around20のInstagramにおけるハッシュタグ検索の実態を明らかにすることを目的に、SHIBUYA109エンタテイメントがソーシャルロケーションサービス「MachiTag」を運営するジギョナリーカンパニーと共同調査を実施。

around20は82.9%がInstagramで情報収集

スクリーンショット 2019-10-28 15.24.09.png出典:SHIBUYA109 lab.

調査を行ったSHIBUYA109 lab.によると、「遊びに行く場所を検索する際に使用する検索ツール」という質問に対して得られた回答のうち、「Instagram(82.9%)」という回答が最も多い結果となったとのこと。GoogleやYahoo!といった「検索エンジン」は57.8%、次いで「Twitter」32.7%だった。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

56.4%が「行きたいカフェを探すため」に検索

スクリーンショット 2019-10-28 15.31.40.png出典:SHIBUYA109 lab.

around20はInstagramで「ハッシュタグ検索」を使って情報収集をしているという。ハッシュタグ検索を使うのは、「行きたいカフェを探すため(56.4%)」次いで「友達と遊びに行く場所を決めるため(52.0%)」と出かける際に利用していることが分かる。

この調査結果から、around20は「映え」といった「ビジュアル」を重視した情報収集にInstagramを用いている。

「ネップリ」がトレンドハッシュタグ

スクリーンショット 2019-10-30 14.06.51.png出典:SHIBUYA109 lab.

主にTwitterで使われていたハッシュタグがInstagramでもランクイン。ちなみにネップリとはネットプリントのこと。

around20のハッシュタグの検索ランキング

スクリーンショット 2019-10-28 15.38.53.png出典:SHIBUYA109 lab.

FOODのランキング、「#地名+カフェ(例:#渋谷カフェ)」での検索は鉄板とのこと。友達と出かける場所を決める際は、このハッシュタグで検索しているという。

*その他の調査結果は以下のリンクをご参照ください。
出典:around20のハッシュタグの使い方を徹底調査!

*アンケート調査概要
▼実施期間:
2019年8月
▼対象者
①SHIBUYA109 来館者around20(15〜24歳)女性
②MachiTag 渋谷・原宿・吉祥寺エリアのaround20(15〜24歳)女性

▼アンケート回収方法
SHIBUYA109館内調査及びMachiTag調査

▼有効回答数
N=450

SNS運用に関するデータを見る

10~20代の約60%がInstagramをきっかけに購入。投稿内容は全年代で「商品特性がわかるもの」が70%以上と重要視

10~20代の約60%がInstagramをきっかけに購入。投稿内容は全年代で「商品特性がわかるもの」が70%以上と重要視

株式会社Macbee PlanetがSNSを活用したマーケティングに関して、10~60代の男女500人を対象に意識調査を実施。回答から見えてきたのは、SNSマーケティングは年代による使い分けとSNSにあった情報発信が重要、ということでした。