SNS時代になり、企業もSNSマーケティングが欠かせなくなりました。世界的にも利用ユーザー数が多いInstagramはより多くの生活者にリーチしやすいのがメリットですが、だれでも始められるからこそ競合が多く、ポイントを押さえて運用する必要があります。

そこで今回は、Instagramの基礎知識を踏まえて、成果が出やすい運用のコツをご紹介します。Instagramはハッシュタグなどを通じてトレンドに合ったコンテンツを発信すれば話題を集めやすく、集客やブランディングに貢献するので、積極的に活用していきましょう。

目次

  1. Instagram(インスタグラム)アカウントを企業が運用すべき理由
  2. Instagram(インスタグラム)の特徴
  3. 企業がInstagram(インスタグラム)アカウントを運用する目的
  4. Instagram(インスタグラム)アカウントを運用する前に準備すること
  5. Instagram(インスタグラム)アカウントのフォロワーを増やすには
  6. Instagram(インスタグラム)アカウント運用時に見るべき指標(KPI)
  7. Instagram(インスタグラム)広告やインフルエンサー(インスタグラマー)とのコラボも検討
  8. BtoB企業のInstagram(インスタグラム)アカウント活用事例
  9. Instagram(インスタグラム)アカウント運用に役立つツール5選
  10. Instagram(インスタグラム)アカウント運用の成功の秘訣はPDCAを回すこと
Instagram広告はじめてガイド

Instagram広告はじめてガイド

特徴や配信前に知っておくべきことについて解説します。

Instagram(インスタグラム)アカウントを企業が運用すべき理由

インスタグラム_企業のブランディング.png

Instagramは画像や動画など視覚的なコンテンツが主なので、世界観使用感などのニュアンスまで表現しやすく、商品やブランドのイメージを詳細に伝えることができるのが特徴です。

YouTubeやTikTokなどの動画SNSでも伝えることはできますが、Instagramの場合、アカウントのホーム画面で各投稿を一覧表示することができ、統一感を持たせて独自性を伝えることができます。これはInstagramならではの特徴で、企業イメージの向上に貢献するでしょう。

Instagram(インスタグラム)の特徴

InstagramにはほかのSNSとは違った特徴があります。代表的な3つの特徴を紹介します。

ユーザー層が広がっている

Instagramは、国内の月間アクティブアカウント数が3300万を突破(2019年3月時点)したことを発表しました。また、Instagramといえば20~30代の若い女性がメインユーザーでしたが、年々ユーザー数が伸び続け、現在は男性や40~50代のミドル層も多く活用するようになりました。従来のユーザー層とターゲット層がずれていた企業でも、今後はターゲット層がInstagramを活用する可能性が高いです。

参考:Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万を突破|Meta社(旧Facebook社)

写真や動画がメイン

Instagramは写真や動画などの画像投稿が必須です。テキストメインのTwitterとは対照的で、豊富な画像加工機能などを使いながら写真を美しく表現できます。すでに興味関心を持つユーザーがハッシュタグ検索をすることがあり、インパクトのあるビジュアルのコンテンツを投稿すれば、より多くの注目を集めやすくなります。

拡散されにくい

InstagramはFacebookやTwitterのようなシェア機能がないので、拡散されにくいのも特徴です。情報を探す時は主にハッシュタグ検索が行われ、すでに興味関心を持っているホットユーザーだけがコンテンツを見つける可能性が高いです。

企業がInstagram(インスタグラム)アカウントを運用する目的

企業がInstagramアカウントを運用する際、どんな目的で活用できるかを解説します。

認知拡大

商品やブランドの認知度を高めるためにSNSマーケティングを行う企業は多く、Instagramはとてもよく活用されます。Instagramは写真や動画がメインなので、テキストではなかなか魅力を伝えにくい場合に適しているでしょう。

集客

InstagramはECサイトと連携でき、商品やサービスを紹介する投稿にタグ付けしてそのままECサイトへ遷移させることが可能です。特にアパレルなどファッション業界との親和性が高く、動画で服の素材感を伝えたり全体像を見せたりしてプロモーションを成功させている企業も多いです。

ブランディング

写真や動画などビジュアルでイメージを訴求できる点は、ブランディングにも適しています。繰り返しブランドの世界観を伝えることで、フォロワーの熱量を高めてファン化し、ロイヤルカスタマーへ育てやすいのがメリットです。

Instagram(インスタグラム)アカウントを運用する前に準備すること

Instagramアカウントを上手に活用するには、運用前の準備が重要です。4つのポイントを紹介します。

目標を決める

Instagram運用はSNSマーケティングの一環なので、Instagramで何をしたいか目標を決めます。売上を上げたいのか、認知度を高めたいのか、コアユーザーとなるファンを増やしたいのか、ブランディングをしたいのかなどで投稿するコンテンツの内容が変わるので、最初に目標を明確にしておきましょう。数値も決めておくとより具体的な計画が立てられます。

