ネットショップの運営に関わる業務の中でも、特に複雑なのが「バックヤード業務」です。たとえば商品の「仕入れ」から「管理」、「受注処理」「梱包・出荷」「返品」「棚卸し」「サポート対応」と......挙げ始めたらキリがないほど、流れが入り組んでいます。

また、バックヤード業務はお客様ごとにピッキングや出荷方法が異なり、それを手作業で進めるため、業務フローを単純化するのは難しいのが現状です。

上記の業務に加え、商品ページブログの更新といったWeb関係の業務が発生するため、効率化の方法を模索しているネットショップ担当者も多いのではないでしょうか。

そこで今回、「商品保管」「梱包・出荷」「棚卸し」「返品対応」など「バックヤード業務」をまるごとAmazonに代行依頼できる「FBA」の特徴とメリットをご紹介します。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

Amazonが提供する「FBA」とは?

amazon-fba_-_1.jpg

「FBA(フルフィルメント by Amazon)」とは、Amazonが提供する倉庫・物流サービスです。販売する商品をAmazonに送ることで、商品の「保管」から「梱包・出荷」「返品」まで、バックヤード業務を代わりに行います。

このように、商品の保管と配送を代行してくれるフルフィルメントサービスは、Amazon以外にもあります。しかし、Amazonで出品しているのであれば「FBA」を利用するメリットは大きいでしょう。たとえば、「通常配送無料」や「Amazonプライム対象商品」扱いで出品できます。

自社に商品の在庫を抱え、社内のスタッフが「受注」から「梱包」、「返品対応」まで行っているネットショップ運営者であれば、大幅な業務効率化が見込めるでしょう。Amazonへ出品登録するだけでFBAを利用できます。

次に、FBAを利用することでどんなメリットが得られるのか、具体的に紹介します。

参考:
FBA(フルフィルメント by Amazon)とは | アマゾン

FBAを利用するメリット

1.在庫の保管場所が不要になる

FBAを利用する上で、1つ目のメリットが「商品保管」を代行してもらえることです。Amazonが日本国内に複数拠点を持っているフルフィルメントセンターへ送るだけで完了します。

自社内に倉庫を持たない中小規模のネットショップ運営者であれば、物理的なスペースを確保できます。また、Amazonのフルフィルメントセンターは温度・湿度など空調管理が施されているので、品質面も安心です。

24時間監視体制かつ、高額商品は保管庫が用意されているので安心して保管を依頼できます。

安全に保管でき、商品数が拡大したときでも対応できるため、ネットショップの運営初期からFBAを利用するのも手段の一つです。

2.出品商品が「Amazonプライム対象商品」に対応

FBAに送ることで、Amazonに出品した商品が「Amazonプライム対象商品」になります。これは、Amazonに注力しているネットショップ担当者にとってかなり大きなメリットではないでしょうか。

「Amazonプライム対象商品」とは、Amazonプライムの会員特典が受けられる商品です。通常配送料が無料になるだけでなく、「お急ぎ便」「当日お急ぎ便」が無料になります。

出品した商品に「プライム」のロゴが付くことで、必然とプライム会員からの購買率が向上するため、売上の増加にも繋がるでしょう。

3.ショッピングカートボックス獲得率アップで効果的に露出ができる

amazon-fba_-_2.jpg

また、FBAから配送できるため、Amazonが販売・発送する商品と実質同等の配送レベルになります。「受注→発送」に24時間対応しているので、自社配送に比べて素早く出荷できるでしょう。

すると、Amazon販売での重要な指標となる「ショッピングカートボックス」の獲得率がアップします。

ショッピングカートボックスの「獲得」とは、上記画像にある「カートに入れる」ボタンに自社の商品が優先的に掲載されるということです。

それに加え、FBAの利用は、Amazon内検索結果の上位表示にも関係すると、Amazonが公式にアナウンスしており、露出効果も高まります。

同一の商品を出品している競合企業よりも露出と購買率の向上が見込めるでしょう。

参考:
出品商品の訴求力アップでAmazon.co.jpでの売上を拡大

4.その他ショップ商品の出荷にも対応できるため配送が効率化

ここまで、Amazonへ出品する際のFBAのメリットを紹介してきました。じつは、Amazon以外の自社ネットショップや他社モールを運営しているときも、FBAにはメリットがあります。

それが、「FBAマルチチャネルサービス」です。これは、FBAに保管している商品をAmazon以外へ配送代行してくれるサービスです。自社独自のネットショップや他社のモールでの配送も対応しています。

自社商品の全在庫をFBAに送れるので、管理が非常に簡単です。管理だけでなく、「ピッキング」・「梱包」・「配送」のすべてをAmazonが代行してくれるため、バックヤード業務の工数を大幅に削減できます。

商品の不具合があり「返品」が発生した場合も、お客様にAmazonへ返送してもらうだけで大丈夫です。そして、返金対応もAmazonが行ってくれます。複数のネットショップ運営をする上で、返金対応といったサポート面もFBAに任せられるのは便利です。

5.小〜中規模ネットショップでも利用できる

FBAは、最低在庫数に規定はなく、1個から納品できるのが特徴です。そのため、個人や小規模のネットショップ運営者でも問題なく利用できます。

1商品あたりの在庫数は少なく、多品種を取り扱うセレクトショップのような運営体制のネットショップにとっても使いやすい仕組みです。

一般的に多品種になるほど、ピッキングや梱包時にヒューマンエラーが起こりがちです。しかし、FBAであればそれらの業務を自動化できます。

唯一のデメリットは「手数料」しかし、得られる恩恵は大きい

ネットショップの商品保管から配送まであらゆるバックヤード業務を賄えるFBAですが、「手数料」はデメリットと感じる方もいるでしょう。手数料は、「在庫保管手数料」と「配送代行手数料」によって決まり、商品のサイズや保管日数、個数や重量を元に算出されます。

自社ですべて賄える数量であれば、そこまでメリットが得らないかもしれません。しかし、Amazon出品時の「プライム対象商品」としての扱いや、業務の自動化といったメリットを考えれば、必ずしも大規模なネットショップでなくとも、得られる恩恵は大きいでしょう。

まとめ

FBAを利用することで、人の手で行っていたバックヤード業務をすべてAmazonで管理できるようになります。

バックヤード業務はいわば、「雑務」です。これを効率化することで、商品の開発や仕入れ、集客といったメインの業務に力を入れられるでしょう。

また、Amazon以外にもフルフィルメントサービスはありますが、Amazonのモールに出店しているのであれば、FBAを利用するのも1つの手段です。

商品の保管や配送に悩みを抱えていたネットショップの担当者であれば、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。