こんにちは、株式会社wevnalの馬場弾です。前回は「企業がインスタグラム運用でコケないために押さえたい3つの運用テクニック」というテーマのもと寄稿させて頂きました。

今回の本記事は、企業アカウントにおけるInstagram(インスタグラム)運用に関して実例をもとに、さらに深堀りしていく内容でお送りします。

参考:
絶対に失敗したくない!企業がインスタグラム運用でコケないために押さえたい3つの運用テクニック|ferret

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます

さて、皆さんの自社アカウントのフォロワーは何人いますでしょうか。
理想との乖離はどうでしょうか。

SNSを運用するにおいて、フォロワーの獲得は非常に重要かつ困難な問題ですよね。ただ闇雲に更新したところで誰にも見てもらえなければ意味がなく、言わずもがなフォロワーを買ったところで企業のファンは付きません。

それでは一体、少ないリソースの中で効率的にフォロワーを増やすには、いったいどうしたら良いのでしょうか。

今回は "半年間でフォロワーを2万人増加させた" 当社が運営している女性向け動画メディア「fasme(ファスミー)」のインスタグラム運用の例を参考に、フォロワー増加のためのテクニックをお教えします。少し手間をかけてあげるだけで確実に効果が出ます。必見ですよ!
  

世界観の統一

8546_011.jpg

企業インスタグラムを運用するにおいて、最も大切なことは「世界観の統一」と言えるでしょう。つまり、テーマを設定するということです。インスタグラムは、SNSの中で最も「ビジュアル性」が求められる場です。一貫したビジュアルの統一感、扱うテーマの統一感が非常にカギになってきます。
  

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

自己紹介文の設定

まず、少ない情報の中でアカウントの特徴を伝えるために、自己紹介文を疎かにしてはいけません。

例えば、飲料ブランドのアカウントなら「〇〇の公式アカウントです。〇〇のおいしい飲み方・アレンジ術をお教えします♪」という名乗り方ができます。メディア系のアカウントなら、「鏡を見るのが好きになる~ワタシカワイイ計画~ 〇〇は女の子のための動画マガジンです♡」というように、キャッチコピーを頭に持ってきて自己紹介する場合が多いです。

この自己紹介文で、如何に他アカウントと差別化できるか・個性を出せるかが、まず1つ目の勝負どころです。
  

プロフィール画面の統一感

ハッシュタグ検索やオススメ欄で気になる投稿がある時、ユーザーはそのアカウントのプロフィール画面へ遷移します。その際にユーザーの興味を惹き付けるポイントは、主に「画像投稿欄」にあります。

画像投稿欄では横に正方形画像が3枚並んでいて、それがスクロールの下まで連なっています。ここの統一感こそが、アカウントの世界観を彩る大きな要素です。

例の女性メディアが心掛けているのは、以下の3点になります。
8546_002a.png

1. 写真の彩度・フィルターの統一
全体的にピンクっぽい、淡いフィルターや画像で統一している
2. 投稿順序
画像と動画を交互に投稿し、顔が並びすぎないようにしている
3. 共通の装飾
動画に共通の枠を付けることで、バラつきを抑えている

ちなみに、世界観を統一する前の同アカウントがこちらです。
8546_003a.png

統一前の投稿画面は動画のサムネイルや画像の選び方がまちまちで、アカウントのテーマ・魅力が一向に伝わってきません。一方で統一後の画面は、9枚の並びだけで世界観がしっかり演出されていますね。視覚性を重視するインスタグラムユーザーにとって、このようにビジュアルで世界観が伝わるアカウントはフォローの対象になる訳です。

ユーザーの興味を惹くには、まずは世界観の担保から!ボヤっとした指標だからこそ、その統一には継続と根気が必要です。だからこそ真っ先に取り組んで、しっかり育ててあげましょう。
  

自動フォロー&いいねツールの活用

インスタグラムの最大の特徴であり欠点であるのが「拡散性の低さ」です。TwitterやFacebookがリツイートやシェアで拡散するSNSだとしたら、インスタグラムは写真や動画を身内または同じ趣味の人だけで楽しむ閉鎖的なSNSという位置付けで拡散方法は限られています。

しかし、アカウントの存在を知ってもらわない限り、フォロワーは増えません。では、どのようにして潜在層にリーチすれば良いのでしょうか。

ここで心強いのが「自動フォロー&いいねツール」です。

フォローやいいねをされたユーザーのもとには通知が届きます。その通知が来たアカウントページに飛んだ時、自分の趣味に一致していたり興味がそそられたりすれば、フォローの動機になります。いわば、「私はここにいるよ!」とユーザーに知らせるためのツールというわけです。

実はこのようなサービスは自体は色々あり、その中でもオススメのサービスをご紹介します。

#LIKESの引用

8546_005a.png
https://hashlikes.jp/

指定したハッシュタグ(フォロー・いいね各15個まで登録可能)を付けて投稿しているユーザーに、自動でフォロー・いいねをしてくれます。

フォローの場合は、ロケーションを指定したりスパムや既存フォロワーを除外したりフォロースピードを指定したりという細かい設定が可能です。

いいねの場合は、その投稿における最大いいね数を指定することができます。なぜなら、1投稿あたり何千いいねも獲得するようなユーザーは、たかが1いいねの通知に気付かない可能性が高いからです。これは、自社アカウントのブランド力に合わせて設定を変更するのが良いでしょう。

そして、フォロワーが1,000を超えたあたりで自動フォローは止めて、自動いいねだけを使用します。フォロワー数よりフォロー数の方が多いアカウントは"胡散臭い"という印象をもたれてしまう可能性があります。また、自動いいねはそのシーズンに合わせた「時事ネタ」をハッシュタグに指定しましょう。2週に1度くらいのペースで更新していくと、安定的にフォロワーを増やすことができます。

待っててもユーザーに見つけてもらえないのなら、自分から見つかりに行くしかないのです。