ターゲットを決める

次に、Instagramでどんなターゲットにコンテンツを届けたいかを決めます。目標を前提に「この目標を達成するにはだれにアプローチするべきか」を考えましょう。また、そのターゲットがInstagramユーザーにおいてどれくらいの割合を占めているかも把握しておくと、訴求する際の難易度もイメージできます。

世界観を決める

Instagramはアカウントのホーム画面で投稿が一覧表示されるため、コンテンツの世界観を統一するのがポイントです。世界観が明確だと魅力を伝えやすく、ファンとなるフォロワーが増えやすい傾向があります。ブランディングする際は特に世界観が重要なので、最初から色味や画像のテイストなどを決めておきましょう。

投稿内容・頻度を決める

世界観と合わせて、Instagramで投稿するコンテンツの内容と、投稿頻度を決めます。商品情報が中心なのか、お役立ち情報が中心なのかなど、大体の方向性を決めておくと企画を立てやすくなります。また、SNSは継続的に投稿をし続けることが大事なので、投稿頻度を決めて運用体制を整えましょう。

Instagram(インスタグラム)アカウントのフォロワーを増やすには

インスタグラムのフォロワー数を増やすには.png
拡散性が低いInstagramは、フォロワーを増やすのに工夫が必要です。どんな取り組みをすれば効果的にフォロワーを増やせるのか解説します。

Instagramの基本機能を理解する

Instagramには、一般的な投稿機能だけでなく、24時間で消える写真や動画を投稿できるストーリーズ、残しておきたいストーリーズをテーマごとにまとめてプロフィール上に保存できるハイライト、30秒までの短い動画を編集して作成できるリール、最大1時間の動画を共有できるIGTVといった機能があり、これらを目的に合わせて有効活用すると効果的です。

ハッシュタグを活用

シェア機能がないInstagramではハッシュタグの活用が欠かせません。興味を持ちハッシュタグ検索をしているユーザーにアプローチできれば、主体性があり能動的に情報収集している見込み顧客を獲得することが可能です。

ストーリーズでコミュニケーション

気軽にスタンプやコメントなどのリアクションができるストーリーズは、ユーザーとコミュニケーションをする接点となります。親近感を持ちやすい動画などを投稿するなどすれば、ユーザーのエンゲージメントを高めるのに貢献するでしょう。

発見タブのアルゴリズムを知る

発見タブはInstagramで検索する際に活用する虫眼鏡マークをタップした際に表示される画面で、Instagramのアルゴリズムによってユーザーにおすすめする投稿が一覧表示されます。ユーザーが興味関心を持っているだろうコンテンツを表示するので、有力な流入元になります。そのアルゴリズムを理解することで、露出を高められます。

Instagram(インスタグラム)アカウント運用時に見るべき指標(KPI)

Instagramの運用を開始するにあたって、効果検証して改善する指標となるKPIを6つ紹介します。

Instagramのインサイトをチェックする

Instagramはインサイト機能によってデータ分析が可能です。アカウントのホーム画面にある「インサイト」ボタンからアカウント全体の状況を、各投稿画面下にある「インサイトを見る」ボタンから各投稿のパフォーマンスを把握できます。

投稿リーチ数

投稿リーチ数とは、投稿を見た人の数です。リーチ数を確認すればどれだけのユーザーにコンテンツを届けられているかが確認できます。

プロフィール閲覧数

プロフィール閲覧数は、どれだけのユーザーが投稿からアカウントそのものに興味を持ってプロフィールまで閲覧したかがわかる指標です。投稿リーチ数よりも著しく低ければ、投稿内容に魅力が足りないということで、投稿内容の改善が求められます。

フォロー完了率

フォロー完了率は、フォロー÷プロフィールへのアクセス×100で計算できます。プロフィールが閲覧されているのにフォローが伸びない場合は、プロフィールの魅力が足りない可能性が高く、プロフィール文の見直しが必要です。

投稿保存数

投稿保存数はユーザーが「また見たい」と思った証拠で、有益なコンテンツを投稿できているかが把握できます。投稿保存数が多いほどユーザーが興味関心を持つため、より多くの保存数が得られるように動画などをうまく活用して投稿の質を上げましょう。

データ分析から改善策を検討する

これらのデータ分析を行い、課題がある数値を見つけたら改善策を考えましょう。いくつか改善すべきKPIがあったとしたら、一度にすべて改善しようとせず、特にマイナスの影響があるKPIから優先的に改善するのがおすすめです。

Instagram(インスタグラム)広告やインフルエンサー(インスタグラマー)とのコラボも検討

アカウントに最初から注目を集めるのが難しいので、一時的に露出を高めて認知度を上げるために、Instagram広告を出したりインフルエンサーにPRを依頼してコラボしたりするのもおすすめです。

Instagram広告は静止画だけでなく動画でも訴求できるので、インパクトのある広告をターゲットに表示させることで、フォロワーを増やしたりECサイトに誘導したりすることが可能です。インフルエンサーとコラボする際は予算を決めて、自社アカウントと親和性が高い相手に依頼するようにしましょう。

