SWOT(スウォット)分析とは、経営戦略や計画の現状分析を行う際によく使われることがあるフレームワークです。今回は、SWOT分析の各要因の解説に加えて、分析結果をどのように戦略策定に活かしていけばよいか、について紹介します。

新規事業創造などの大きな事柄を検討する際はもちろん、自分の業務を見直すなど、様々な場面で使用できます。ぜひ、本記事を参考にフレームワークを使った考え方を取り入れてみてはいかがでしょうか。

目次

  1. SWOT(スウォット)分析とは
  2. 分析に必要な4項目の見つけ方
  3. SWOT分析のメリット・デメリット
  4. SWOT分析の使い方
  5. クロスSWOT分析で実際に使える分析をする
  6. SWOT分析の注意点
  7. SWOT分析を考える際に使えるフレームワーク
  8. 有名企業に当てはめて考えた事例
  9. SWOT分析でまずは外部要因と内部要因を明確にしよう

▼ ツールを使った3C分析・競合分析の事例をご紹介

Dockpitを使った3C分析、競合分析例を資料でご紹介!

Dockpitを使った3C分析、競合分析例を資料でご紹介!

ひとつのツールで3C分析ができる!「Dockpit」を活用したマーケ戦略立案に直結するデータ分析手法についてご説明します。

SWOT(スウォット)分析とは

SWOT分析とは、経営戦略や計画の現状分析を行うための分析手法で、使用される機会が非常に多い人気のフレームワークです。自社の内部環境と外部環境の分析を総統合的に行い、自社のビジネスの機会を発見するために役立ちます。

図_SWOT分析.png

SWOTの「Strength」、「Weakness」は、自社の企業努力でコントロールできる内部要因。反対に、「Opportunity」と「Threat」は、政治動向や規制、経済・景気、社会動向、技術動向、業界環境やユーザーのニーズの変化など、自社の企業努力だけで変えられない外部要因を表します。

SWOT分析の読み方は、これら4つの頭文字を取って「スウォット」分析と呼ばれます。
  

Strength:自社(内部環境)の強み

技術力の高さや長年の運用経験など、自社が持つ強みについて分析します。ユーザーがなぜ自社サービスや商品を利用してくれるのかを考えましょう。
  

Weakness:自社(内部環境)の弱み

自社の弱みや苦手なことについて分析します。コストやリソースなどで競合よりも足りていない部分や、情報の打ち出し方など、自社が苦手とする部分を洗いざらい抽出するようにしましょう。
  

Opportunity:チャンス(外部環境)

自社にとってビジネスチャンスとなるような環境変化や、変化に対して競合他社がどのような動きをしているのかなどについて分析します。徹底的にデータを収集し、どれほど小さなことでもチャンスとなりうる要因を1つでも多く抽出することがポイントです。
  

Threat:脅威(外部環境)

自社の強みを打ち消してしまう危険性のある環境の変化や、競合他社の動きなどを分析します。外部要因ですので、自社の企業努力だけでまかなえない部分もありますが、脅威を知ることで新たなビジネスチャンスの抽出が可能です。

「Opportunity」と同様、ささいなことでも脅威となりうることは全て抽出するようにしましょう。

SWOT分析のテンプレートはこちら

SWOT分析のテンプレート

SWOT分析のテンプレート【パワーポイント形式】

分析に必要な4項目の見つけ方

自社を取り巻く内的要因および外的要因を客観的に把握することがポイントです。
では具体的には、どうすれば的確な現状把握につながるのでしょうか?

「強み」の見つけ方

自社の「強み」を見つけるヒントは、「顧客」「支援者」「従業員」にあります。ここで言う「支援者」とは、例えば顧問税理士や社労士、経営指導員などの人々を指します。

「顧客」「支援者」「従業員」は、日頃のつながりを通して少なからず自社に対して好意を抱いてくれている人たちであり、商品・サービスを選んで使い続ける、あるいは、業務を通して自社とつながりを持ち続ける理由を見出していると言えます。

「強み」の可視化・言語化に行き詰まったら、思い切って「うちの強みや、いつも選んでくれている理由は何ですか?」と問いかけをしてみましょう。

「弱み」の見つけ方

自社の「弱み」を見つけるヒントは、「顧客」「競合」「従業員」にあります。

「弱み」は「強み」と表裏一体であるため、自社の「強み」を語れる人は、同時にウイークポイントについても言及できるはずです。

あるいは競合分析を行って、「競合と比較した場合に、自社に足りない要素(顧客から選んでもらえない理由)」を洗い出すしてみるのも良いでしょう。

ただし「脅威(外的要因:自社の力ではコントロール不可能な要素)」と混同しないよう留意しましょう。

「チャンス」「脅威」の見つけ方

自社にとっての「チャンス」「脅威」(外部要因)を見つけようとする際には、「マクロ視点(大きな視点)」と「ミクロ視点(小さな視点)」の双方から課題を洗い出してみましょう。

