ROAS【Return On Advertising Spend】

Profile

マーケティングディレクター
ferret立ち上げ・企画・制作ディレクション・集客施策・アクセス解析など、サイトの裏側全般を担当しています。机にいないときは半蔵門のエクセルシオールを探してください。

Facebook : https://www.facebook.com/tetsuro.aoki
Twitter : https://twitter.com/te26_kun

執筆記事一覧はこちら

720 thumb
  動画を読み込んでいます。

ROASは、費用対売上の意味。「Return On Advertising Spend」の略で、広告費用に対して「何%の売上が回収できたか」を測る指標として使われます。

ROASと合わせて、投資に対しての効果指標として使われるものにROI(Return On Investment)というものがあり、ROASは売上ベース。ROIは利益ベースで算出されます。

ROASCPAと混同されますが、別の指標です。
CPAが「1コンバージョンあたりのコスト」のことを表すのに対し、ROASは「投資した広告費用の回収率」を表します。

ROAS = 売上金額 ÷ 広告費用 X 100 (%)

例えば100万円の広告費用を投じ、広告によって1,000万円の売上があった場合。
1,000万円(売上) ÷ 100万円(費用) X 100 = 1,000%

1,000万円の広告費用を使い、100万円しか売上がなかった場合は以下のような結果になる。
100万円(売上) ÷ 1,000万円(費用) X 100 = 10%

Curriculum pt1

使い方

ROASCPAを成果指標としてみる」
ROASの算出方法を教えてください」
ROASが1以下になった場合は、その広告は失敗だといえる」
CPAROASは場合によって使い分ける必要がある」