マーケターのための使えるITソリューション見本市「マケスト」。
今回その中からご紹介するのは、「ガイアックスSNS運用代行サービス」です。

【ここがポイント】
ポイント1:300アカウント超!業界トップクラスの運用実績
ポイント2:ソーシャルメディア研究機関を保持
ポイント3:戦略立案から炎上対策までの一気通貫したサービス提供

ガイアックスのSNS運用代行サービスとは?

3.png

ガイアックスは、企業のマーケティングを支援するソリューションを展開しており、中でもSNSアカウントの運用代行・コンサルティングに特化しています。事業の立ち上げから5年、運用したアカウントはゆうに300以上。単なる運用だけではなく、特にSNSではセンシティブな炎上対策などのリスク管理の面に強みを保持しており、攻守ともに優れたマーケティング支援が受けられるのが最大の特長です。

事業責任者より

altテキスト

ソーシャルメディアマーケティング事業部長 管 大輔氏

とにかくSNSの運用に特化してサービス提供しているのが私たちの強みです。
プロモーションはもちろんなのですが、根本は運用ありきで長期的な顧客基盤を作ることを大切にしており、企業様にとって資産となるソーシャルメディアの運用ノウハウを弊社コンサルが提供していきます。

おかげさまで、これまで300社以上のSNS運用をお任せいただいてきました。SNSにはSNSならではのコミュニーケーションが存在します。

そのあり方や、運用ノウハウを蓄積しているのも私どもの強みです。本来SNSという空間において、ユーザーは企業の情報を取得したいわけではありません。そんな空間で情報発信することの意義、世界観を認識しないまま、運用を進めていけばおそらく得たい効果は得られないでしょう。

ユーザーがあってこその空間で、私たちはユーザーと企業が発信したい情報の間を埋めることをミッションとしています。各企業がSNSの特性を理解し、コンテンツ配信を主体的に行っていけるよう、全力でサポートしていきます。

マケスト編集部より一言コメント

個人としても、企業利用としても、一番接点が多いメディアであると言っても過言ではないソーシャルメディア。変化も早く、効果的な運用をするにはぜひプロの知見を入れて任せるのが一番なのではないでしょうか。

ガイアックスの場合であれば、炎上対策といったセンシティブな側面においても実績をもっているのも信頼できる大きなポイントです。

今後おそらくSNS媒体はどんどん変化し、新たな媒体も登場してくるでしょう。その時にSNSの本質を理解していれば、運用でつまづくことなくマーケティング施策の一つとして戦略に取り込んでいくことができるはずです。その一助としてぜひおすすめしたいソリューションです。

続きは、