※本記事は、2017年5月11日に公開された記事をマケスト提供により一部再編集を行っております。

インスタグラムを運用しているなかで、どの程度ホームページへの誘導ができているかといった成果に関わる数値を求められることは多いでしょう。
「自社のアカウントはどういった属性のユーザーにフォローされているのか」「投稿はどの程度ユーザーに見られているのか」といった情報も企業としてはチェックしておきたいところです。しかし、分析ツールを有料で利用するまでではない方もいるかもしれません。

今回はインスタグラム インサイトの基本的な使い方を紹介します。
インスタグラム インサイトでは、インプレッションやリード、フォロワーの属性といった基本的な情報を取得することができます。無料で利用できるので、「まずは大まかな情報をみたい」という方にとって重宝するでしょう。

インスタグラムインサイトとは

インスタグラムインサイトとは、フォロワーについての情報や投稿のインプレッションやリードといった基本的な数値を確認できる機能です。
Facebookページリンクしているビジネスプロフィールのアカウントのみ無料で利用できます。

2017年5月現在、アプリ版でのみ提供されています。パソコン版からはアクセスできないので、注意してください。

参考:
[Instagramの個人用プロフィールをビジネスプロフィールに変更するには?]
(https://www.facebook.com/business/help/502981923235522)
Instagramインサイトとは何ですか。

インスタグラムインサイトでできること

スクリーンショット_2017-05-09_11.48.19.png

インスタグラムインサイトは、プロフィール画面から確認できます。
画面上部のアイコンを選択すると、下記のような基本画面が表示されます。

スクリーンショット_2017-05-09_11.50.48.png

では、それぞれどういった内容が確認できるのか見てみましょう。

1.全投稿への反響の確認

スクリーンショット_2017-05-09_13.08.58.png

インサイトの基本画面上部から、その週の投稿に対して得られた反響の総数を確認できます。

・インプレッション…投稿が閲覧された回数
・リーチ…投稿を閲覧したユニークユーザー数
・プロフィールビュー…プロフィールページを閲覧した回数
・ウェブサイトクリック…プロフィールページに記載されたホームページのURLがクリックされた回数

画面をスワイプすると、それぞれの項目が表示されます。

参考:
[Instagramインサイトだけじゃない!Instagram分析サービス比較]
(http://www.d2c-smile.com/201612168349)

2.投稿に対する反響の確認

インサイトの基本画面または、投稿画面から、投稿に対するインプレッション数や保存数が確認できます。

インサイトの場合、下記の手順でチェックしましょう。

スクリーンショット_2017-05-09_12.25.44.png
スクリーンショット_2017-05-09_12.25.55.png

1.人気投稿から「もっと見る」を選択

2.画面上部の文章を選択し、絞り込みたい条件で設定

3.表示される投稿の「インサイトを見る」を選択

4.表示された情報を確認する

確認できる情報としては以下の通りです。

・いいね!…投稿に対していいねがついた数
・コメント…投稿に寄せられたコメント数
・保存済み…投稿を保存したユニークユーザー数
・インプレッション…投稿が閲覧された回数
・リーチ…投稿を閲覧したユニークユーザー数
・エンゲージメント…いいね!とコメントの総数

なお、上記の情報はインサイトの基本画面にアクセスしなくても、投稿画面から確認できます。投稿から「インサイトを見る」を選択して、確認しましょう。

3.ストーリーに対する反響の確認

投稿と同様に、ストーリーに対してもインプレッションやリーチなどを確認できます。
通常の投稿とは異なり、以下の2つの指標が追加されます。

・返信…ストーリーへメッセージが送信された回数です。
・ストーリーからの移動…ストーリーから、他の人のストーリーや自分のフィードに移動された回数です。

参考:
[Instagramではどのようなインサイトを確認できますか。]
(https://www.facebook.com/business/help/788388387972460)
[インスタグラム ストーリーズにおける広告の試験運用を開始]
(https://ja.newsroom.fb.com/news/2017/01/instagram_stories-ad/)

4.フォロワーの分析

スクリーンショット_2017-05-09_13.02.56.png
画像出典元:https://ja.newsroom.fb.com/news/2016/08/instagram_businesstool/

フォロワーが100人以上いる場合、フォロワーの分析が可能です。

・フォロワー数
・フォロワーがインスタグラムを利用している時間帯
・性別
・年代
・場所

上記の情報を確認できます。
また、性別ごとの年代も確認できるので、自社のアカウントがどういった層にフォローされているのか分析できるでしょう。

5.運用している広告の確認

インスタグラムインサイトでは、過去に配信したものを含め、運用している広告の内容を確認できます。
新しい広告の作成もインサイトの画面から行えるので、広告マネージャーを開かずとも広告の運用が可能でしょう。

インスタグラム インサイトでできないこと

充実した分析機能を持つFacebookインサイトに比べて、インスタグラムインサイトにはできないことも多くあります。
インサイトで利用できることだけでなく、できないことも把握しておきましょう。

1.パソコンからの利用

インスタグラムインサイトは、2017年5月現在、アプリ版のみの提供となっています。
パソコンから情報を閲覧することはできないので注意してください。

参考:
[デスクトップコンピューターでInstagramインサイトを表示できますか?]
(https://www.facebook.com/business/help/553734014795385)

2.データのダウンロード

確認した情報はデータやグラフとして保存しておきたい方もいるでしょう。ですが、現在CSVなどによるデータのダウンロード機能はありません。

参考:
[Instagramで見られるインサイトをエクスポートできますか?]
(https://www.facebook.com/business/help/824110721067157)

まとめ

インスタグラム インサイトは、ビジネスプロフィールのアカウントが利用できるアクセス解析機能です。

投稿のインプレッション数やリーチといった基本的な情報を取得したり、フォロワーの属性を確認したりといったアクセスの解析が可能です。企業としては、効果測定や投稿の目標設定などに活用できるでしょう。

2016年8月にリリースされて以来、2017年3月にはストーリーへの分析も行えるようになるなど、インスタグラムインサイトは機能を拡充させつつあります。
今後、より多くの情報を分析できるようになれば、企業にとっても役に立つツールとなるでしょう。

参考:
Instagram、ビジネスコミュニティ向けのビジネスツールを日本で導入開始
[インスタグラム ストーリーズにおける広告、世界中のあらゆる規模のビジネス向けに提供開始]
(https://ja.newsroom.fb.com/news/2017/03/instagram_stories-ad-launch/)

まだまだあります!SNSを活用したサービスはこちら[マケスト提供]