株式会社Macbee PlanetがSNSを活用したマーケティングに関して、10~60代の男女500人を対象に意識調査を実施。回答から見えてきたのは、SNSマーケティングは年代による使い分けとSNSにあった情報発信が重要、ということでした。

どのSNSの投稿が最も購入の動機になりましたか?

10~20代は圧倒的にInstagram、他の年代はYouTube

出典:Macbee Planet出典:Macbee Planet

全年代で見ると、最も購入の動機になったのは「YouTube」。特徴的な傾向として、10~20代は「Instagram」が60%以上を占めた。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

SNSの投稿で重視するのはなんですか?①

「商品特性がわかるもの」が70%以上を占める

出典:Macbee Planet出典:Macbee Planet

ユーザーが重視しているものとして、「詳細な使用感やレビュー」「写真」「商品の概要説明」「いちユーザーとしての声」といった「商品特性がわかるもの」に関して70%以上が重視していることがわかりました。

SNSの投稿で重視するのはなんですか?②

10~20代は「投稿の見た目」、50~60代は「投稿の内容」を重視

出典:Macbee Planet出典:Macbee Planet

10~20代は「投稿の見た目」を重視している人が42%に対し、50~60代は23%と開きがある結果だった。50~60代が重視する対象として51%が「投稿の内容」としているのが特徴的。

どちらの方が購入する際の参考になりますか?

ほぼ半々だが、企業アカウントの方が信頼度は高い傾向に

出典:Macbee Planet出典:Macbee Planet

同一内容を投稿した場合どちらの方が購入の参考になるか、という問いについてはほぼ半々の結果に。企業アカウントの投稿の方が情報の信頼度は高い傾向にあることがコメントから読み取れた。

<友達または有名人>
・企業はいいことしか言わなさそう
・消費者の目線に近いから
・良いことも悪いことも思ったように書いていて、中立的な見解に感じる
・売り手より買い手の意見を知りたい
<企業アカウント>
・フェイクは流さないだろうと思える
・情報に対しての責任の所在がはっきりしている
・主観や先入観があまりはいっていないから商品自体の情報が最もはっきりしている

*詳しくはこちらをご覧ください
最も購入動機となるSNSは「YouTube」で3割 10~20代は「Instagram」が6割と最多

【調査概要】
■調査期間 :2019年8月15日〜16日
■調査方法 :インターネット調査
■サンプル数 :n=500
■対象      :全国の男女(10代〜60代)

SNS運用に関するデータを見る

【調査データ】SHIBUYA109が調査!around20の82.9%はInstagramで情報収集

【調査データ】SHIBUYA109が調査!around20の82.9%はInstagramで情報収集

around20のInstagramにおけるハッシュタグ検索の実態を明らかにすることを目的に、SHIBUYA109エンタテイメントがソーシャルロケーションサービス「MachiTag」を運営するジギョナリーカンパニーと共同調査を実施。調査で見えてきたのは、リアルなハッシュタグ検索でした。

Twitterで拡散を狙うなら朝5時が穴場!100万ツイートの分析で判明したTwitterで拡散されやすい時間帯

Twitterで拡散を狙うなら朝5時が穴場!100万ツイートの分析で判明したTwitterで拡散されやすい時間帯

Twitterアカウントを運用する上で発生しうる悩みの1つに、「リツイートされるツイートを増やしたい」があります。フォロワーの活動時間帯やTwitterの使い方によっても、拡散されやすいタイミングは異なります。そこで、平日・休日、朝・昼・夜など、いろいろな曜日や時間に投稿し、運用しているアカウントはどの時間帯が相性がいいのか探ると「投稿=拡散される最適なタイミング」というのがわかってきます。そこで今回は、ユーザーの100万ツイートを分析してTwitterで拡散されやすい時間帯を調べた調査した結果をご紹介します。