

MUUUUU.ORG(ムーオルグ)

MUUUUU.ORG(ムーオルグ)
MUUUUU.ORG(ムーオルグ)

「MUUUUU.ORG(ムーオルグ)」は、縦長のWebサイトのみをまとめたギャラリーサイトです。紹介されているものはランディングページだけではありませんが、デザインの参考には十分なります。デザインは、「カテゴリ」「デザイン」「Webサイトのタイプ」「カラー」ごと一覧表示可能です。

洗礼されたスタイリッシュなデザインのランディングページを作りたいときに参考になるでしょう。

ランディングページ集めました。

ランディングページ集めました。
ランディングページ集めました。

Webディレクターである管理人がまとめている、ランディングページの参考サイトです。トップ画面に並ぶサムネイルをクリックするだけで該当ページに遷移するため、気になるデザインを手軽にチェックできます。

更新年月や取り扱っている商材のカテゴリごとの検索も可能です。

LANDINGPAGE BOOKMARK

2.png
LANDINGPAGE BOOKMARK

コンバージョンとなる商品ごとのカテゴリで分けられている、ランディングページの参考サイトです。美容商品や健康商品、サプリメントなどを扱うランディングページが多くまとめられています。

自社で取り扱っている商品と競合になるランディングページに絞って検索できるため、美容・健康関係の担当者は該当のカテゴリがないか探してみましょう。

LANDINGPAGE_DESIGN BOOKMARK_SMARTPHONE

LANDINGPAGE_DESIGN BOOKMARK_SMARTPHONE
LANDINGPAGE_DESIGN BOOKMARK_SMARTPHONE

スマートフォンに特化した、ランディングページのデザインまとめサイトです。スマートフォンユーザー増加に伴い、スマートフォンのランディングページの重要性はより高まっていると言えます。ランディングページのデザインを考えるときも、「スマートフォンで見やすいか」の視点は必須です。

スマートフォンのランディングページ作りの参考にしましょう。

縦長ページのデザイン 集めました

lpmatome_1.pnglpmatome_3.png
縦長ページのデザイン 集めました

「セールスレターのデザインリンク集」として、主に美容・ハウツー・情報商材のランディングページをまとめて詳細しています。商材のメリットをいかに伝えるのか、そのデザイン手法を参考にすることができます、

LPアーカイブ

4.png
LPアーカイブ

デザイナー観点で、多くの分類からランディングページを検索できる参考サイトです。商品だけでなく、ランディングページの「カラー」「イメージ」といったカテゴリから絞り込めます。

ランディングページの商品名や店舗名、掲載先なども独自でまとめられているため、より具体的な情報をもとに参考にできます。

LP advance

6.png
LP advance

複数のカテゴリをかけ合わせてランディングページを検索できる参考サイトです。「業界・業態」「カラー」「タイプ(かわいい系・クール系など)」「メインビジュアル」をアンド検索で絞り込めます。

まとめているランディングページキャッチコピーを一覧で確認できるため、ライティング担当者の情報収集にもオススメです。

イケてるランディングページデザインまとめ

7.png
イケてるランディングページデザインまとめ

「にぎやか系」「ネタ系」「神秘系」など、直感的なイメージからも検索できるランディングページ参考サイトです。イメージだけでなく、ジャンルやカラーでも検索できます。

背景が白で、各ランディングページサムネイル間の余白が大きいなど、まとめられているランディングページのデザインが映えやすいサイトデザインです。

ランディングページ(LP)データベース(Landing Page Database)

ランディングページ(LP)データベース(Landing Page Database)
ランディングページ(LP)データベース(Landing Page Database)

日本企業のランディングページを中心にまとめているWebサイトです。カラー、カテゴリー、キーワードからランディングページのデザインを探せます。

海外のランディングページのデザインまとめサイト

Land-book

3.png
Land-book

海外サイトを集めた参考サイトです。ランディングページだけでなく、ポートフォリオやブログもまとめられています。キーワード検索や、新着順、人気順の並べ替えもできます。

アカウント登録をすると気に入ったサイトを「My Favs」というリストに保存できるため、定期的に情報収集したい場合に活用できるでしょう。

One Page Love

lpmatome_3.png
One Page Love

カテゴリー分けや検索機能が充実した、海外のWebページまとめサイトです。ランディングページだけでなく、1ページで完結する様々なサイトが紹介されています。

また、サイトのテンプレートの配布も行っています。

OnePageMania

lpmatome_2.png
OnePageMania

1ページで完結するWebページを紹介する、海外サイトです。英語がわからなくても、ランキングから海外で人気なデザインを探せます。また、カテゴリー機能を使い、同じテーマのデザインを見てまわることも可能です。

まとめ:目的に合ったランディングページのデザインを探そう

ランディングページは、来訪したユーザーにいかに快適に読み進めてもらい、コンバージョンしてもらえるかが重要です。今回紹介したデザインまとめサイトを参考にしながら、ターゲットや商品に適したデザイン、構成になるよう工夫してみましょう。

合わせてチェック

ランディングページとは〜LPOで成果の上がるページを作る方法と使えるテンプレート集まとめ

ランディングページとは〜LPOで成果の上がるページを作る方法と使えるテンプレート集まとめ

日本の企業体のほとんどが中小企業ですが、はっきり言って中小企業の方が最初にやるべきWebでの集客施策はランディングページ最適化(LPO)と言っても過言ではありません。なぜLPOを最初にやるべきなのでしょうか。今回は、最初にやるべき理由と、作り方、売上や問い合わせ数を上げるために必要なことをまとめて解説します。

5年間のランディングページ制作で行き着いた鉄板の構成と7つのポイント

5年間のランディングページ制作で行き着いた鉄板の構成と7つのポイント

こんにちは。株式会社FREE WEB HOPEの代表取締役社長 相原 祐樹です。Webマーケティングって、やるべき事や覚えなきゃならないことが沢山ありますよね。何か調べ物をしようとした時に情報が抽象的だったり、概念的だったりして最終的には調べることに疲れた……なんて経験はありませんか? 僕はいつも思っていました。「考え方とかマインドセットはいいからやり方を教えてくれ」と!そこで思ったのが、もう自分で「Webマーケティングで中小企業がやるべき事を時系列でわかるようにまとめてしまおう」ということです。