まとめ

図形を利用した模様である幾何学模様は、背景として利用するだけでなく、文字や写真と組み合わせて印象的なデザインにすることができます。
シンプルな模様なので、使い回しやすいのも特徴と言えるでしょう。

幾何学模様を描くには、図形をスタンプして構成する方法のほかに、位相を利用して作成する方法もあります。曼荼羅のようなスピリチュアルな図形も簡単に描けるので、ワンポイントとして活用してみるのもいいでしょう。

今回ご紹介したイラストソフトを使うほかにも、コンパスと定規を利用して描写する方法もあります。
写真や画像などの素材に重ね合わせて、図形化してしまうのも面白いでしょう。