「マクロ視点」とは、「政治」「経済」「社会」「技術」など自社のビジネスに間接的に影響を与えるが、自社の力では制御不可能な要素を指します。

一方「ミクロ視点」とは、「競合」「消費者」「取引先」など、自社のビジネスを取り巻く環境で、マーケティングによって少しは影響を及ぼすことが可能な外部要因を指します。

「マクロ視点」「ミクロ視点」のどちらかが欠けていると、急速な時代の変化を捉えきれなくなり、ビジネス上の機会損失につながってしまいます。

中小企業は、大企業と比べて組織規模・資金力が小さいため、外部要因に適応してクイックに変化することが重要です。よって、「マクロ視点」「ミクロ視点」の双方を常に意識しましょう。

SWOT分析のメリット・デメリット

SWOT分析にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?利点と欠点を把握した上でフレームワークを活用することが大切です。

メリット

SWOT分析のメリットは以下の通りです。

  • 自社の強みだけでなく、弱みにも向き合える
  • 内部要因と外部要因の2つの観点から、客観的な視点が持てる

それぞれのメリットについて詳しく確認しましょう。

●自社の強みだけでなく、弱みにも向き合える

SWOT分析では、自社の強みだけでなく、弱みも同時に分析することが可能です。強みについてはしっかりと分析しているものの、弱みについては認知できていない企業も多く見受けられます。

強みだけに焦点を当ててしまうと、強みを伸ばすための偏った施策しか行うことができません。しかし、弱みをしっかりと把握することで、弱みもカバーできるような総合的な施策を実践できます。

また、弱みは強みの裏返しであるため、新たなビジネスチャンスとして捉えることもできます。

●内部要因と外部要因の2つの観点から、客観的な視点が持てる

SWOT分析のメリットとして、内部要因と外部要因の2つの観点から分析できる点が挙げられます。

内部要因については分析しているものの、外部要因と併せて事業の状況を分析している企業はあまり多くないのが実状です。

外部要因を踏まえた上で内部の状況を見ることで、客観的な視点を持つことができます。

いくら自社に強みがあっても、市場の動向によっては事業を拡大できない可能性もあるので、客観的に自社を理解することが重要なのです。

デメリット

SWOT分析のデメリットは以下の通りです。

  • 分類が極端になる
  • 情報の偏りが生じやすい

以下で、それぞれのデメリットについて説明します。

●分類が極端になる

SWOT分析は、4つのカテゴリーで事業の状況を分析するフレームワークです。カテゴリーが限定されているため、分類が極端になることが懸念されます。

強みと捉えている事柄も、視点を変えたら弱みになり得ることがあります。例えば、リーズナブルな価格設定を強みとしている企業は、予算を達成するために商品・サービスを多く販売しなくてはいけません。

このように分類が曖昧な場合、フレームワークを超えて臨機応変に対応する必要があります。

●情報の偏りが生じやすい

SWOT分析の実施方法によっては、情報に偏りが生じる可能性があります。偏りが生じないように情報の収集方法や分析を実施する担当者などに注意することが大切です。

例えば、特定の部門が分析を実行するのではなく、各部門から担当者を配置すれば、様々な視点から情報を集めることができます。

外部要因の調査も特定の媒体のみから情報を集めるのではなく、複数の媒体を活用するとよいでしょう。

SWOT分析のテンプレートはこちら

SWOT分析のテンプレート

SWOT分析のテンプレート【パワーポイント形式】

SWOT分析の使い方

思い付きでSWOTの各項目を並べるだけでは、偏りが生じてしまう可能性があるため、様々なフレームワークを用いて各項目を入力していくことが必要です。

そこで、下記ferretの過去記事で紹介しているフレームワークを参考にしてみてはいかがでしょうか。基本的なビジネスフレームワークを紹介しているので、ぜひ一読ください。

その際、入力する際のポイントとしては Opportunity Threat の2つから埋めていくことです。外部要因を知ることで、自社にどのような影響があるのかを検討しやすくなります。

参考:フレームワークとは〜思考時間を短縮して成果を上げるビジネスフレームワーク9選

クロスSWOT分析で実際に使える分析をする

SWOT分析を行うだけでは、実際に使える分析結果は出てきません。単に内部要因と外部要因を書き出したに過ぎないからです。実際に使えるものにするために、クロスSWOT分析をする必要があります

cross-swot.png

実行する戦略を策定する際に、ぜひ参考にしてみてください。

自社の強み × チャンスとなる機会:積極化戦略

積極化戦略と書いてある通り、自社の強みを活かせるチャンスが到来している部分です。チャンスを最大限に活用するために積極的に取り組むべき施策を検討します。自社の優位性を高めるために、追い風に乗った積極的な戦略の採用が有効です。

