ARフィルターは、実際の写真にエフェクトをかけて加工ができる技術です。写真アプリ「SNOW(スノー)」を筆頭にFacebook、InstagramなどのSNSでの活用の場が増えており、AR技術はリアルとの差があまり感じられないほど近年進化し続けています。

特にInstagramのARフィルターにおいては、他のSNSに比べてユーザー数の多さや今後の成長も期待されるサービスであるため、企業がマーケティングツールとして活用する機会が増えてきました。今回は、InstagranにおけるARフィルター「Spark AR」の活用方法とSpark ARを活用した企業事例を紹介します。

InstagramのARフィルター「Spark AR」とは?

InstagramのARフィルター「Spark AR」は、スマートフォンやタブレット端末からアプリのカメラ機能を使うと、自分の顔や背景などが加工され、さまざまな表現ができるARツールです。

例えば、カメラに写った顔や輪郭、体のパーツなどを自動で認識して、豊富な種類の中から好みのフィルターで加工すると、頭に猫耳をつけたり、メイクアップした華やかな顔になったり、輪郭や体のラインを識別して、背景を宇宙にして楽しむことも。静止した写真だけでなく、動画の撮影が可能なのも特徴の一つです。

2017年よりFacebookより提供されているSpark ARですが、Instagramではこれまで限られたクリエイターのみに提供されていました。ところが、2019年より誰でもARカメラエフェクトを作成し公開できるようになったことで、企業やブランドが、自社製品に関連したオリジナルのARフィルターをInstagramのSpark ARでユーザーに提供し、プロモーションやトライアルなどさまざまなアプローチを開始しています。

参考:Instagram、クリエイターがARカメラエフェクトを作成・公開できる「Spark AR」プラットフォームを提供開始

InstagramのSpark ARの活用メリット

InstagramのSpark ARは、アプリ内のカメラを通した映像にARエフェクトをかけ、さまざまな加工を楽しめるものです。それによってユーザーの「投稿したい!」という気持ちを醸成し投稿数を増やすことで、拡散に繋げる可能性が高まります。

また、広告っぽくないこともメリットと言えます。いかにも広告らしい広告ユーザーからの好感度が低いですが、ARフィルターであれば遊び心があり、一つの加工写真として自然に投稿することができ、ユーザーの抵抗感が少ないです。過剰に広告を出すとブランドイメージが下がってしまうリスクもありますが、自然に広告に触れることによりブランドイメージを保ったままプロモーションを行いやすくなります。Instagramであれば若年層ユーザーへのアプローチとしても効果的でしょう。

例えば、店舗を構えるファッションブランドがSpark ARを使ってオリジナルのARフィルターを作成する場合、背景画像を自社のお店や現場にすることで、自宅にいても実際に来店したかのような疑似体験ができるようになります。観光業との相性も良いでしょう。

また、化粧品会社などの美容系業界であれば、顔周りの加工をするARフィルターを作成することで、商品のトライアル体験としても活用できます。