5F分析

Profile

株式会社ベーシック
ferret ディレクター
ferret立ち上げ・企画・制作ディレクション・集客施策・アクセス解析など、サイトの裏側全般を担当しています。机にいないときは半蔵門のエクセルシオールを探してください。

Facebook : tetsuro.aoki
Twitter : @te26_kun

執筆記事一覧はこちら

720 thumb
  動画を読み込んでいます。

5F分析とは、5 Forces Analysisと書き、アメリカ合衆国の経営学者であるマイケル・ポーター(Michael E. Porter)が提唱した業界の競争要因分析のフレームワークです。フォースとは脅威という意味であり、5つの脅威を軸にして分析するところから、ファイブフォース分析と言われています。5Fは、5つの要素のそれぞれが外的要因もしくは内的要因と分類できます。分析を実施することにより、自社が属する業界構造や収益性を浮き彫りにし、競争が起きる要因を把握します。

1.新規参入者の脅威(外的要因)
2.代替品の脅威(外的要因)
3.買い手交渉力(内的要因)
4.売り手交渉力(内的要因)
5.既存競合他社(内的要因)

競合要因となる5つの要素から導き出す業界構造分析は、マイケル・ポーターは著書である「競争の戦略」を通して、多くの経営者に知られています。自社を取り巻く環境を把握し、既存事業の収益向上のための次の一手を打つ方法を思案するだけではなく、新規参入におけるリサーチにも役立てられる手法でもあるのです。5Fにより、思わぬニッチ市場が見つかる可能性もあります。市場を取り巻く環境からニッチである理由まで把握できるのも5Fの魅力と言えます。

Curriculum pt1

使い方

「当社の新サービスの課題は、5F分析でよく考えることで見えてくるはずだよ」
「なぜ顧客が増えないのかまるでわからないよ。近日中に5F分析してもらえないかな」
「新商品の売上を伸ばすには、5Fで業界環境を再度分析する必要があります」