自社の強み × 脅威:差別化戦略

自社の強みを踏まえて、脅威による悪影響を切り抜けていく施策を検討します。脅威を逆手にとり強みを生かすことで、競合他社との差別化ポイントを探りましょう。

自社の弱み × チャンスとなる機会:段階的戦略

チャンスは来ているものの、自社にとって弱みの部分です。段階的に弱みを改善してチャンスを取り逃がさないようにする施策を検討します。弱みを理解しつつビジネスチャンスを逃さず新規参入を図るのか、敢えて特に参入せずに様子を見るのか、難しい判断が必要となりますが、いずれにしても「機会損失を生じさせない」という視点での判断が重要です。

自社の弱み × 脅威:専守防衛・撤退

自社の弱みと脅威が組み合わさり、最悪の結果とならないように避けなければならないことを検討します。徹底的に防衛策を図るか、事業そのものを撤退するのかの判断が必要です。ここで判断を誤ると大きな損失となりかねませんので、慎重に分析しましょう。

▼クロスSWOT分析テンプレートはこちら

クロスSWOT分析のテンプレート

クロスSWOT分析のテンプレート【パワーポイント形式】

SWOT分析の注意点

SWOT分析を実施する際は、いくつかのポイントに注意する必要があります。

広く正確、客観的な情報を集める

SWOT分析は実施方法や担当者によって、情報が偏ってしまう可能性があるため注意が必要です。視野を広くもち、正確性と客観性をポイントにしながら情報を集めましょう。

社員や現場のスタッフ、顧客、取引先など、あらゆる視点に立って事業全体を捉えることが大切です。

また、SWOT分析は万能なフレームワークという訳ではないので、クロスSWOT分析やPEST分析、5フォース分析など、複数のフレームワークを組み合わせることをおすすめします。

強みにも弱みにもなり得る項目に注意する

項目によっては強みにも弱みにもなり得るものが存在します。カテゴリーには分類できないものは、別に扱うなどして工夫しなくてはいけません。

また、誰にとっての強みや弱みなのかを考えるのも重要な視点です。例えば、顧客にとっては利点であるものも、企業にとっては弱みになる事項もあります。

その場合は、視点を変えながらSWOT分析を複数実施するなどして、対応するようにしましょう。

SWOT分析を考える際に使えるフレームワーク

ここでは、SWOT分析と併せて活用することで、精度の高い分析を実施できるフレームワークを紹介します。

5フォース

図_5フォース分析の例.png

5フォースとは、新規参入の脅威、原材料などを供給する供給業者、代替製品・代替サービスの脅威、買い手である顧客、既存競合者同士の敵対関係の5つの観点から、 企業を取り巻く業界の構造を把握するための考え方 です。

5フォース分析のテンプレートはこちら

5フォース分析のテンプレート

5フォース分析のテンプレート【パワーポイント形式】

バリューチェーン

図_バリューチェーン分析.png
バリューチェーン(価値連鎖)とは、事業を「主活動」と「支援活動」に分類した上で、どのフェーズで価値を出しているのかを分析するためのフレームワークです。分析結果をもとに事業の競合に対する強みを導き出し、事業戦略に役立てます。

参考:「バリュー・チェーン分析」の4つのステップ!事業のムダをなくして圧倒的な成長スピードを実現するフレームワーク

▼バリューチェーン(小売業)のテンプレート

バリューチェーン(小売業) テンプレート

バリューチェーン(小売業) テンプレート【パワーポイント形式】

▼バリューチェーン(製造業)のテンプレート

バリューチェーン(製造業) テンプレート

バリューチェーン(製造業) テンプレート【パワーポイント形式】

PEST(ペスト)分析

図_PEST分析の要素.png

PEST分析とは、Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)の頭文字を取った、マクロ環境分析を行うためのフレームワークです。自社を取り巻くマクロ環境(外部環境)が今後どのような影響を与えるのかを、把握・予測するために行います。

参考:PEST(ペスト)分析とは?やり方やコツ、分析に役立つフレームワークを解説【テンプレートあり】

▼PEST分析のテンプレート

PEST分析のテンプレート

PEST分析のテンプレート【パワーポイント形式】

有名企業に当てはめて考えた事例

国内の有名企業をSWOT分析のフォーマットに当てはめた、具体的な分析事例を見ていきましょう。ぜひ、自社でSWOT分析を実践する際の参考にしてみてください。

トヨタ自動車株式会社

トヨタ自動車株式会社を例にSWOT分析を行ってみた事例です。

環境 プラス要因 マイナス要因
内部環境 【強み】
・ブランド力
・販売力
・高い営業利益
・自動運転技術への積極投資
【弱み】
・軽自動車生産に力を入れてこなかった
・中国市場への進出で競合他社より出遅れた
外部環境 【機会】
・東南アジアで自動車ニーズ拡大
・「コネクテッドカー」「自動運転」「EV」「カーシェア」など自動車業界で技術革新が進み、新たな切り口での成長可能性がある
【脅威】
・人口減少社会で国内市場は縮小
・家族形態が変化し、ファミリーカーの需要減
・「コネクテッドカー」「自動運転」「EV」「カーシェア」など自動車業界で技術革新が進む中、異業種からの新たな競合が現れる可能性