BtoB企業のInstagram(インスタグラム)アカウント活用事例

BtoB企業でInstagramアカウントをうまく活用している事例を紹介します。

Sky株式会社

image1.jpg

開催したりとさまざまな取り組みを行っています。また、実際に働いている社員の写真とともに受注営業など業務に取り組む姿勢を発信し、ブランディングに寄与しています。

Sky株式会社 Instagram

株式会社リクルート

image2.jpg

株式会社リクルートは、リクルート従業員のメッセージを紹介する「RECRUIT Interview」を公開し、リクルート従業員のオフ時間の過ごし方を発信するなど「新しい働き方」のヒントをシェアしています。仕事の魅力や働き方の提案を行うことで、リクルートの企業イメージを高めている点が、ブランディングを成功させています。

株式会社リクルート

Instagram(インスタグラム)アカウント運用に役立つツール5選

Instagramアカウントを効果的に運用するために活用したいおすすめのツールを5つ紹介します。

Hootsuite(フートスイート)

スクリーンショット 2022-02-27 1.18.30.jpg

HootsuiteはSNSアカウントを一括で管理できる無料ツールです。無料でもアカウントを3つまで一括管理できるので、Instagram以外にもSNSを活用している企業に適しています。

ダッシュボードに複数のSNSを同時に並べられるので比較しやすく、Hootsuiteからすぐに投稿したり、予約投稿したりできるうえに、アクセス解析などのレポートで効果を分析できるので、改善したらすぐにすべてのSNSに展開できるのが魅力です。より詳細な分析をしたい場合は有料プランがおすすめです。

Hootsuite

クリエイタースタジオ

スクリーンショット 2022-02-27 1.20.07.jpg

クリエイタースタジオはFacebookとInstagramアカウントコンテンツをデータ分析したり、新規投稿・予約投稿したりできる無料ツールです。FacebookとInstagramのアカウントが紐づいている必要があるため、2つとも運用している企業が利用できます。
クリエイタースタジオでは、インサイトから「いいね」の数やコメントの数、インプレッション数やプロフィールのアクセス数、さらにはユーザーの性別や年齢などのデータ分析が可能です。どんな投稿の反響が良いか、どんなユーザーから見られているかなどを見て効果改善するのに適しています。

クリエイタースタジオ

UNUM(ウヌム)

スクリーンショット 2022-02-27 1.21.30.jpg

UNUMは、Instagramの投稿前に写真のレイアウトを決められるアプリです。世界観を統一するために、レイアウトや加工を調整することによって注目されやすい見栄えがいいアカウントを構築できます。
Instagram専用のアプリですが、アカウントは複数登録できます。明るさ・彩度を調整したり、フィルターをつけたりする加工機能もあります。また、ハッシュタグをグループ分けして保存できる機能は、毎回ハッシュタグを1つずつつける手間が省けて非常に便利です。

UNUM

Insight Suite for Instagram

スクリーンショット 2022-02-27 1.22.51.jpg

Insight Suite for InstagramはSNSマーケティングを支援するスマートシェア社が開発した無料分析ツールです。Facebookの審査も通過していて、期間を指定してフォロワー数やリーチ数、インプレッション数、エンゲージメント数の推移を確認したり、フォロワーの属性や場所・時間帯を分析したりすることができます。通常の投稿だけでなく、ストーリーズのデータも分析できるのが特徴です。
さらに新しくインフルエンサーチェック機能も搭載され、PRを依頼する相手の選定もしやすくなりました。日本語のツールで使いやすいのも魅力です。

Insight Suite for Instagram

Social Insight

スクリーンショット 2022-02-27 1.23.53.jpg

Social Insightは、InstagramだけでなくFacebookやTwitter、さらにはYouTubeやLINE、TikTokなどあらゆるSNSの分析・運用ツールです。SNSでキャンペーンを実施したり、競合アカウントと比較したり、口コミを調査したりすることもでき、かなり質の高いSNSマーケティングが行えます。

すべてのSNSで予約投稿したり、ハッシュタグキャンペーンなどを自動化することもでき、頻繁に投稿したりキャンペーンを行ったりする企業は業務効率化が実現します。キャンペーンの反響調査や口コミ調査によって効果検証して改善しやすいのも特徴です。

Social Insight

Instagram(インスタグラム)アカウント運用の成功の秘訣はPDCAを回すこと

Instagramは継続的に更新して運用するSNSのため、効果を出すにはPDCAを回してより効果的な運用ができるように改善し続けるのがポイントです。

今回紹介した運用のポイントやおすすめのツールを活用して、SNSマーケティング初心者でも精度が高いInstagramマーケティングができるように賢く取り組みましょう。

Instagram広告はじめてガイド

Instagram広告はじめてガイド

特徴や配信前に知っておくべきことについて解説します。