メールやスケジュール管理用のカレンダーなど複数のツールを活用している企業の方は多いでしょう。ですが、複数のツールを利用していると、使用感が異なったり、連携が効かなかったりと何かと不便なこともあるかもしれません。

そういった方にとって役立つサービスの1つが「G Suite」です。
「G Suite」はメールやカレンダー、オンラインストレージ、ビデオ会議システムなどGoogleが提供している各サービスをビジネス向けに利用できるパッケージ商品です。

今回は、G Suiteの概要と利用開始方法を解説します。
ユーザー1人あたり600円から始められるので、気軽に利用できます。

G Suiteとは

G_Suite___Gmail、ドライブ、ドキュメントなど.png
https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/features/

「G Suite」とは、Googleが提供している各サービスをビジネス向けに利用できるパッケージ商品です。独自ドメインのGmailが利用できたり、チームでカレンダーを共有できたりと、Googleが提供している各種サービスをよりビジネス向けに活用できます。

料金プラン

Basic Business Enterprise
料金 600円/1ユーザー 1,200円/1ユーザー 3,000円/1ユーザー
機能 Gmail(独自ドメイン)/共有カレンダー/ビデオ会議システム/ドキュメントなど Gmail(独自ドメイン)/共有カレンダー/ビデオ会議システム/ドキュメント/管理用レポート機能など Gmail(独自ドメイン)/共有カレンダー/ビデオ会議システム/ドキュメント/管理用レポート機能/Gmail・ドライブのデータ損失防止 など
使用容量 30GBまで 無制限 無制限

機能に合わせて上記のように3つのプランが用意されており、1ユーザーあたり600円から利用できます。料金はユーザー単位でかかるので、従業員数の少ない中小企業でも自社の規模に合わせた金額で利用できるのがメリットでしょう。

G Suiteで利用できるツール

では、具体的に「G Suite」ではどういったツールが提供されているのでしょうか。
個人向けよりも機能が拡充されている主要な5つのツールをご紹介します。

1.Gmail

ユーザー名@会社名.com」のような独自ドメインで「Gmail」を利用できます。
また、特定のユーザーをグループとしてまとめたメーリングリストを無制限で作成できます。メールフォルダの容量も個人用の2倍なので、メールのやり取りの多いビジネスマンでも使用しやすくなっています。

参考:
[ビジネス向け Gmail - ビジネス用のメール、ストレージなどのサービス|G Suite] (https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/products/gmail/)

2.Googleドライブ

Basicプランであれば30GBまで、Business以上であれば無制限にGoogleドライブが利用できます。
また個人用とは別にチーム用のドライブを設定できるので、個人管理のフォルダと会社管理のフォルダを分けて管理できます。

参考:
Google ドライブ - ビジネス向けオンライン ストレージ ツール| G Suite

3.Googleカレンダー

個人のカレンダーだけでなく、同僚や上司のカレンダーを1つの画面上で閲覧することができます。予定ごとに公開する内容は変更できるので、他のメンバーに知られたくないスケジュールでも管理が可能です。

参考:
[Google カレンダー - ビジネス向けオンライン カレンダー、スケジュール設定ツール| G Suite] (https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/products/calendar/)

4.Googleドキュメント

Googleドキュメント」を利用する際に、複数人での同時編集や組み込みのチャット機能でのやり取りが可能です。変更履歴が無制限で残るため、過去のバージョンに戻すのも手軽に行えます。

参考:
[Google ドキュメント - ビジネス向けオンライン文書作成、編集ツール| G Suite] (https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/products/docs/)

5.GoogleハングアウトMeet

ビデオ会議システムの「.GoogleハングアウトMeet」では、オンライン上でビデオ会議が行えます。
GoogleカレンダーのスケジュールやGmailからの招待状から会議に参加できるだけでなく、会議ごとに発行されるダイヤルイン専用番号にかければ電話からでも参加できます。

参考:
[ビジネスにも日常にも使えるビデオ オンライン会議 | G Suite ハングアウト| G Suite] (https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/products/meet/)

G Suiteの利用開始方法

「G Suite」への利用登録はすべてネット上で完了します。
利用開始までのステップを紹介するので、参考にしてみてください。

1.トップページから「無料試用を開始」をクリックする

G Suiteのトップページに表示される「無料試用を開始」をクリックして、利用登録を開始します。簡単なメッセージが表示されるので、内容を読んでから登録を進めましょう。

▼G Suite トップページ
https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/features/

2.企業の情報を入力する

企業入力.png
会社名、企業規模を入力します。

3.メールアドレスを入力する

メールアドレスの入力.png
Googleからの連絡を受けとるためのメールアドレスを登録します。
利用開始後に、開設した新しいメールアドレスに変更することもできます。

4.ドメインを入力または購入する

ドメインの入力.png
企業で使用しているドメインがある場合、ドメインを入力します。
独自のドメインを所有していない場合「ドメインを購入」をクリックすると以下のように購入できるドメインが表示されます。

会社名やサービス名を設定したい場合は、検索を行い、使用したいドメインをクリックして先に進みます。

ドメインの購入.png

5.会社の住所を入力する

住所.png
ドメインに登録するために会社の所在地を入力します。

6.ログイン情報を入力する

管理者のパスワード.png
管理者としてログインするためのログイン情報を入力します。

7.ロボットではないことを証明する手続きを行う

ロボットではない.png
ロボットではないことを確認するための処理を行います。

8.料金プランを選択する

料金プラン.png
利用したい料金プランを選択します。
Googleのプロモーションコードを持っている方はこちらに入力してください。

9.支払い情報を入力する

支払い.png
最後に登録した情報の確認と支払い情報の入力を行います。
支払いは国際クレジット カード(Visa、Mastercard、American Express)のみ利用できます。

支払い情報を入力すれば、登録は完了です。
登録後に使用方法がわからない場合はクイックスタートガイドを参考にして、利用を開始しましょう。

▼クイック スタートガイド – G Suite ラーニング センター
https://gsuite.google.jp/learning-center/products/quickstart/

なお、試用期間中に支払い情報を入力しなければ、試用期間中の終了と同時にアカウントが停止されます。また、試用期間に登録をキャンセルしたい場合は下記の記事を参照してください。

参考:
[G Suite の無料試用について| G Suite 管理者 ヘルプ] (https://support.google.com/a/answer/6388094?hl=ja)

まとめ

G SuiteはGoogleの各種サービスをビジネス向けに利用できるパッケージ商品です。
Gmailであれば独自ドメインを利用できたり、カレンダーをチーム間で共有できたりと無料では利用できない機能が追加されているのが特徴です。

料金も1ユーザー単位で請求されるので、小規模事業者にとっても利用しやすいのもポイントでしょう。
14日間は無料で利用できるので、気になる方は試用してみるのもいいかもしれません。