株式会社三越伊勢丹ホールディングス

株式会社三越伊勢丹ホールディングスを事例にSWOT分析を行ってみた事例です。

環境 プラス要因 マイナス要因
内部環境 【強み】
・業界トップ企業
・高い販売力・ブランド力
・富裕層の優良顧客を持っている
【弱み】
・顧客の高齢化
・収益を新宿伊勢丹に依存している
・業績の悪い支店がある
外部環境 【機会】
・中国人観光客の増加
・ASEANの経済発展に伴う店舗進出・発展可能性
・EC市場の拡大
【脅威】
・人口減少社会で国内市場は縮小
・家族形態が変化し、ファミリーカーの需要減
・景気低迷
・人口減少社会
・個人消費の縮小
・業界全体での売上縮小
・法人の贈答需要減
・競合との競争激化
・EC業界の台頭

SWOT分析でまずは外部要因と内部要因を明確にしよう

企業の戦略の方向性を決定するために、 外部環境の変化をどれだけビジネスチャンスとして捉えられるか が必要な視点であり、そのためにSWOT分析を行うことは必須と言えます。

まず、外部要因を検討して、何がどのように変化しているのかを把握するところから始めて、内部要因とすり合わせて戦略を考えていくようにしましょう。

▼ ツールを使った3C分析・競合分析の事例をご紹介

Dockpitを使った3C分析、競合分析例を資料でご紹介!

Dockpitを使った3C分析、競合分析例を資料でご紹介!

ひとつのツールで3C分析ができる!「Dockpit」を活用したマーケ戦略立案に直結するデータ分析手法についてご説明します。

関連資料のご紹介

SWOT分析と合わせて行う競合分析の資料はこちら

他社に差をつける!競合分析の教科書

【他社に差をつける!競合分析の教科書

他社と差別化し自社製品の優位性をWeb上でアピールするためにやっておきたい、競合分析の手順を解説いたします。

▼マーケター必見!フレームワークテンプレ集

【記入例付き】マーケティングフレームワーク テンプレート集!

【記入例付き】マーケティングフレームワーク テンプレート集!

マーケティングで活用することの多いフレームワーク12選をテンプレート化。各フレームワークごとに、BtoBの記入例を3種類ずつ添付しました。

フレームワーク関連記事

フレームワークとは〜思考時間を短縮して成果を上げるビジネスフレームワーク9選

フレームワークとは〜思考時間を短縮して成果を上げるビジネスフレームワーク9選

ビジネスを行う上で「どうやったら集客できるの?」「どうやったら売れるの?」と考えるとキリがないですし、考えた結果、どうしていいのかわからない!ということも少なくありません。そういった考えるべきポイントをパターンとして落とし込み、誰でもできるようにしたものがフレームワークです。

PEST(ペスト)分析とは?やり方やコツ、分析に役立つフレームワークを解説【テンプレートあり】

PEST(ペスト)分析とは?やり方やコツ、分析に役立つフレームワークを解説【テンプレートあり】

今回は、さまざまなビジネスフレームワークの中でも、特に自社を取り巻く外部環境を分析する「PEST分析」についてご紹介します。 PESTの4つの要因は企業努力のみで変化させられるものではないため、おろそかにしがちですが、今後自社が進む方向性を決定するためには欠かせません。 まずは本記事を参考にしながら、そもそもPEST分析とはなにか、どのような影響が考えられるのかを把握して、ビジネスチャンス獲得の手がかりの1つとしてみてはいかがでしょうか。

まずは意味を押さえよう!知っておきたいビジネスフレームワーク

まずは意味を押さえよう!知っておきたいビジネスフレームワーク

マーケティングの仕事に限らず、あらゆる職種でビジネスフレームワークを利用することがあります。しかしビジネスフレームワークは多数存在しているため、そのすべてを把握することは難しいかもしれません。そこで本記事では「頻繁に使われる」「基本中の基本」など、特に重要なビジネスフレームワークを紹介します。

事業・経営の戦略や企業分析を円滑にするビジネスフレームワーク20選

事業・経営の戦略や企業分析を円滑にするビジネスフレームワーク20選

今回は、ビジネスの様々な分析に役立つフレームワークをまとめてご紹介します。戦略の方向性を決めるものや内部資源を分析するものまで様々ですので、一通り知っておきましょう。