SNSトラブルの一つにアップロードした写真から位置情報を特定されてしまう、といった事例も起きています。
特に、写真や動画の投稿が主となるInstagram(インスタグラム)では、そういったトラブルに遭う可能性もありますので注意が必要です。

今回は、そのようなトラブルを未然に防ぐために知っておくべき知識と投稿方法について解説します。
普段、何気なく投稿していても知らず知らずに個人情報が筒抜けになっている危険性もありますので、是非参考にしてみましょう。

▼全てのインスタグラムアカウントを丸裸に!▼
ferretが提供するインスタグラム解析ツール「ナビスタ」。10日無料キャンペーン中

写真から位置情報が分かる理由

インスタグラムに限らず、写真ファイルには位置情報が確認できる「Exif(イグジフ)」というデータが含まれています。
Exifには、写真を撮影した時の位置情報や撮影された日時、撮影したカメラの機種など、様々な情報が含まれるデータとなります。

例えば、以下の写真で解説します。
(加工済みとは、編集後の写真を指します。)

1

この写真に含まれるExifデータは、主に撮影に使用したカメラの機種、撮影日時、撮影場所に関するデータを読み取ることができます。

2

インスタグラムにおけるExif情報の扱い

インスタグラムについては、投稿した写真に含まれる個人情報などの主要なデータを一部の例外を除き自動的に消去されます。
そのため、インスタグラムに投稿した写真や動画を、なんらかの方法でダウンロードしたとしても、その投稿に紐づいているExifデータを確認することはできません。
※例外については以下で解説。

インスタグラムの位置情報機能について

前述では、基本的にExif情報が消去されると記載しておりますが、一部の機能ではExifデータを間接的に利用する可能性があります。
それは地図に撮影した写真を配置する「フォトマップ」という機能が該当し、利用する際は注意しましょう。

フォトマップを利用する際は、プロフィール画面の中央あたりにあるメニューバーの、左から3番目のボタンをタップすることで確認することができます。

3

フォトマップ機能をONにしていると、投稿しようとしている写真に含まれるEixfデータや、スマホ端末のGPS情報から場所を特定し、インスタグラムの地図上に表示します。
つまり、Exifデータが消えていると思っていてもフォトマップ機能をONにしていれば、Eixfデータを元に位置情報などが特定される可能性がでてくるということです。

4

なお、GPSをOFFにしている場合であっても、フォトマップがONになっていれば同じように表示されてしまうので、注意が必要です。

フォトマップ機能をOFFにする方法

フォトマップ機能をOFFにする方法を解説します。

まず、通常通りにインスタグラムを起動して写真を撮影します。
その後、キャプションを入力してシェアをする画面に遷移しますので、そこでフォトマップ機能をOFFにすることができます。

5

上画像の赤い丸印の部分が、緑色になっているとフォトマップ機能がONになっています。
ボタンをタップして、画像のように赤印部分が白くなっていれば、完了です。

まとめ

今回は、インスタグラムで投稿内容から個人情報が流出しないために知っておきたいことを解説しました。
何気なくWeb上にアップしている写真や動画から個人情報が抜き取られてしまって、思いもよらないトラブルに発展する可能性はゼロではありません。

トラブルに巻き込まれないためにも、投稿内容には十分配慮するようにしましょう。

▼全てのインスタグラムアカウントを丸裸に!▼
ferretが提供するインスタグラム解析ツール「ナビスタ」。10日無料キャンペーン中

このニュースを読んだあなたにオススメ

情報を漏洩しないための具体的対策
Webに関連する法律の理解度チェック!Web関連法規についての設問4つ【解説付き】
ホームページを運営する際に想定できるリスク対策の解説記事10選

このニュースに関連するカリキュラム

情報を漏洩しないための具体的対策

情報を漏洩しないための具体的対策

個人情報の漏洩はあってはいけないことです。しかし、漏洩することを想定して備えておくことも重要です。盗難、持ち出し、不適切な廃棄、過失、コンピュータウィルスなど想定される漏洩ごとに対策を紹介。