まとめ

今回行った施策では、ハッシュタグを変更しただけで、それ以外は投稿内容や投稿するタイミングを変えてはいません。

施策の結果、ユーザーが検索するであろうライフスタイルに関連したハッシュタグを設定すること投稿につけられる「いいね」数が14.6%増えました。一方で、多くのユーザーが使う人気のハッシュタグをつけたからといって、いいねが増えるわけではないという結果も得られました。

ユーザーが検索するであろうハッシュタグを投稿につける際には、ユーザーがなぜその検索を行うのかを考えるのが重要です。
検索されやすいハッシュタグをつけただけでは、ユーザーが知りたい・見たい情報とのズレが発生してしまいます。それではユーザーも投稿に対して「いいね」をつけたくはならないでしょう。
画像の質を高めたり、投稿文の質を高めるには工数もスキルも必要です。
「いいねを獲得したいけど写真や文章のスキルはないし…」という方は今回紹介した事例をもとに、ハッシュタグを変更してみてはいかがでしょうか。