まとめ

ユーザーにとって、「Adblock Plus」は煩わしい広告から開放してくれる非常に便利な機能です。しかし、広告配信側にとっては厄介な機能だなと感じた方も多いのではないでしょうか。
「Adblock Plus」は世界中で2億回以上ダウンロードされているので、広告を煩わしいと思うのは日本人だけでなく、世界の多く人が感じている事なのかもしれません。配信企業としては、こういった前提がある上で、どのようにアプローチすればユーザーに快く受け入れてもらえるかを考える必要があります。近年はネイティブアドなど新たな広告手法が生まれてきているので、それらを試してみるのも1つの手かもしれません。

Webマーケティングとは
Webマーケティングの基礎~3C分析を使ってみよう
マーケティングの基本である市場分析とポジション

このニュースに関連するカリキュラム

Webマーケティング戦略の基礎について説明しています。